ヘレナ(アメリカ・モンタナ州)のおすすめ観光スポット

アメリカのモンタナ州はカントリーが6つに分かれていますが、ヘレナはその中でも州都となり、壮大な自然と山々、野生動物などが生息しています。

近年は観光客も増えて開発に力を入れているので、モンタナ州を訪れたらヘレナは訪れたい州の1つです。

スポンサーリンク

観光で訪れたいスポット

モンタナ州議会の議事堂は、ギリシャ建築様式を取り入れた建造物で国家歴史登録財に指定されています。

ドームの上には自由の淑女と言われる女神像が建てられておりシンボルとなっています。

庁内には絵画や銅像が展示されており、芸術作品が数多く存在しているので、観光客が多く訪れるスポットです。

中でも幅が約760m高さが約365mの絵画は注目の絵画となっています。

自然が豊かなヘレナにはマウントヘレナがあり、整備された道で安全にハイキングを楽しむことができます。

頂上からは、日の出やサンセット、美しい景色を楽しむことができるのも魅力の1つです。

聖ヘレナ大聖堂は、アメリカの中でも最も美しいといわれているほどの大聖堂です。

建築から100年以上経っていますが、修復を重ねながらも今も堂々とそびえ建っています。

世界中から大聖堂に運び込まれたステンドグラスや大理石をひと目見ようと観光客が訪れています。

へレナのおすすめレストラン

高級レストランから格安レストランまでありますが、モンタナ州ではメキシコ料理からイタリアン、ステーキまで様々なジャンルが用意されています。

Trattoria Bella Romaはサービスや食事に満足できるレストランとして人気があります。

ホテルの中にあるレストランなので安心して利用することができるので人気です。

El Vaquero Taqueriaは比較的安いレストランです。

新鮮で美味しい食事を手軽にとることができるので、地元の人々の生活を感じながらメキシコ料理を楽しむことができるレストランです。

Steves Cafeは美味しい朝食を用意していることで知られていて、パンケーキやオムレツなど手軽に食べられるものが充実しています。

サービスもよく、スタッフもフレンドリーなのでアメリカに来た旅を地元の町で楽しむことができます。

Luccasは、特別な日でも利用できる高級レストランで美味しい料理を提供してくれることで人気です。

素敵なホテルの中にあり、パスタや仔牛料理、デザートも人気があります。

予約をしないと入れないこともある人気店なので訪れる時は事前の予約が必要です。

誕生日祝いなど、特別な日に利用している人も見られます。

日本からかかる平均的なフライト時間

日本からアメリカへレナへ観光に行くには、現在のところ直行便はなくアメリカの都市を経由して行く方法が一般的です。

所要時間は、選択する航空会社や乗り継ぎにかかる時間、乗り継ぎの都市などによってかわってきます。

成田からデンバーへは約11時間、デンバーからビリングスへは約2時間、シアトル経由なら成田からシアトルへは約10時間シアトルからビリングスへは約2時間、ポートランド経由なら成田からポートランドへは約9時間、ポートランドからビリングスへは約2時間となり、フライト時間は約12時間から13時間程になります。

しかしビリングスへ到着するとヘレナへ他の交通手段を利用して行かなければいけません。

成田からミネアポリス経由で行くと約12時間かかり、ミネアポリスからはヘレナ行きとなり約4時間で、日本からのフライトは所要時間約16時間程となります。

他にもシアトル経由で成田からシアトルまでは約9時間半、シアトルからはポーズマン行きとなり所要時間は約2時間となります。

飛行機以外にも、近隣の場所から鉄道を利用行く方法もありますが、鉄道は時間がかかるので、観光の際に時間に余裕のある人におすすめの方法です。

モンタナ州の物価

アメリカの物価は日本と比べると、総合的にはあまり大きく変わりません。

しかし、海外旅行なので、物価の変動や為替のレートに大きく影響します。

基本的にはロサンゼルスやニューヨークなどの大都市は、東京や大阪など日本の大都市と同じくらいの物価になります。

しかし、細かくみると乳製品は安いが水は日本よりも高いなど、商品によって違ってくる場合もあるので購入する時は注意が必要です。

アメリカは、州によって税率が違ってくるので州が違うと、同じ商品を買ったのに値段が大きく違っていた、ということがあります。

このように州によって税率が大きく違うアメリカですが、モンタナ州は非課税の州なので高価なものでも安く買える可能性があります。

モンタナ州は、自然が豊かで日本人にとっても比較的過ごしやすく、観光で食事したり買い物しても税金がかからない州なので、観光の予算がつきやすいです。

宿泊も、安いものから高いものまで様々なホテルがあるので予算に合わせて、事前に計画をたてて泊まるホテルを決めることができます。

アメリカと日本の物価の差を感じることは少ないですが、税率によって物価が違うため効率的に観光を楽しむためには税率を事前に調べておくことが大切です。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-旅行・レジャー, 海外旅行
-,

関連記事

恋人とロマンチックな夜を過ごせる!東京のおすすめ夜景スポット6選

毎年寒い冬の時期になると、街はイルミネーションで彩られ、さらに空気が乾燥していることから空の透明度も増し、素晴らしい夜景を眺めることが出来ます。 恋人とのデートできれいな夜景スポットを訪れれば、それが …

メンフィス(アメリカ・テネシー州)のおすすめ観光スポット

テネシー州・メンフィスは、ミシシッピー川のほとりにあるアメリカ音楽の都です。 ブルースやロックンロールなど、アメリカの現代音楽の創始に貢献した町でもあります。

イタリア旅行のおすすめ観光スポット

イタリア旅行の定番といえば、ミラノ、フィレンツェ、ヴェネツィア、ローマ、ナポリの5大都市です。 これらの都市が観光客に好まれるのは美術館、観光名所、ブランドショップが揃った大都市であるということもあり …

花見をするならここがオススメ!「幸手権現堂桜堤」のみどころ

幸手権現堂桜堤は、埼玉県の北東部では代表的な桜の名所として有名です。その名声は関東全体でも知られる存在で、花見の季節には多くの観光客で賑わいを見せます。 豊かな自然環境に恵まれている場所にあるわけです …

プノンペン(カンボジア)のおすすめ観光スポット

プノンペンは、東南アジアの中で隠れた存在の、カンボジアの首都です。 カンボジアの行政や文化、経済の中心地でもあり、古くは東洋のパリと詠われていた、フランス植民地時代の街並みが残っています。 カンボジア …

楽天モーションウィジェット