アメリカ・メリーランド州のおすすめ観光スポット

アメリカのメリーランド州には毎年たくさんの観光客が訪れます。

スポンサーリンク

アメリカのメリーランド州の人気スポット

オリオールパーク・アット・カムデン・ヤーズ

その中でも人気のスポットがオリオールパーク・アット・カムデン・ヤーズです。

オリオールパークという名前から分かる通り、ボルチモア・オリオールズのホーム球場です。

この球場は他のメジャーリーグに比べてもお客さんを喜ばせる仕組みに富んでいて、野球好きでなくても楽しめます。

ボルチモア美術館

文化的な施設として人気なのがボルチモア美術館です。

この美術館にはヨーロッパやアメリカの美術作品が多数展示されていて、なんと入場料は無料となっています。

ルノワールやマティスの作品が特にたくさん収蔵されており、無料とは思えないほどのクオリティがあります。

センテニアルパーク

広大な自然を感じたいという方にお勧めなのがセンテニアルパークです。

日本国内ではなかなか体験できないほどの広大さを誇っており、野生生物もたくさん生息しています。

ウォーキングコースやサイクリングコースとしてもぴったりです。

時期によってはミュージックフェスティバルが開催されることもあり、地元の方からも観光客からも大人気となっています。

バーベキューや体験乗馬など楽しめる設備が非常に充実しているスポットです。

とれたてのシーフードが魅力

メリーランド州の州都であるボルチモアでは、豊富なシーフードを味わうことができます。

エビやカニなど日本でも馴染みのある食材が使われていますが、そのボリュームが非常にあるため満足度も抜群です。

生のハマグリなどが味わえるお店もあります。

ボルチモアには名物となっているクラブケーキがあり、こちらも訪れた際には是非味わっておきたいところです。

アメリカらしい料理以外でいうと、ブラジリアン料理を扱ったお店が多くあります。

ブラジリアン料理と聞くとあまりに馴染みがないかもしれませんが、バーベキューのようなシュラスコなど日本人の口に馴染みやすいメニューが盛りだくさんです。

多民族国家と呼ばれるアメリカらしく、世界中ほとんどの国の料理を食べることができます。

その中でも日本人観光客からも人気を集めているのがイタリアンです。

メリーランド州のボルチモアでは日本国内で食べられているのと同じような味付けのイタリアンが多く、変わった味が苦手という方に特におすすめです。

アメリカらしく具がたくさん乗っているのも特徴でお得な気分を味わえますが、小さな子供さんに注文する時は親と分けるなど注文の仕方を工夫すると安心です。

経由地ごとに変わる所要時間

メリーランド州には基本的に日本国内からの直行便が出ていないので、アメリカの他の都市を経由して訪れることになります。

例えば東京の羽田空港からシカゴを経由してメリーランド州のボルチモアに向かうとすると、15時間ほどかかります。

フライト時間で言えば13時間半程度ですが、乗り継ぎに1時間半以上かかるので注意しておきましょう。

他にもダラスを経由するルートがあり、こちらはトータルで15時間ほどのフライトになります。

乗り継ぎ時間を踏まえるとシカゴ経由より到着時間が遅くなりますが、感覚的に大きな差はありません。

料金や航空会社などで選択するのがお勧めです。

少し変わったルートで言えばカナダのトロントを経由するルートもあります。

このルートを選ぶとメリーランド州に着くまで17時間ほどかかってしまうのでメリットが少ないようにも見えますが、カナダ観光を同時に行う方がよく利用しています。

他にもボストン経由やミネアポリス経由、ロサンゼルス経由など幅広くルートが用意されており、そのほとんどは16時間から20時間ほどの所要時間がかかるようになっています。

最短で行きたいならシカゴを経由するのがお勧めです。

物価は低くないものの、シーフードならお得

メリーランド州はアメリカの中ではそれほど物価が低いエリアではありません。

感覚的には東京よりもやや高い程度とされています。

ただし、消費税率は6%であるため、実際に支払うお金としてはそんなに高いわけではありません。

海に近い州であることから魚介類に関しては安い価格で新鮮なものが取引されています。

そのため、シーフードを扱うレストランの料金はアメリカの他の地域に比べるとやや安くなっています。

逆に肉類やパン、ミルクなどはやや高くなっているので注意しましょう。

もっとも単価としては肉類やパンの方が割安なので、質のいい魚介類がほどほどの価格で味わえるという程度に認識しておけばそれで問題ありません。

雑貨に関する物価も高めですが、一般的なお土産を買うくらいの出費であればそれほど高く感じる可能性は低いです。

しかし、日用品などをたくさん購入するとなると高く感じることもあります。

そのため、必要なものは出来るだけ持っていくようにすれば安心できます。

メリーランド州自体は第三次産業への依存が大きいため、観光客を手厚く迎え入れる態勢が整っており、宿泊費や施設利用費などは平均的かそれ以下の水準で落ち着いています。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-旅行・レジャー, 海外旅行
-,

関連記事

夏の風物詩「安倍川花火大会」を楽しむポイント

安倍川花火大会とは、静岡県で毎年開催されている花火大会のことで、何と60年以上もの歴史を誇る、伝統的な花火大会なのです。 昔から長く続いているというだけでなく、静岡県下で最大規模の大会としても有名で、 …

山形県のおすすめ温泉地3選

みちのくの山形県には、おすすめの温泉地があります。主なものは、奥羽山脈に沿って所在しています。 多くの観光客が訪れるところから、僅かな旅行者しかいないところまで、様々な場所があります。山形を旅行する場 …

香港旅行のおすすめ観光スポット

香港と聞いて思い浮かべる観光スポットは人それぞれです。 香港島、九龍半島、新界、島嶼、全部合わせて東京23区の二倍、沖縄本島や札幌市と同程度の面積ですが、高台から摩天楼と呼ぶに相応しいビルを見下ろした …

高尾山で登山を楽しむポイント!

ミシュランガイドで三ツ星を獲得してから、すっかり人気の観光スポットとなった高尾山ですが、東京都にあり、都心からも近いため、毎年初心者からリピーターを含む、たくさんの登山客で賑わっています。

初心者も気軽に行ける!「みうら海王」で釣りの魅力に触れよう!

和歌山県などでは、筏を利用した釣りに注目が集まっています。筏は海上に浮かんでいて、筏まで渡船で移動をして、筏の上で青物などの魚を狙う手法です。 但し、筏は海上に設置が行われているケースと、生け簀の設置 …

楽天モーションウィジェット