サクラメント(アメリカ・カリフォルニア州)のおすすめ観光スポット

カリフォルニア州には、サンフランシスコという大きな都市がありますので、日本ではサクラメントが州都であることを知らない方が実は少なくありません。

カルフォルニア州のその他の大都市とは違う魅力を持つ街でもあります。

スポンサーリンク

サクラメント観光にはオールドサクラメントがおすすめ

まずこの街の観光名所といえば、オールド・サクラメントです。

ゴールドラッシュで賑わったサクラメントリバー沿いの街並みを国定歴史建造物地区に指定して、建てられている建造物の保存を行っています。

観光地として西部開拓時代の街並みを再現していますので、古き良き時代を感じることが出来ます。

リバーサイドで街の歴史を学ぶツアーに参加しても楽しめますし、最近ではお洒落なカフェやショップも多く、街を散策するのも楽しいでしょう。

また、カリフォルニア州立博物館も観光客が多く訪れるスポットです。

特に鉄道ファンの方にとっては外すことが出来ないスポットでしょう。

かつてアメリカを実際に走っていた列車を間近に見ることが出来る感動がある上に、資料としての価値もさることながら、実際に列車に乗ることも出来る貴重な体験も出来ます。

また、船が好きな方にはデルタ・キング・ホテルがおすすめです。

サクラメント川に浮かぶ客船に宿泊することが出来ます。

地産地消を推奨しているレストランが多い

カリフォルニア州の中でも、産地直送、地産地消のレストランが多いことで知られていますので、新鮮で美味しい料理を楽しむことが出来るでしょう。

カリフォルニア州は農産物も豊富に栽培されていますし、海にも近い為、美味しいシーフードを楽しむことも出来ます。

食材を栽培している農家の方と、レストラン側が市場を通さずに直接取引を行っているレストランも少なくありませんので、レストラン側もこだわりの食材を顧客に出すことが出来ます。

そのため美食の方もうならせる高級レストランも多いのですが、もちろんカリフォルニア州立大学というアメリカ屈指の名門校がある学生の多い街でもありますので、値段もリーズナブルなレストランも少なくありません。

食べたいものと予算に合わせて地元のグルメを楽しむことが出来るでしょう。

せっかく観光で来たのですから、ここでしか食べられない物を食べたいという方もいらっしゃるでしょう。

日本では食べる習慣がないのですが、ザリガニを使った料理を楽しむのもおすすめです。

また、有名な高級ワインの名所ナパにも近いので、ワイン通の方にも納得いただけるワインが手に入ります。

美味しいカリフォルニアワインと一緒に地元の食材を楽しみましょう。

サクラメントまでは乗り継ぎが必要

日本からサクラメントまでは直行便がない為、乗り継ぎが必要になります。

日本からのフライトで一番利用がしやすいのはサンフランシスコ行きのフライトを利用することでしょう。

全日空や日本航空など、日系の航空会社も乗り入れていますので、安心感があります。

サンフランシスコまでは約10時間30分ほどで到着し、その後乗り換えをして約1時間のフライト時間になります。

サンフランシスコからサクラメントまでは車でも2時間程で着きますが、アメリカでレンタカーを借りて長時間運転をする経験があまりない方にはおすすめしません。

また、日本とサンフランシスコでは時差も大きい為、長時間のフライトで体が疲れた状態で海外で車を運転するよりは、飛行機で乗り継ぐ方が体も、慣れない土地でストレスを感じることもないでしょう。

乗り継ぎがあることを考えると、出来ればサンフランシスコまでの移動は快適に過ごしたいものです。

ファーストクラスやビジネスクラスは予算として難しい場合でも、最近では足元の空間が広いエコノミーシートなど、色々なシートタイプで各社サービスを提供していますので、予算内で快適にフライト時間が過ごせるシートがないか探してみましょう。

カルフォルニア州の大都市に比べると物価が安い

カリフォルニア州の州都であるサクラメントですが、カリフォルニア州にある最大の都市ロサンゼルスやサンフランシスコに比べると物価は安い傾向にあります。

街は緑の多い過ごしやすい景観であることもあり、大都市のような雑踏が苦手な方は過ごしやすいでしょう。

カリフォルニア州立大学は、世界中から優秀な学生が集まる有名な大学であり、学生が多く集まる街でもありますので、学生でも過ごしやすい物価であると言えます。

日本から観光で行く場合、その時の為替の状況によって、アメリカでの物価の感じ方は変わってきます。

もちろん円高の状態であれば、アメリカの滞在費は安く済ませることが出来ますし、円安の状態であれば、物価は高く感じるでしょう。

もしも少しでも安く滞在費を抑えたいということであれば、円高のタイミングを狙うと良いでしょう。

農産物も豊富に捕れ、シーフードも新鮮な物が多く手に入る恵まれた土地ですので、食材も比較的安く手に入る上に、大都市程生活費にお金はかからないでしょう。

もしも滞在費を浮かせたい、食費を抑えたいという場合は、地元の方のようにファーマーズマーケットで食材を探してみるのも楽しいでしょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-旅行・レジャー, 海外旅行
-,

関連記事

コロンバス(アメリカ・インディアナ州)のおすすめ観光スポット

インディアナ州のコロンバス州には、たくさんの観光スポットがありますが、中でも人気なのがミルレースパークです。

世界遺産・東大寺のおすすめ観光方法

奈良への観光旅行を考えている方に向けて、奈良観光旅行の定番、東大寺について紹介します。

大阪へ行くなら!「NIFREL」のおすすめポイント

旅行をしようとなったときには、どこに行こうか悩んでしまうものですが、そのような時には、水族館を選んでみるというのはどうでしょうか。 普段見ることができない、水の中の生き物たちの姿を見るというのは、良い …

初めての海外旅行での注意点

従来の添乗員付きのパッケージツアーに加え、LCCや格安航空券の台頭により、海外旅行がより身近な存在になりました。 かつては北米やヨーロッパにオーストラリアが主流で、その後のアジアブーム、今では南米やア …

手ぶらでOK!アウトドア・ベース犬山キャンプ場で楽しもう

野外で身体を使って楽しむ事の出来るアウトドアやキャンプ。 子供にとっては、身体を鍛えたり自立心を養える大貴重な学びの場にもなりますよね。 また、大人にとっても子供の頃のワクワクした気持ちを思い出させて …

楽天モーションウィジェット