ランシング(アメリカ・ミシガン州)のおすすめ観光スポット

アメリカ合衆国ミシガン州の州都のランシングは、人口約11万5千人を擁する、自動車の町としてかつて好景気に沸いたデトロイトに近接しています。

ミシガン州の州都になるため行政関連の雇用が確保されているので、州内でも特に治安が安定しています。

スポンサーリンク

観光スポットにくわえイベントも楽しみ

おすすめの観光スポットは、まるでオールデイーズの世界に入り込んだような懐かしい雰囲気のR.E. オールズ交通博物館です。

現存するアメリカ製のクラシックカーに触れることができ、おすすめの観光撮影スポットでもあります。

また、隣接せるイーストランシングには日本人学生が数多いことで知られるミシン州立大学があります。

キャンパスには州立歴史博物館や図書館、斬新的な外観のエリ・&・エディス・ブロード美術館があります。

特に観光でおすすめなのが注目の建築家のザハ・ハディドなどによって設計されたエリ・&・エディス・ブロード美術館の館内では、現代アートを鑑賞できます。

ライオンやアライグマ、ホッキョクギツネなどがいるポッターパーク動物は、家族連れに人気の観光スポットです。

市内には一年を通じて多くのイベントが開催され春はアート、夏は音楽、秋は郊外でパンプキンに代表されるように農作物の収穫が行なわれています。

ミシガン州のおすすめのグルメ

ミシガン州の郷土料理で代表的なものといえば、1920年代初めに生まれたコニー・アイランド・ホット・ドッグです。

牛肉と柔らかめのパンを使ったもの玉ねぎやチリソース、マスタードを入れて食べるというのが一般的です。

塩で味付けされているミシガン・パスティビーフにポテトやオニオンが入った家庭的なパイで、ランシング市内ではコニー・アイランド・ホット・ドッグ同様提供しているお店があるので、食べ歩きも楽しみです。

また、市内には地ビールやさまざまなワインを用意しているお店や地元の行政の人たちが利用する比較的高めのレストランがあります。

ステーキやワインがおいしいと評判なのがCapital Prime Steak and Seafood、リーズナブルな料金で気軽に利用できるダイナー、朝どれの産地直送の野菜を使った料理のお店など選択肢も広いです。

バーベキューではMeat Southern BBQ & Carnivore Cuisineが人気で、イタリアや地中海料理など世界各国の味を楽しめるグルメの町として知られています。

日本をはじめ韓国や中国系の留学生がミシガン州立大学に通っていることで、和食やアジア系の料理のレストランが市内の東隣には点在しているので、食事に困ることはないでしょう。

ランシングへのフライト時間とアクセス方法について

市内の繁華街である目抜き通りから5キロほどのところにランシング首都圏国際空港が位置しています。

デトロイトとランシング間はレンタカーで移動できないほどの距離ではないですが、できれば国内線での乗り継ぎをおすすめします。

国内線で、デトロイトからランシングまでは片道約45分で到着します。

デトロイトまでは成田、または中部国際航空から約12時間です。

地方の空港から出発される場合は、大韓航空や中国系のキャリアを利用して、仁川や上海などを経由してデトロイトへ行くといった方法もあります。

なお、デトロイトにある空港の正式名称は、デトロイト・メトロポリタン・ウェイン・カウンティ空港になります。

デトロイト以外の都市からランシング首都圏国際空港に乗り入れることも同様に選択肢の中に入ってきます。

主な都市を挙げるとシカゴ・オヘア国際空港、そのほかカジノで有名なラスベガスにくわえワシントンD.C.や全米屈指の滞在型リゾート地のオーランドなどから直接アクセスできます。

シカゴまでのアクセスは成田、または羽田から約11時間40分、シカゴからランシングまでは約1時間です。

デトロイトかシカゴ経由どちらがいいか目的や料金などを含めた航空券の予約状況など、総合的に判断されて自身に合ったフライトを利用するのが良いでしょう。

ランシングの物価について

タクシー料金は25分前後の移動で、チップ代込みで20ドルほどが目安になります。

ミシガン州の地域グルメの代表格とされるコニー・アイランド・ホット・ドッグは1~2ドル、カフェでのドリンクは2~3ドルほどです。

宿泊料金は2つ星のホテルは朝食付きのサービスで7,000円台~、3つ星ホテルも1万円台前半からありますが、場所や立地条件がよくプール併設のリゾートホテルであれば15,000円~30,000円程度します。

学生街が少し安めになるといった全体的な物価は日本とさほど変わらず、市内観光や工場見学のツアー利用の際は時間と料金を告げてより利用しやすいプランを選んでみてください。

世界的にチェーン店を展開しているところもあれば、個人経営で古き良きアメリカの面影を残したクラシックなホテルまでありますので、好みに合わせて予約を入れてみてください。

日本食レストランは学生が多いことでほかのアメリカの都市より安めに設定されていて、寿司セットで11ドル、お刺身定食が15ドルほどmのところもあるので、見逃せません。

また、ミシガン州立大学は学費がほかのアメリカの大学より安いことで知られ、日本人の学生が200名ほど在籍しています。

大学周辺は学園都市なので治安も環境も良く、多くの留学生を受け入れているので安心です。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-旅行・レジャー, 海外旅行
-,

関連記事

チャールストン(アメリカ・サウスカロライナ州)のおすすめ観光スポット

日本ではあまり馴染みが少ない街ではありますが、アメリカではとても有名な街の一つであるチャールストンは、サウスカロライナ州にある街になります。

セントルイス(アメリカ・ミズーリ州)のおすすめ観光スポット

アメリカミズーリ州のセントルイスを観光するなら、「国立ブルース博物館」がおすすめです。

プルマン(アメリカ・ワシントン州)のおすすめ観光スポット

ワシントン州のプルマンは、学生の街として有名で、特に「ワシントン州立大学」は観光スポットになっています。

紅葉の名所「長瀞」の景色を満喫!

長瀞の景色を象徴するものとしては、荒川渓谷の岩畳が代表的です。この岩畳は、三波川変成帯という地質が特徴的で、日本における地質学発祥の地とされています。 本来は、地下深い場所に埋没している結晶片岩が、荒 …

夏休みに家族で旅行したい愛媛県のおすすめスポット3選

夏休みに愛媛県への旅行を予定している方々に向けて、家族連れでも楽しめる場所を考えてみました。 山も海も魅力的な愛媛県なので、自然を堪能するレジャーが楽しめますが、名所・史跡も多く、歴史を知る旅も楽しめ …

楽天モーションウィジェット