フランクフォート(アメリカ・ケンタッキー州)のおすすめ観光スポット

州都のフランクフォートは多くの観光スポットがあります。

スポンサーリンク

観光スポットの概要と見どころ

州議事堂や州警察博物館、知事公邸、旧知事公邸、酒造所オーナーの豪邸、旧東京帝国ホテルを手掛けた建築家フランク・ロイド・ライトの民家などの歴史的建造物に加え、バッファロートレース蒸留所やスリーボーイズファーム蒸留所、フランクフォート墓地、コーブ・スプリング公園、レベッカ・ルース・キャンディー博物館など数多くの観光スポットがあります。

バッファロートレース蒸留所は、設立当初オールド・ファイヤー・カッパーと言うバーボンウイスキーが人気を博し、現在では200年以上の歴史を感じるレンガ造りの建造物の内部や資料館実際に蒸留に使われた樽、製造工程などをツアーガイドの説明と共に楽しむ事が出来、最後にバーボンウイスキー数種の試飲も楽しめる観光スポットとなっています。

スリーボーイズファーム蒸留所は、バーボンウイスキーやライウィスキー、フレーバーウイスキーなどを作っている小規模な蒸留所であり、122エーカーにも及ぶ牧場でアンガス牛の放牧と共に蒸留に必要なトウモロコシも自家栽培している蒸留所とされ、結婚式なども執り行われる観光スポットです。

旧州議事堂は、ギデオン・シュリロックによって1837年に採光のの為のドーム型を設置したギリシャ・リバイバル・スタイルで建築され、現在はアメリカ南北戦争時代の外観に復元しケンタッキー州の歴史協会の博物館となっています。

ケンタッキー州のグルメとバーボンウイスキー

ケンタッキー州フランクフォートのグルメと言えば、塩や様々なスパイスで鳥肉自体に味を染み込ませて揚げた南部風フライドチキンをケンタッキーフライドチキンを連想しますが、バーボンやバーボンボール、ホットブラウン、バーグー、ビアチーズ田舎風のハム、ポークチョップなどがあります。

ケンタッキー州は、18世紀後半にスコットランドやアイルランドからの移住者が多く、生産量が豊富だったトウモロコシやライ麦を使ったバーボンの蒸留所が数多く設立され、現在ではメーカーズマークやサゼラック、ビームサントリー、オースティン・ニコルズなど6社でアメリカ産バーボンウイスキーの9割以上を生産する地域であり、フランクフォートでは200年以上の歴史を持つバッファロートレース蒸留所が有名です。

バーボンボールは、バーボンで香りづけしたクリームを沢山練り込んだ生地をレベッカ・ルース・キャンディーズなどのチョコレートでコーティングし、ピーカンナッツなどをトッピングする名物グルメです。

レベッカ・ルース・キャンディーズは、フランクフォートのチョコレートメーカーであり、工場見学も行っています。

ホットブラウンは、ルイビルのブラウンホテルで提供され始めたオーブンサンドイッチであり、ターキーやベーコン、トマトなどをパンに挟みチーズソースをかけてオーブンで焼きます。

周辺空港までのフライト時間と経由地

フランクフォートには、小規模なキャピタル・シティ空港がありますが、就航路線や便数だ非常に少なく行き先も限定的なので西に約41kmのレキシントン・ブルーグラス空港もしくは東に約86kmのルイビル国際空港、北に約121kmのシンシナティ・ノーザンケンタッキー国際空港を利用する観光客が多くいます。

シンシナティ・ノーザンケンタッキー国際空港を利用した場合には、羽田空港からサンフランシスコ国際空港までが9時間20分以上、サンフランシスコ国際空港からシンシナティ・ノーザンケンタッキー国際空港までが4時間24分以上となっているのでトータルフライト時間は13時間44分以上とされていますが、羽田発15時40分の便であればサンフランシスコ国際空港に翌日9時20分に到着し、11時7分のシンシナティ・ノーザンケンタッキー国際空港行きに搭乗出来、比較的乗り継ぎ時間が短くなります。

ルイビル国際空港やレキシントン・ブルーグラス空港を利用する場合には、羽田空港からの直行便が就航しているシカゴ・オヘア国際空港やミネアポリス国際空港を経由する便が乗り継ぎ回数が少なく便利です。

ミネアポリス国際空港を経由した場合には、羽田空港からミネアポリス国際空港までのフライト時間は11時間15分以上、ルイビル国際空港までが1時間57分以上なのでトータルフライト時間は13時間12分以上なっており、レキシントン国際空港まではルイビル国際空港よりも5分程度長い13時間17分以上となっています。

フランクフォートの物価とケンタッキー州の治安

ケンタッキー州は、アメリカ南部に位置するミシシッピ州と同じくアメリカ南部に位置するテネシー州に続き、アメリカ全州の中で3番目に物価が安い州とされ、食品や日用品などの生活必需品は安く買えます。

特に家賃は、年間6000万人以上の観光客が訪れるニューヨークに比べて非常に安く、宿泊費用も平均客室単価1泊330ドルのニューヨークに比べて、州都フランクフォートでは100ドル200ドルで人気のホテルに宿泊出来ます。

ケンタッキー州では、州都よりもルイビルの方が物価が高いとされていますが、2015年のアメリカの都市別物価指数によればルイビルはニューヨークに対して家賃を含む消費者物価指数が73、外食物価指数は64と非常に安いとされ、フランクフォートは更に物価が安いとされています。

東京は、4つ星ホテルへの3泊の滞在を前提とした旅行者物価指数によれば、世界で最も旅行者物価の高いニューヨークに次いで2番目に高いとされているので、日本からの旅行者はフランクフォートの宿泊費用や食事費用の物価は非常に安く感じられ、ケンタッキー州はアメリカ全州の中で5本の指に入る入るほど治安の良い州でもあるので経済面と安全面の両面で安心して観光出来る地域です。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-旅行・レジャー, 海外旅行
-,

関連記事

リンカーン(アメリカ・ネブラスカ州)のおすすめ観光スポット

リンカーンは、アメリカ合衆国ネブラスカ州東部にある中規模の都市で、ネブラスカ大学リンカーン校がキャンパスを構える学術都市でもあります。

夏休みに家族で旅行したい福島県のおすすめスポット3選

福島県は東北地方の南部に位置する県で、浜通り、中通り、会津地方に分かれています。 それぞれの地域によって特色は異なりますが、豊かな自然が魅力の観光スポットや歴史や文化を感じることができる観光スポットな …

サバンナ(アメリカ・ジョージア州)のおすすめ観光スポット

ジョージア州サバンナは、ジョージア州の南側、フロリダ州に接する位置にある美しい街です。 大西洋に面しているので、ビーチを楽しむことも出来ますが、観光で短期に訪れた場合は、徒歩でまわることが出来るダウン …

地元民おすすめ!愛知県旅行の穴場スポット3選

愛知県には、多くの人が旅行の際に訪れる定番のスポットが、中部地方を代表する大都市である名古屋を始めとして、それ以外の地域にもいくつもあります。 しかしそういったスポットではなく、地元民がおすすめする穴 …

大阪府のおすすめ温泉地3選

大阪府といえば、商業や工業が盛んな地域というイメージを抱く人が多いかもしれません。 大阪府にも、豊かな自然に囲まれたリゾート地があり、京阪神地区に住んでいる人が、日帰りまたは1泊2日程度の短い旅行で楽 …

楽天モーションウィジェット