マンチェスター(アメリカ・ニューハンプシャー州)のおすすめ観光スポット

マンチェスターは、ニューハンプシャー州の最大の都市でボストンを中心とするニューイングランドのひとつです。

アメリカの中でも古い歴史を持つ街で、海沿いの港街では都会にいながら恵まれた自然を満喫できるので、観光客にも人気です。

市内には、観光スポットも点在しています。

中でもおすすめのスポットをピックアップしますので、観光旅行の参考にしてみてください。

スポンサーリンク

絵に描いたような田園風景が印象的なマンチェスター

市内で最も充実しているリビングストン公園は、地元に人たちの憩いの場としても多くの人が利用しています。

公園内には、子どもの遊び場に最適なアスレチック広場のほかに、野球場やサッカー場、ランニングコースなど大人から子どもまでが楽しめる施設が整っています。

春には花びら、秋には落ち葉の絨毯が敷き詰められるトレイルコースは、自然を肌で感じながら散歩できるので、地元の人と一緒に散歩してはいかがでしょうか。

市民にもファンの多いクーリエ美術館は、規模は大きくありませんが、ピカソやモネの絵画が展示されており、ヨーロッパの歴史的なアートからアメリカの現代アートが鑑賞できます。

大人向けのアクティビティや子ども向けのワークショップも開催されていますので、ファミリーでも楽しめるおすすめのスポットです。

子どもたちに人気のSEE科学館は、子どものために作られた施設ですが、館内のレゴブロックを使ったガイドツアーやレクチャーが大規模で本格的なため、大人や観光客にも大人気です。

年中無休で雨の日でも楽しめるおすすめの観光スポットです。

港街らしくシーフードがおすすめ

移民が多いアメリカでは、移民が持ち込んだ各国の料理にアメリカ先住民の郷土料理が融合した独特の食文化があり、それぞれの州やエリアによって味付けもさまざまですが、基本的には濃い目で甘さのあるものが多いのが特徴です。

マンチェスターでは、クラムチャウダーやロブスターなど新鮮なシーフードが名物です。

ステーキやハンバーガーなど、アメリカ全土で展開しているレストランもあります。

農村や農場が多いことから、収穫されたばかりのかぼちゃなどを路上で売っていたり、水車小屋で絞りたてのりんごジュースを飲むことができます。

ニューハンプシャー州では、アップルサイダーが人気の飲み物です。

マンチェスターの海沿いの港街では、採りたてのロブスターや魚類が食べられ、ロブスターは気取らずに手づかみでかぶりつくのが地元の食べ方ですので、地元の人と一緒にナプキンを胸にかけて手の汚れなど気にせずに豪快に食べてみてはいかがでしょうか。

このほかにも、アメリカ料理はもちろん、本格派なフランス料理やイタリア料理のレストランも多く、ワインバーを併設してフレンチレストランもありますので、アメリカンな味付けに飽きた時には、ちょっと気分を変えてフレンチも良いでしょう。

複数回の乗り継ぎが必要なマンチェスター行き

日本から、ニューハンプシャー州のマンチェスターに旅行する場合には、当然のことながら直行便がないため、乗り継ぎ便を利用することになります。

成田国際空港から出発する場合には、ユナイテッド航空を利用し、シアトルタコマ国際空港まで約9時間20分のフライトで、ここで2時間ほどの接続時間がかかり、シアトルオヘア国際空港まで約4時間4分のフライトです。

シアトルオヘア国際空港で1時間30分ほどの接続時間の後、2時間14分のフライトでマンチェスターに到着できます。

羽田空港から行く場合には、ユナイテッド航空で約10時間でロスアンゼルスに行き、ロスアンゼルスで7時間弱の接続時間の後、約4時間のフライトでシアトルオヘア空港に行き、1時間30分の接続時間の後に2時間25分で現地に行くことが可能です。

羽田出発の場合には、丸1日以上の時間がかかります。

値段重視の場合には、関西国際空港からソウルとロスアンゼルス、ボルチモアを経由で約19時間30分のフライトで接続時間を含めると35時間15分で行くことができます。

ロスアンゼルスで約半日の接続時間となるため、いくら時間のある方でも時間を潰すには困難と言えます。

格安ツアー旅行では、このような接続時間を多く必要なフライトとなる可能性もありますので、事前にフライトをよく調べて予約をすることが大切です。

ボストンのベッドタウンでもあるマンチェスター

海外旅行に限らず旅行は、なによりもプランニング中が一番楽しいものです。

特に友人など同行者がいる場合には、事前に会っては観光スポット選びやおすすめの地元料理を調べたりと、わくわくしてしまいます。

その反面で言葉の不安もあったり、中でも一番気になるのは現地のさまざまな物の相場と言えるでしょう。

必要となる物のある程度の相場を知っておかないと、準備すべき予算にも大きく影響します。

マンチェスターは、ニューハンプシャー州のほかの地域よりも物価が安いことから、ここに引越しをする人も多く、ボストンに通うベッドタウンとなっています。

物価が安いとは言え、ニューハンプシャー州内での比較ですが、日本と比較した場合には、物にもよりますが、はるかに安いものから同等もしくはそれ以上のものもあります。

大都会ニューヨークに比べれば、地元のちょっとしたカフェのテイクアウトのランチボックスも安いと言えます。

アメリカですので、ミネラルウォーターやコーラ、ジュースなどは、日本よりも安いでしょう。

ホテルや有名なレストランなどを利用すれば、当然のことながらそれなりの高い金額となります。

そのため、日本と同じくらいと想定し、それに州税とチップを加算した予算を見積もるのが適切です。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-旅行・レジャー, 海外旅行
-,

関連記事

ロックフォード(アメリカ・イリノイ州)のおすすめ観光スポット

アメリカのイリノイ州にあるロックフォードには、毎年たくさんの観光客が訪れていて、自然豊かな公園と博物館に人気が集まっています。

ホットスプリングス(アメリカ・アーカンソー州)のおすすめ観光スポット

海外で温泉を楽しむことが出来るスポットは、そう多くはありません。 特にアメリカで温泉を楽しむことが出来る観光地は、貴重な体験が出来ると言えます。

夏休みに家族で旅行したい宮城県のおすすめスポット3選

東北の夏休みも、近年では南の地方に負けないくらいの暑さになります。 そんな暑さを凌げて、さらに楽しめる宮城県内のおすすめ家族旅行スポット3選です。 冬ではなく夏だからこそ楽しめる宮城県内のスポットはこ …

イタリア旅行のおすすめ観光スポット

イタリア旅行の定番といえば、ミラノ、フィレンツェ、ヴェネツィア、ローマ、ナポリの5大都市です。 これらの都市が観光客に好まれるのは美術館、観光名所、ブランドショップが揃った大都市であるということもあり …

男性におすすめの旅行バッグとブランド

男性が旅行に行くときもバッグの選び方は重要になり、それぞれのシーン別に適切なものを見つけ出す必要が出てきます。

楽天モーションウィジェット