モルディブ旅行のおすすめ観光スポット

モルディブは世界中の海外旅行客から圧倒的な支持を集めるリゾート地を有する国で、観光旅行の際には訪れておきたいおすすめスポットが密集しています。

そのすべてを回るのは大変でしょうから、絶対に外せないというスポットについては事前にチェックしておきましょう。

スポンサーリンク

海でリゾートを満喫

モルディブには大小様々な環礁がありますが、ラスドゥ環礁はハンマーヘッドシャークを観察できるなど、国内でも有数のスキューバダイビングの名所です。

環礁自体のサイズは小さいですが、水上コテージもあり、色々な楽しみ方が可能です。

環礁では他にバア環礁もマンタが見られると評判です。

ラスドゥ環礁付近にあるヴェリガンドゥ アイランド リゾートの足元に広がる、真っ白な美しいビーチも必見です。

非常にクリアな海の色と相まって、現実とは思えない光景が眼前に広がります。

夕日を見ながらくつろいだりと、ロマンティックに過ごすにはうってつけでしょう。

モルディブで最も発展した都市であるマレも、一度は足を運んでみたい人気エリアです。

海に浮かぶ島には美しい建物が建ち並び、独特の景観を楽しめます。

きれいに整った建築物には、イスラムの国らしいモスクなども点在し、異国情緒が色濃いエリアになっています。

立ち寄る機会があれば、必見でしょう。

グルメ事情も要チェック

モルディブは現地の情緒豊かな料理の他に、世界各国のグルメも味わいやすくなっています。

リゾート地のレストランは多彩な国の海外旅行客を相手にするために、メニューのバリエーションも豊富なものが多く、好きな時に好きなスタイルで食事を楽しむことが可能です。

モルディブ料理は南の島国らしく、ココナッツや魚、そしてカレーを使ったメニューが多くなっています。

特に魚料理は日本人とも相性が良いとも言われますので、試してみるのもおすすめです。

一般的に広く食べられている魚は鰹で、他に鮪やシイラも食されます。

鰹節のような利用方法もされる鮪の加工品であるモルディブ・フィッシュは、現地では伝統的な食品。

カレーに使われたりと、色々な料理に加えて利用されています。

米やキャッサバ、タロイモといったものもよく食べられますし、炭水化物が豊富なパンノキも食べられます。

また、同国では欠かせない食品であるカレーはバリエーションが多く、鮪を使ったものや鶏肉を使ったものなどが多彩にあり、味付けやスパイスも変化に富みます。

ご飯と一緒に食べたり、ロシと呼ばれるチャパティのようなものと食べたりと、色々な楽しみ方ができる、おすすめの料理です。

直行便と乗り継ぎのフライト時間

東京からモルディブの首都であるマレのベラナ国際空港へは、直行便でアクセスする事もできます。

時間に余裕がある場合には一度か二度乗り継ぐことで、格安にてフライトすることも可能です。

まず、ベラナ国際空港へ到着できる直行便でしたら、所要時間は平均すると10時間半程度となっています。

アジア圏の国ですが、ややフライトに時間は掛かるので、時間計画はしっかりと立てたほうが良いでしょう。

乗り継ぎでは、経由地点によって様々となっています。

マレへはシンガポールの他、マレーシアやインドで乗り換えることも出来るので、価格帯やフライト時間にどの程度の妥協をするかや、何を最優先にするかで色々な選択肢を考えられます。

乗り継ぎの場合、フライト時間は12時間程度のものから24時間程度掛かるものまで多彩なものがありますが、それぞれの国で待ち時間が発生する点を考慮しておかねばなりません。

ある程度の時間があって、経由地でも楽しみたいという方には、こちらがおすすめできるでしょう。

日本とモルディブの時差は4時間で、日本よりも遅れています。

あまり時差はない国ですので、長いフライトを終えた後に、激しい時差の影響に悩まされるリスクは、軽減できるでしょう。

物価は高いが満足度も高い

モルディブの物価は、観光客が滞在するようなリゾート地では、かなりの出費を覚悟する必要があるほど、高めに設定されています。

ホテルの方も安いと言えるものは余りありませんし、レストランなどの外食についても割りと高額となっています。

また、この国では水道事情に難があり、水道水は飲用には適していません。

この為にミネラルウォーターを買い求める必要がありますが、これもやや高めの値段となっています。

ソフトドリンクでは水よりも高めになりますし、アルコール関係は更に高くなります。

イスラム教の国なので、お酒に関しては厳しく規制されているため、余り気軽には楽しめなくなっているようです。

加えて、モルディブへの旅行が高価となりやすい傾向の一つとして、GST TAXの存在が挙げられます。

グッドアンドサービスサービス・タックスの略称で、これは海外旅行客が利用する観光用のアクティビティや飲食する料理、ドリンクに対して特別に税金が掛かるというものです。

しかし、近年ではリーズナブルに費用を抑える方法も登場してきていますし、モルディブの格別で掛け替えのない経験を考えると、大きめな出費とは言え、思い切って出かけたほうが幸せかもしれません。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-旅行・レジャー, 海外旅行
-,

-->

関連記事

世界遺産・小笠原諸島のおすすめ観光方法

小笠原諸島は東京の南に位置していて、大小合わせて30ほどの島々がありますが、人々が生活しているのは父島と母島になります。 交通手段がなく観光旅行では行くことができない島もあるため、旅行では主に父島と母 …

ウィーン(オーストリア)のおすすめ観光スポット

オーストリアウィーンのおすすめの観光スポットは「シェーンブルン宮殿」です。 ハプスブルク家の離宮で、世界文化遺産に登録されています。

山形県のおすすめ温泉地3選

みちのくの山形県には、おすすめの温泉地があります。主なものは、奥羽山脈に沿って所在しています。 多くの観光客が訪れるところから、僅かな旅行者しかいないところまで、様々な場所があります。山形を旅行する場 …

アメリカ・メリーランド州のおすすめ観光スポット

アメリカのメリーランド州には毎年たくさんの観光客が訪れます。

イルミネーションがオススメ!「まんのう公園」のみどころ

まんのう公園内にある竜頭の森では、いろんな体験をすることができます。

楽天モーションウィジェット