クロアチア旅行のおすすめ観光スポット

海外旅行に来て楽しみたいのは、その国の絶景ではないでしょうか。

クロアチアは町全体を楽しむことができ、治安もヨーロッパのなかでは良い方なので、安心して観光ができます。

スポンサーリンク

クロアチアの景色を楽しもう

クロアチアはアドリア海に面しており、その海の美しさは日本とは違った魅力があります。

ベストシーズンは5月~9月ごろの夏場がいいでしょう。

海辺でのんびりと過ごすこともできます。

そのアドリア海に面した町、ドブロヴニク旧市街はスタジオジブリのアニメで参考になった町だと言われています。

別名アドリア海の真珠と言われています。

ジブリの作品で紅の豚はこの海が舞台となっています。

また魔女の宅急便もこの町を参考にして描かれたとのこと。

アニメと同じ美しい場所なのでおすすめの場所です。

さらに、この旧市街は世界遺産にも認定されています。

町中は階段やちょっとした路地などが多く、誰でもお洒落な写真を撮ることができます。

また、ロヴィニという旧市街もオススメです。

ここは岬に立てられた小さな旧市街ですが、遠くから見ると海に浮いているように見える不思議な町です。

昔、イタリアに占領されていたこともあり、イタリア色が強い町でもあります。

絶品のおすすめグルメ

海外旅行でグルメは上位に入るほど重要なことです。

クロアチア料理はたくさんの国から影響を受けているため、バラエティーに富んでいます。

なので、クロアチアだけ訪問したとしても、様々な国の料理が食べられるのです。

内陸の方ではオーストリアやハンガリー、ドイツなどから影響を受けており、比較的肉料理が多いです。

「カツレツ」という肉の間にチーズが挟まった料理がおすすめです。

また「チェバペ」というトルコのケバブに似た料理も人気です。

たまねぎや、ザワークラフトなどとお肉をパンに挟んで食べるのですが、それだけでもお腹いっぱいになる一品です。

また、アドリア海に面する町は魚介類をふんだんに使った料理が多いです。

イタリアやギリシャなどの影響を色濃くうけており、オリーブオイルをふんだんに使った料理も多いです。

「シュカンピ」というエビが特徴ですが、煮込み料理やシンプルに焼くだけなどでも絶品のエビです。

また「ブロデット」というシーフードと野菜をたくさん使った煮込み料理もおすすめです。

多彩なスパイスを使っているので、場所に酔っては味が変わってくるでしょう。

そしてデザートは「クレームシュニッタ」というパイ生地にバニラカスタードクリームが挟まっているケーキがオススメです。

日本人の口にも合う料理です。

日本からのフライト時間

クロアチアへは日本からの直行便はありません。

経由便で大体15時間以上はかかりますが、乗り換えの時間によってフライトの時間は変わってきます。

初の海外旅行にクロアチアという人は少ないと思いますが、乗り換えをしないと行けないので混乱する可能性もあります。

ただ、クロアチアだけに行くと言う人は少ないと思います。

ツアーなどでイタリアやオーストリア、スロベニアなどたくさんの国を回る人も多いでしょう。

特にイタリアやドイツは日本からの直行便も多いため、海外旅行にはおすすめです。

そこからバスや電車など陸続きのため、簡単にいくことができます。

飛行機よりも時間はかかりますが、のんびりと電車の旅をしたい人にはおすすめです。

ヨーロッパは様々な電車が走っているのでそれも見物です。

もちろんアドリア海をクルージングするツアーもあります。

ハネムーンなどで、中央ヨーロッパ、東ヨーロッパを回るカップルなどにおすすめです。

そこまで日本人観光客も多くなく、しかし中世ヨーロッパを彷彿とさせる歴史のある町はとても魅力的です。

時差は8時間ですが、夏場はサマータイムが導入されているため7時間の時差になります。

4月~9月いっぱいは7時間の時差です。

ヨーロッパの中での物価はどれぐらい

クロアチアの通貨は、クロアチアクーナといいます。

1クーナは大体13~4円程度です。

物価は他のヨーロッパより高いと感じることもあると思います。

ホテルや観光地などにあるレストランでは比較的値段が高く設定されていることがあります。

ただ、少し高いとしてもレストランで頼んだ食事のボリュームがすごいことが多く、食べきれないことや満腹になること間違いないでしょう。

一方、カフェなどでコーヒーを頼むと200円程度で、比較的安く休憩をすることができます。

ただ、少し高くてもアドリア海を長めながら食べる食事は絶品なので、クロアチア旅行では是非おすすめです。

さらに、お土産は観光地ではよく売っていますが、たくさん買いたい時には地元のスーパーなどで購入するのをおすすめします。

リーズナブルでお洒落なお菓子であったり、日持ちのするスパイスなどはお土産には最適です。

缶詰やオリーブオイルなど日本に帰って使える物を購入すると思い出になります。

交通は基本的にバスが主流です。

タクシーもありますが、こじんまりとした小さな町のためあまり使うことはないでしょう。

また、のんびりと歩いて町中を散策すると素敵な発見があるかもしれません。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-旅行・レジャー, 海外旅行
-, ,

関連記事

アメリカ・ネブラスカ州のおすすめ観光スポット

アメリカ・ネブラスカ州は、アメリカ合衆国の中西部に位置する州です。

仲間と冬のレジャーを満喫!関東から日帰りで行けるスキー場7選

冬を代表する娯楽であるスキーやスノーボード。 仲間と一緒にウィンタースポーツを満喫したいけれども、なかなか全員が都合のよい日が見つからず泊まりがけでは無理だったり、宿泊費のことを考えると費用が高くなっ …

カンボジア旅行のおすすめ観光スポット

カンボジア最大の観光スポットで海外旅行が趣味の人は1度は行きたい、またはいったことがあるのはアンコール・ワットでしょう。

神奈川県のおすすめ旅行スポット

神奈川県は、関東地方の県で、東京都の南に位置する、都道府県別の人口は、東京都に次ぐ第2位の地域です。 そんな神奈川県のおすすめスポットを、いくつかご紹介致します。 スポンサーリンク 幅広い年代に人気の …

イチゴ狩りをバスツアーで楽しもう!

イチゴ狩りは春のレジャーの一つですね。 しかし、混雑時には渋滞にはまって駐車場も中々見つけられなかったり、場所が遠いと運転する人の負担が大きいのもネックです。 バスツアーでイチゴ狩りに行く良さを紹介し …

楽天モーションウィジェット