オリンピア(アメリカ・ワシントン州)のおすすめ観光スポット

アメリカでも西海岸に位置するワシントン州の州都であるオリンピアには数多くの観光スポットがあります。

スポンサーリンク

オリンピアで観光するなら

主な観光スポットとしては、ワシントン州議事堂や州都博物館、ビゲロウ・ハウス・ミュージアム、シルベスター・パークなどを挙げることができます。

まずはワシントン州議事堂ですが、ギリシャやローマの建築の影響を受けたデザインの美しいドーム型をした建物になります。

こちらは、ワシントン州の州議事堂 であり、知事や書記官、財務官、会計検査官などが事務所があり、議会を開催する建物になります。

観光で訪れるのなら、45分間で見ることができる見学ツアーに参加するのがおすすめです。

各部屋を見学することができたり、この州の歴史を知ることができます。

次に州都博物館は議事堂からも南に徒歩で行くことができる場所にある博物館になります。

こちらではネイティブ・アメリカンやオリンピアが州都になった歴史などを知ることができる建物になっています。

ビゲロウ・ハウス・ミュージアムは19世紀に弁護士と議員をしていたダニエル・R・ビゲロウ氏の妻であるアン・エリザベス・ホワイト・ビゲロウによって建設されたカーペンター・ゴシック様式の民家になります。

こちらはオリンピア市で最古の民家の一つになります。

観光をするなら、美味しいものを食べよう

オリンピアはシアトルからも南西に行ったところに位置しているのですが、アメリカ料理やシーフード料理を食べることができます。

アメリカ料理としては、豪快なステーキ肉やサンドイッチ、パイなどを食べることができるレストランが数多くあることやファーストフードでもバーガー、ポテトなどもあります。

気軽に食べることができるのですが、かなりボリュームがあるので、注文をする際には加減したほうがいいでしょう。

シーフードとしては、シアトル同様でサーモンやオイスター、シュリンプや白身魚などを食べることができます。

焼いたり、蒸したり、揚げたりする方法で、いろいろな楽しみ方もあります。

新鮮な魚介類を食べることができるので、満足感があります。

また、スープではクラムチャウダーも食べることができます。

お店によっても味や具が違うので、比較をしてみるのもいいでしょう。

また、各国の料理を味わうこともできます。

イタリアンやギリシャ料理、トルコ料理など、いろいろな料理を楽しむこともできます。

各国の料理に野菜を取り入れたベジタブル料理などもあるので、バランスよく食事をすることもできます。

デザートにはアイスクリームなどを選ぶのもいいでしょう。

日本からシアトル、そしてオリンピアへ

日本からアメリカワシントン州の州都であるオリンピアに行くには、まずは西海岸のシアトルの空港に行くのが最もスムーズな行き方になります。

日本からは羽田や成田、セントレアや関空から直行便が出ています。

所要時間としては往路で9時間程度、復路で10時間半程度になります。

他の都市で乗り換え便にすることで安く航空券を手配できることもあります。

オリンピアはシアトルからは南西へ76kmの距離になりますから、タコマ空港からはその半分程度の距離になります。

電車やバスなどでも行くことができるのですが、レンタカーなどを手配することでも気軽に行くことができる距離です。

各種の手段を使っても1時間程度で行くことができます。

ほかの都市を観光をしながらまわっていき、こちらに行ってみるのもいいでしょう。

このあたりは日本との時差が3月から11月のサマータイムでは16時間、冬時間では17時間になります。

日本を夕方に出発すると、日付変更線をまたぐ形になるので、当日の午後に到着することになります。

また、帰国便に関してもお昼過ぎの便では翌日の午後に到着する形になります。時差がかなりあるので、調整をする必要があります。

オリンピアの物価とは

アメリカ全土で見てもワシントン州というのは平均的な物価の水準よりも若干高めになっており、全部の州の中でも上位3割ほどに入るくらいになります。

しかしながら、ハワイ州やニューヨーク州、カリフォルニア州やマサチューセッツ州などよりは低い水準になります。

特にワシントン州ではシアトルなどの大都市では高い傾向にあるのですが、州都といってもオリンピアのような少し落ち着いた地方都市ではシアトルほどではありません。

レストランでもランチが10ドル程度、ディナーが20ドル程度でも十分食べることができますが、サービス料として2割ほど上乗せされるので、日本よりは高いといえましょう。

また、スーパーなどでもウォルマートなどがあるのですが、日本と同じくらいの水準か、少し高いくらいになります。

野菜や肉なども購入の単位が多いので高額に感じるのですが、同じ量で考えた時にはそれほど変わりはありません。

ファーストフードでは5ドルから10ドルの間くらいですし、ガソリンは日本よりも安いので、移動をする際にはタクシーやレンタカーにしても高くは感じない程度になります。

このエリアは暮らしやすい街として知られています。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-旅行・レジャー, 海外旅行
-,

関連記事

熊本県のおすすめ温泉地3選

熊本県に旅行に行くなら、温泉は外せません。県内には、気軽に入浴できる施設があるので、旅行ついでにふらっと立ち寄ってみてはいかがでしょうか。 温泉の成分を含んだ石鹸は、旅行のお土産にもぴったりで、入浴で …

世界遺産・知床のおすすめ観光方法

自然遺産として登録されている北海道の知床はまさにここでしか見られない動物や植物が多く、一度は行ってみる価値があります。 しかし、実際に旅行で観光するとなったらどこを見たら良いか悩みますよね。 北海道の …

ソウル(韓国)のおすすめ観光スポット

日本から最も近い海外で、同じ東アジアの国として多くの観光客が訪れるのが韓国です。その中でも最大の都市であるソウルには、数多くの観光スポットがあり、気軽に行くことができます。 そこで行っておくとよいとこ …

マッコール(アメリカ・アイダホ州)のおすすめ観光スポット

アメリカの北西部に位置するアイダホ州は、ポテトの代名詞といっても過言ではないほど、その地名が知られています。

和歌山県のおすすめ温泉地3選

和歌山県にはいろいろな温泉があり、お肌に優しかったり、日本古来の書物にも登場している歴史のある秘湯もあります。 近くには海水浴場があるので、夏場は海で遊んだり、旅行に行った際に美味しい魚介類を楽しむこ …

楽天モーションウィジェット