ドイツ旅行のおすすめ観光スポット

ドイツ国内には、魅力的なスポットが多数点在しています。

ひとつの国と言っても、すべてのスポットを巡るのはなかなか大変ですので、まずは一番行きたい場所を定め、その場所を中心に計画を立てることをおすすめします。

スポンサーリンク

ドイツ観光ならここに行きたい!

例えば、ノイシュバンシュタイン城などは、特に日本人からの人気が高い観光スポットです。

シンデレラ城のモデルになったとも言われており、外観の美しさはもちろんのこと、日本語のガイドも用意されており、海外旅行に不慣れな方にもおすすめです。

アートに興味のある方におすすめなのは、ベルリンです。

ベルリンの中心部から陸続きになっている小島は、多数の博物館や美術館が集まっていることから「博物館島」と呼ばれています。

それらの施設の存在に加え、壁画や、ペイントされた熊の像など、街中で楽しめるアートも数多くあります。

そして、ドイツの歴史を語る上で欠かせないベルリンの壁も、現在ではアートスポットとして親しまれています。

大部分は取り壊されているものの、残された壁は、様々なアーティストが壁画を描く場となっています。

これらのスポット意外にも、ケルンやフランクフルト、ミュンヘンなど特色ある様々街があります。

また、ブレーメンやハーメルンなど童話の舞台となる街を繋ぐメルヘン街道など、観光街道も豊富です。

味わいたい各地の名物料理やスイーツ

その土地のグルメを味わうことは、海外旅行のメインの楽しみにも成り得ます。

ドイツのグルメとして有名なものと言えば、やはりビールとヴルストでしょう。

特にヴルストは土地ごとに様々な種類があり、その違いを楽しめます。

例えばミュンヘンなら皮を剥いて食べるタイプの白いヴルスト、ニュルンベルグなら小さめでハーブのきいた焼きヴルストが有名です。

また、屋台では、地域に関わらず、パンにはさんだり、カレーソースを塗ったりしたものが売られています。

レストランなどに行かなくても、気軽に楽しめるのも魅力のひとつです。

さらに、スイーツも様々な名物があります。

日本ではバウムクーヘンやシュトレンなどがよく知られていますが、それだけに限りません。

アップルパイのような「アプフェルシュトゥルーデル」や、さくらんぼと生クリームの「キルシュトルテ」などは、ドイツ各地で食べられます。

海外旅行で食べるスイーツと言うと、甘さの強いものが多いイメージがあるかもしれません。

しかし、ドイツのスイーツには素朴な味わいのものも数多くあり、日本人の舌にも合いやすいので、おすすめです。

ビールをはじめとするお酒が好きな人はもちろん、そうでない人も、グルメを楽しめる国です。

ドイツと日本とを結ぶフライトは?

海外旅行の計画を立てる時に心配になるのがフライトです。

特にヨーロッパに行くのには時間もお金もかかるので、気になるところでしょう。

日本とドイツを結ぶ直行便が発着する空港としては、フランクフルト、ミュンヘン、デュッセルドルフの3ヶ所があります。

ドイツの中心に近いフランクフルトは、どこに行くのにも便利です。

一方、ケルンなど西部の街を目指すならデュッセルドルフ、南部の観光ならミュンヘンが近くなります。

フライト時間はどこの空港を目的地とした場合でも12時間程度。

目的に合わせて、都合の良いところを選べます。

また、乗継便を利用すれば、少し安く移動できる可能性も高まります。

経由地としては、ドバイや台湾、ヘルシンキなどがあります。

中には、直行便と同じ12時間程度で移動できる便などもあるのでおすすめです。

また、EU加盟国の間は、かなり自由に行き来することが可能です。

バスや、長距離の電車などは、素晴らしい景色を臨めることも多く、それ自体を目的としても良いほどなのでおすすめです。

周辺の国も周遊する海外旅行に出かけるのであれば、飛行機以外の移動方法も合わせて検討してみても良いかもしれません。

物価は日本とどのくらい違う?

ドイツの物価は、全体として日本と大差ありません。

ただし、ものによっては驚くほど安かったり、逆に意外と高かったりするので、事前にチェックしておくと失敗がないでしょう。

たとえばビールは、驚くほど割安なものの代表です。

よく冗談のように「水よりビールの方が安い」と言われますが、実際、同じ量でビールが水の値段を下回ることが珍しくありません。

ビールに限らず、お土産に購入するような名物は、比較的安く手に入ることが多くあります。

例えば万年筆や色鉛筆などの筆記用具や、化粧品などは、現地有名メーカーのものを安く購入できます。

一方で、レストランなどの飲食店は、高めに感じられるかもしれません。

ちょっとした食事でも、すぐに1,000円を超えてしまいます。

これは、レストランはあまり日常使いするような場所ではないと捉えられているからかもしれません。

屋台など、屋外で食事をする場所が多くあり、ちょっとした食事をしたり、お酒を呑んだりするのには、そういったお店がよく使われています。

ものによってばらつきがあり、一概に高い、安いと判断することはできません。

物価感覚の違いも海外旅行の醍醐味のひとつとして、お店を見て回ってみるのも良いかもしれません。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-旅行・レジャー, 海外旅行
-,

関連記事

一人旅にもオススメ「ネパール」は魅力がいっぱい!

一人旅をする上で、最も重要だと言っても過言でないのが、旅の安全性です。 日本はなんて安全で、平和なのだろうと実感するほど、海外には思わぬ危険があるものです。 しかし、平和なれした危機感の薄い日本人にと …

江戸ワンダーランド日光江戸村を家族旅行で楽しむ3つのポイント

江戸ワンダーランド日光江戸村は、栃木県日光市にある江戸時代の文化を体験出来る江戸エンターテイメントテーマパークです。 広大な敷地に街道、宿場町、商家街、武家屋敷、忍者の里といった本格的な江戸の街並みが …

家族旅行におすすめ!富士急ハイランドの楽しみ方

休みのときには家族旅行をしたいところですが、一体どこに行けば良いのか悩んでしまうという人も多いですよね。 そこで、富士急ハイランドに訪れてみてはいかがでしょうか。

アイオワシティ(アメリカ・アイオワ州)のおすすめ観光スポット

アイオワ州のアイオワシティは、文化や芸術の根付いた都市として知られており、様々な人気スポットがあります。

幻想的!北海道でダイヤモンドダストを見よう

日本でダイヤモンドダストを見ることが出来るのは、北海道の内陸です。 もし、北海道に旅行に行くのであれば、ダイヤモンドダストを見に行ってみてはいかがでしょうか? スポンサーリンク ダイヤモンドダストとは …

楽天モーションウィジェット