ホノルル(アメリカ・ハワイ)のおすすめ観光スポット

ハワイ旅行と言うとほとんどの人が思い描くのはホノルルでしょう。

スポンサーリンク

国際線が到着するホノルル

ホノルルは、オアフ島にあり国際線の発着空港があり、ハワイにはこのオアフ島だけでなく、ハワイ諸島で一番大きなハワイ島や世界的に有名なマウイ島などがあります。

ハワイ島は、オアフ島に比べてのんびりとした生活ができる常夏のパラダイスと呼ばれています。

ホノルルには、初めての海外旅行に最適な観光スポットが点在しています。

観光大国ハワイの歴史が始まったと言われるワイキキビーチは、ハワイの定番でもあるはずせない観光スポットです。

海水浴はもちろん、サーフィンやパドルボートが楽しめ、デューク・カハナモク像の近くには魔法石と呼ばれるヒーリングストーンがあるパワースポットもあり、ハレクラ二ホテルの前の海は病を治す海と古代から言われています。

ワイキキから眺められる、ランドマーク的存在のダイヤモンドヘッドは、ほとんどの観光ツアーにも入っている人気の観光スポットです。

ハイキング用の準備がなくても気軽に行かれるハイキングトレイルとしてもおすすめです。

サンセットで有名なアラモアナビーチは、アラモアナショッピングセンターの前にあるビーチで、広大な緑地の公園が広がっています。

約1kmに渡る白い砂のビーチでリーフの内側で波のない遠浅で、お子さん連れにおすすめのビーチです。

ボリューム満点なアメリカンな食事

摩天楼のないハワイ島に比べ夜も賑わうホノルルには、ファストフードから高級レストランまでさまざまな飲食店が点在しています。

中でも観光客の多いワイキキには、ローカルフードも味わえる店もたくさん立ち並んでいます。

日本にも進出したパンケーキ店の本店やワイキキ店は、朝からパンケーキをブレックファストにする人たちに大人気です。

ホイップクリームが山盛りのストロベリーホイップパンケーキは、見た目の迫力に驚きますが、甘すぎないのでスウィーツ好きな方におすすめです。

ハワイと言えば、ご飯にハンバーグ、そして目玉焼きが乗ったロコモコが有名です。

ワイキキでは、日本に出店しているステーキ店のロコモコがおすすめです。

しっかりとした肉の食感とジューシーな味わいはステーキ店だからこそで、グレービーソースの塩加減も絶妙です。

ランチでもロコモコがメニューにありますので、ビーチスタイルでガッツリと食べられます。

ローカルにも観光客にも大人気のハワイの定番の朝食といえば、アサイボールです。

コーヒー専門店のアサイボールは朝から長蛇の列ができるほどの人気です。

アサイーの酸味と甘みのバランスが取れていて、シリアルの量も丁度よいので、美味しいコーヒーと一緒に堪能できます。

数多くの航空会社が就航しているホノルル便

日本からホノルルまでは、約7時間20分で帰りは約9時間のフライト時間です。

成田・羽田・関空・中部・福岡から直行便が運航しています。

成田国際空港からは、全日空や日本航空、チャイナエアラインやハワイアン航空をはじめ、大韓航空やデルタ航空、ユナイテッド航空が利用できます。

羽田国際空港からは、全日空や日本航空、ハワイアン航空、関西空港からは、日本航空とデルタ航空、ハワイアン航空にくわえ、エアアジアが利用できます。

福岡空港からはデルタ航空のみで、中部国際空港からはデルタ航空と日本航空が就航しています。

往路や複路、出発日などにより多少の飛行時間が異なる場合もあり、運航当日の天候状況も影響します。

日本の航空会社の便を利用すれば、機内食などのオーダーも言葉で困ることはありませんので、初めての海外旅行の方も安心です。

国内のそのほかの地域からは、最寄の空港から国内線を乗り継ぐことでそれぞれの便を利用できます。

エアアジアを除く、ほとんどの航空会社では機内食や映画などのエンターテイメントのサービスがあります。

エアアジアの場合には、機内食や飲み物、受託荷物の無料サービスは行なっていないため、別にオーダーすることになります。

日本と同等もしくはそれ以上の物価

リゾート地として代表的なハワイ旅行で、最も費用がかかるのが宿泊代です。

パッケージ旅行を利用しホテルを選ばなければ割安で行くこともできます。

そのほかにも、ハワイ島やマウイ島へ観光したい場合には、そのツアー代金も必要となります。

ハワイは現地生産の土産物以外のほとんどの商品は、アメリカ本土からの空輸や船便での運ばれていることから、本土に比べて物価は上乗せされた輸送分が当然高くなっています。

ハワイ島やマウイ島は、さらに輸送料がかかるため、オアフ島よりも高いことになります。

そのため、ハワイは物価が高いことでも有名です。

日本からの旅行者が滞在する周辺は、当然のことながら観光地価格のリゾート観光エリアですので、日本と比べると物価が高いという印象です。

中でもワイキキは、ローカルタウンとも異なりますので、チェーン展開している同じプレートランチやスーパーマーケットの商品であっても割高な設定となっています。

例えば、スターバックスのトールサイズのラテを日本と比べるとホノルルでは$3.70で、日本円に換算すると約400円ほどとなるため、日本よりも高いことになります。

日本の消費税と同様にホノルルでも州税が加算されますので、表示価格とは異なることに注意が必要です。

ホノルルやハワイ島は、物価の高さはもちろんですが、為替の換算レートも気になるポイントと言えるでしょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-旅行・レジャー, 海外旅行
-,

関連記事

女子旅の必需品!持っていくべき持ち物リスト

女子は旅行する時も男性より必要なものが多いです。 前もって持ち物リストを作りましょう。

マンチェスター(アメリカ・ニューハンプシャー州)のおすすめ観光スポット

マンチェスターは、ニューハンプシャー州の最大の都市でボストンを中心とするニューイングランドのひとつです。 アメリカの中でも古い歴史を持つ街で、海沿いの港街では都会にいながら恵まれた自然を満喫できるので …

北海道のおすすめ旅行スポット

北海道は、日本の北部にある島で、都道府県魅力度ランキングで1位を、何度の獲得しています。 そんな北海道のおすすめスポットを、ご紹介いたします。 スポンサーリンク 北海道へ行くなら、ここがおススメ! …

中国旅行のおすすめ観光スポット

海外旅行の観光といえば外せないのが世界遺産ですが、中国にはかなり多くの世界遺産が存在しています。 あまり親しみのないイメージの人も多いかもしれませんが、料理も美味しいですしスポットもたくさんです。

水族館をバスツアーで楽しもう!

水族館は、年齢を問わずに皆が楽しむことができるお出かけスポットです。 若い二人がデートに出かけるのもいいですし、家族連れで子供たちを楽しませてあげることもできます。 最近の水族館は、ただ展示しているだ …

楽天モーションウィジェット