オランダ旅行のおすすめ観光スポット

レンブラントやフェルメール、ゴッホなど、世界に誇る絵画の巨匠を多く輩出しているオランダ。

その芸術の歴史をぎゅっと凝縮したような場所が、アムステルダム国立美術館です。

スポンサーリンク

アムステルダム国立美術館に入り浸る

もともと美術館や博物館が多いオランダでも、最も規模が大きい美術館といえます。

充実したコレクションの中でも、オランダ絵画史の黄金期とも呼ばれ、レンブラントやフェルメールが活躍した17世紀の絵画は必見です。

これらの絵画は、建物の3階にある名誉の間に集められて展示されています。

この時代に流行った、日常生活の一瞬を切り取ったような作品が展示のメインを占めます。

聖書の内容や世界史に疎い人でも親しみやすいテーマとなっています。

そして、来館者を釘づけにするのが、名誉の間の奥にある「夜警の部屋」です。

レンブラントの名作といわれる「夜警」が、この部屋には飾られています。

名誉の間に飾られている作品たちよりもはるかに大きい作品で、夜警たちの様子をドラマチックに描いたことで有名です。

この作品はとりわけ人気があり、常に作品の前には人だかりができています。

アムステルダム国立美術館は、海外旅行で美術館めぐりをしたいのなら、おすすめのスポットです。

コロッケの原型、クロケット

日本でいうコロッケの原型となっているのが、オランダのクロケットです。

日本と同様に、家庭料理として親しまれています。

また、家庭料理を扱うレストランだけでなく、ファストフードでも見かける存在です。

オランダの街中には、いたるところにクロケットの自販機があります。

自販機の中では、出来立てあつあつのクロケットが、ひとつひとつ鍵のかかった透明な扉の奥にしまわれています。

クロケットひとつを買うのに並ぶ必要がなく、気軽なグルメスポットとして機能しています。

牛肉入りのクリーミーなもの、ピーナッツソースの甘めのもの、ベジタリアン向けのものなど、種類もさまざまです。

お目当てのクロケットが入ったケースに金額分のコインを入れると、鍵があいて自分で扉を開け、クロケットを取り出します。

クロケットの自販機の中でも特に有名なのが、「Febo」というファストフードチェーン。
黄色と赤のロゴが目立ちます。

クロケット以外にも、ハンバーガーやポテトフライなど、ファストフードを全般的に取り扱っています。

駅構内や観光スポットの近くにも多いお店です。

ささっと気軽に、おなかを満たしたい海外旅行におすすめのグルメです。

日本からオランダまでのフライト時間

日本からは、KLMオランダ航空による、直行便があります。

成田空港または関西国際空港が発着で、約11時間半から12時間半程度のフライト時間を要します。

それ以外には、ヨーロッパまたは中東、アジアの空港で1回以上乗り継いでアクセスする方法があります。

中東やアジアでの乗り継ぎは、ヨーロッパに比べて遠回りになるパターンがあります。

ヨーロッパでは、フィンランドやドイツなどでの乗り継ぎがおすすめです。

フィンランドで乗り継ぐ場合、日本は成田空港、中部国際空港、関西国際空港、博多空港を発着としているので、発着地の選択肢が増えて便利です。

日本からヘルシンキまで約10時間、ヘルシンキからオランダまでは約2時間半。

遠回りにならず、乗り継ぎでも短いフライト時間でアクセスできます。

隣国・ドイツからのアクセスも便利で、ドイツ国内には日本からの直行便が就航している空港が3つあります。

日本からの発着地や乗り継ぎ地をうまく組み合わせれば、遠回りになることなく、乗り継ぎでの待ち時間を短縮することができます。

乗り継ぎ便を選択すれば、乗り継いだ空港でのショッピングや、待ち時間を利用した観光もできるので、海外旅行であちこちに行きたいときにはおすすめです。

気になるオランダの物価

海外旅行で気になる物価。

オランダの物価は、隣国のドイツやベルギーに比べて少し高めです。

世界情勢にもよりますが、日本と比べて同等程度、またはそれよりも少し高いと感じる程度です。

また、お金を消費する対象によっても物価に差があります。

例えば、レストランやカフェなどの外食に関する物価は高いですが、食材を手に入れて自炊すれば安上がりです。

さらに、街中のスーパーマーケットで食材を調達するよりも、あちこちで開催されているマーケットのほうが、安いかつ新鮮な食材を手に入れることができます。

ファストフードや屋台フードを駆使すれば、現地の雰囲気を楽しみながらも、外食よりも費用を抑えることができます。

加えて、国のあちこちに産地が点在しているほどのチーズ大国であるため、チーズの物価は日本よりも安いです。

種類も豊富で、チーズ好きなら食費を安く抑えることができるでしょう。

チーズに限らず、ヨーグルトや牛乳などの乳製品も安く手に入りやすい食材です。

ドイツやベルギーなどのビール大国が隣にあることや、日本でも人気のあるハイネケンが名産ということもあり、ビール類の物価はとても安いです。

よって、お酒が好きな人の海外旅行の旅先にはおすすめです。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-旅行・レジャー, 海外旅行
-,

関連記事

コナ(アメリカ・ハワイ島)のおすすめ観光スポット

ハワイ諸島の中で、最大の大きさを誇るハワイ島は、今もなお活動を続けている火山だけでなく、古代ハワイの歴史にまつわる観光スポットもあります。

東京都のおすすめ旅行スポット

日本の首都、東京。2020年には、東京オリンピックも開催されることもあり、ますます魅力的な街へと日々変化し続けています。 そんな「眠らない街、東京」のおすすめスポットをいくつかご紹介致します。 スポン …

紅葉の名所「白駒池」の景色を満喫!

長野県と山梨県にまたがる八ヶ岳の湖沼の中でも、白駒池は最も大きく、日本で最高所のところにあります。 標高2115メートルに位置する白駒池は、高知にある湖の中では最大の大きさで、周辺には大自然そのままの …

家族旅行におすすめ!南知多ビーチランド&南知多おもちゃ王国の楽しみ方

南知多ビーチランド&南知多おもちゃ王国は、それぞれが隣接しているテーマパークです。 水族館エリアとおもちゃエリアの2つを楽しむことができますので、家族で1日たっぷり過ごすことができる環境になっています …

ホノルル(アメリカ・ハワイ)のおすすめ観光スポット

ハワイ旅行と言うとほとんどの人が思い描くのはホノルルでしょう。

楽天モーションウィジェット