ナッシュビル(アメリカ・テネシー州)のおすすめ観光スポット

ナッシュビルはテネシー州の州都であり、メンフィスに次いで州内で2番目に大きい街です。

音楽業界の中心であり、特にカントリーミュージックで有名な街です。

「ミュージックシティ」というニックネームまでついているのですからその影響力は言わずもがな、です。

スポンサーリンク

ナッシュビル観光でのおすすめスポット

そんなこの街で観光するなら、音楽に関するスポットを巡っておきたいですね。

その1つがライマン公会堂です。

旧名はグランド・オール・オープリー・ハウス、ユニオン・ゴスペル・タナバクルといい、1892年に設立された歴史あるライブ会場です。

アメリカの最古のラジオ番組の一つであるグランド・オール・オープリーの会場としても有名です。

また、様々な映画の撮影が行われた場所でもあります。

また、カントリー・ミュージック殿堂博物館は音楽好きならずともぜひとも訪れたい場所です。

2001年に移転してリニューアルオープンしたカントリー・ミュージック殿堂博物館は、歴史的なカントリーミュージックのビデオクリップ、ライブ、公的なプログラムなどが展示され、館内には売店、レストランなどがあります。

また、建物を見てみると窓は鍵盤を模しており、上空から建物を見ればヘ音記号の形をしています。

その姿でも「音楽の街」を代表する観光施設と言えます。

ナッシュビルを訪れたならば、ぜひ音楽の歴史に触れてみましょう。

ナッシュビルのおすすめグルメ

観光とともに重要なのは何と言っても食べるものですよね。

ナッシュビルでぜひ堪能したいのがTipsy Cake。
直訳すると「酔っ払いのケーキ」。

現在ではテネシー州のあちこちで見られますが、もともとはテネシー州発祥の南部料理やさんが公的な会議の席でお出しするものとして開発したもののようです。

こちらはテネシー州の土産物を扱うお店で手に入れることができます。
レーズンやナッツがぎっしり詰まってジャックダニエルをたっぷり使って作られたこちらのケーキ、ぜひご賞味ください。

そして、特定の料理というわけではないけれどミート・アンド・スリーという食事の形式。
メインの肉料理を一つとサイドメニューが3つという定食のようなものです。

メインはアメリカの家庭料理ともいうべき「ポットロースト」「フライドチキン」「ミートローフ」「ローストビーフ」などの中から一つ選び、サイドメニューは「チーズアンドマカロニ」「サラダ」「スープ」など多くの種類の中から3つを選ぶというものです。

また、食事こそ普段と同じものが食べたいという方もご心配なく。
現在、こちらの街でも日本料理を出すレストランや日本の食材を購入することができる店が増えつつあるので安心です。

ナッシュビルまでのフライト時間

日本からナッシュビル国際空港への直行便はありません。

必ず乗り継ぎがあるため、正確なフライト時間を算出することは簡単ではありませんが、およそ15時間から18時間と考えておけば良いようです。

主な乗り継ぎ地点は、シカゴ、ミネアポリス、ダラス、アトランタ。ここまでの乗り継ぎ地点では、おおよそ15時間ほどのフライト時間が見込まれています。

サンフランシスコ、ワシントンDC、ヒューストンでの乗り継ぎの場合は16時間ほどのフライト時間が見込まれています。

トロント、ロサンゼルスでの乗り継ぎ地点では、およそ18時間のフライト時間が見込まれています。

国際線での乗り継ぎに慣れていれば言うまでもないのですが、飛行機は日本の電車などとは大きく違って時間通りに動くことばかりではありません。

乗るはずだった飛行機が悪天候などでどこかで立ち往生していたり、機内トラブルなどで予定の時間に出発しないなんてことは日常茶飯事です。

乗り継ぎがある場合は何らかのトラブルの機会が増えるわけですから、時間通りを気にしてそわそわするよりも、トラブルはトラブルとして丸ごと楽しめるといいのではないかと思います。

とは言っても、フライト時間が大きく変更する場合はどうしたらよいかをどこへ確認すればよいかは事前に確認しておくとよいでしょう。

ナッシュビルの物価は?

生活にかかる費用はやはり大都市ではないので比較的安い傾向にあります。

こういった事情もあり、テネシー州への他州からの移住者は増える傾向にあるようです。

観光客にとってどうかというと、3つ星ホテルの値段が2万円ほど。
5つ星ホテルの値段が4万円ほどとやはり東京などと比べると良心的な金額で楽しむことができる街であるようです。

レストランにしろお土産物などにしろ、高級志向であればそれに応えてくれる店があり、リーズナブルにしたいならばそれを叶えてくれるお店が存在しています。

全体的には決して値段を気にしなくてはいけない街ではないので、カジュアルに楽しみたい場合も問題なく過ごすことができるでしょう。

ただし、交通費は若干かかるようです。
特に2006年に登場したナッシュビルを走る鉄道「ミュージックシティスター」は、朝夕の道路渋滞を解消するために開通しましたが、やや高いと感じる人が多いようです。

観光でも史跡を訪れたり博物館や公園、コンサートやショー、どんなプランを立てるかで予算は変わってきますね。

ニューヨークなどとは違う傾向にはありますので、初めから諦めずにまずは調べてみてから考えるといいのではないでしょうか。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-旅行・レジャー, 海外旅行
-,

関連記事

夏の風物詩「葛飾納涼花火大会」を楽しむポイント

葛飾区柴又といえば、有名な俳優さんの長年シリーズ映画の舞台となっていた町です。東京は都会と言われていますが、葛飾区は昔ながらの情緒あふれる下町です。 映画の博物館があったり、日本庭園を眺めながらお茶を …

サバンナ(アメリカ・ジョージア州)のおすすめ観光スポット

ジョージア州サバンナは、ジョージア州の南側、フロリダ州に接する位置にある美しい街です。 大西洋に面しているので、ビーチを楽しむことも出来ますが、観光で短期に訪れた場合は、徒歩でまわることが出来るダウン …

「沖縄ダイビングサービス Banana Reef」でマリンスポーツを楽しむ!

「沖縄ダイビングサービス Banana Reef」は、スキューバダイビングやシュノーケリングといった、マリンスポーツが楽しめるダイビングショップです。 コンセプトは、『のんびり、ゆっくり、丁寧に』なの …

カップル旅行で行きたい東北地方のおすすめスポット

好きな人と旅行に行くのは、ドキドキワクワクの連続で、計画している時から楽しいですよね。 東北地方に旅行を予定しているカップルの皆さんに、おススメのスポットをご紹介致します。

大阪へ行くなら!「NIFREL」のおすすめポイント

旅行をしようとなったときには、どこに行こうか悩んでしまうものですが、そのような時には、水族館を選んでみるというのはどうでしょうか。 普段見ることができない、水の中の生き物たちの姿を見るというのは、良い …

楽天モーションウィジェット