スイス旅行のおすすめ観光スポット

海外旅行好きに絶対におすすめしたい旅行先と言えば、スイス。

広大な自然が美しく、ヨーロッパならではの可愛らしい街並みが楽しめ、電車で移動中の時ですら窓から息を飲む絶景を満喫することができます。

スポンサーリンク

スイスの美しい街並みと自然を満喫できるスポット

スイスの首都ベルンは規模は小さい街ですが、赤い屋根で統一された旧市街の街並みがとても美しく、丘の上から見下ろす景色が最高にロマンチックです。

中部に位置する湖岸の街ルツェルンは、透き通るブルーが美しい湖と、いたるところで見かけるカラフルなペイントが施された建物が印象的です。

大自然を満喫したいなら、登山電車は欠かせません。

最も人気なユングフラウ鉄道に乗れば、ヨーロッパで最も標高の高い駅であるユングフラウヨッホ駅に行くことができます。

標高3573mにあるスフィンクス展望台から眺める景色には、圧倒されること間違いありません。

山の天候は変わりやすいので、登山電車に乗車する前に山頂付近の天候を確かめておきましょう。

ガイドブックに小さくしか載っていないような田舎町にも魅力がたくさん詰まっています。

電車の窓から眺めて気になった場所があれば、思い切って下山してみると穴場の絶景スポットを発見できるかもしれません。

本場のチーズやチョコレートを味わう

スイスは美食の国フランスやイタリアに囲まれているにも関わらず、残念ながらあまり食文化に恵まれていません。

海外旅行で食事をメインに楽しむのなら、スイスはあまりおすすめの国とは言えません。

一般的に、海外旅行者がこの国のレストランで食べるものと言えば、チーズを使った料理です。

特に白ワインと濃厚なチーズをじっくり煮込んだチーズフォンデュが有名で、パンや野菜にチーズをたっぷり絡めて味わいます。

お酒が苦手な方やお子様には、ラクレットがおすすめです。

白ワインを使わずに溶かしたチーズを具材に絡めて食べる料理で、チーズ本来の持つおいしさを存分に味わうことができます。

小さい町でも大抵はチーズフォンデュやラクレットを味わえるレストランが見つけられるので、ぜひ一度は本場の味を試してみてください。

そして実は、スイスはミルクチョコレート発祥の地として知られています。

発祥当時から今でも変わらずクオリティの高いチョコレートを作り続けており、あちこちでチョコレート専門店を見かけます。

スイスのチョコレートは世界的にも有名なので、自分用はもちろん、お土産用にも購入をおすすめします。

高級ブランドや国外では入手が難しいブランドのチョコレートは、世界各国からファンが買い求めに来るほどです。

スイスまでのフライトについて

成田空港からチューリッヒ空港行きの直行便を利用すると、約12時間半の長時間飛行となります。

チューリッヒ空港から成田空港への道のりは、気流の関係で飛行時間がやや短くなるので12時間程度で到着できます。

直行便を利用すると飛行機代がかなり高くつくので、海外旅行慣れしている方ならパリやロンドン等の近隣のヨーロッパ国を経由していく方法がおすすめです。

その分時間は長くかかりますが、トランジットの時間を十分長めにとれば、ついでに経由地の街を急ぎ足で観光することも可能です。

フランスやドイツ、イタリアから鉄道で入国することもできます。

例えばパリからジュネーブまでの鉄道は、直行で約3時間の道のりとなります。

空港は郊外に位置しているので到着後に移動する必要があるのに対し、鉄道は中心地の主要な駅に直接到着できるので便利です。

また、鉄道は飛行機の座席より広く場所を取れて、ゆったり過ごせるので快適という利点もあります。

周辺の国にも滞在する予定がある時は、ぜひ鉄道で入国することも視野にいれてみてください。

時差は8時間、サマータイム中は7時間あります。

日本の方が早く時間が進むので、日本時間ではすっかり夜でも現地ではまだ昼間。

時差ボケになりやすいので注意してください。

物価はやっぱり全体的に高め

スイスは世界で最も物価が高い国の一つとして数えられます。

海外旅行でお金をあまり使いたくない人は、工夫と努力を強いられるでしょう。

特に外食は高いので、レストランで食事する時は日本円でいくらぐらいなのかを気にかけて注文しないと、後にビックリするような金額を払う羽目になります。

スターバックスやマクドナルドなどのチェーン店の商品も、日本の価格帯と比べたら1.5~2.5倍ほど高いと感じます。

スイスの土地は栽培の環境にあまり適さず、野菜や果物などの農作物が育ちにくいという欠点があります。

多く栽培できない分、値段も上がります。

つまり、スーパーで食材を買って自炊するとしてもあまり節約にはならないのです。

しかし、チーズやチョコレート、お酒類は意外と安く、日本の半額ほどの値段でも十分に美味しいものを味わえます。

宿泊代も高いですが、ホテル業が非常に発達している国なので、良いホテルへ行けば非常に質の高いサービスを受けられます。

一流ホテルは世界有数の大金持ちからも高い評価を受けており、贅沢を極めた極上の時間を過ごせます。

物価が高い国に来たということを受け入れて、節約ばかりに気を遣わずに気前よくお金を使って過ごすのが、スイスの正しい旅行の仕方なのかもしれません。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-旅行・レジャー, 海外旅行
-,

関連記事

オマハ(アメリカ・ネブラスカ州)のおすすめ観光スポット

ネブラスカ州のオマハには多くの観光スポットがあります。

カップル旅行で行きたい北海道のおすすめスポット

好きな人と旅行に行くのは、ドキドキワクワクの連続で、計画している時から楽しいですよね。 北海道に旅行を予定しているカップルの皆さんに、おススメのスポットをご紹介致します。

ベルギー旅行のおすすめ観光スポット

ベルギーでおすすめのスポットといえば、首都のブリュッセルと北西部の都市ブルージュです。 中心地として賑わうブリュッセルと、比較的落ち着いた雰囲気のブルージュはそれぞれ違った魅力を持っています。

スペイン旅行のおすすめ観光スポット

スペインは世界中から観光客が訪れる観光立国で有名な国です。 歴史のある建造物も多く、素敵な街並みに世界遺産も多く保有しています。 観光するにはどこから観るべきか迷うところですが、まず初めてスペインを訪 …

地元民おすすめ!山口県旅行の穴場スポット3選

山口県は江戸時代には長州藩のあった場所で、明治維新の際には大きな役割を果たした場所です。 明治以降も著名な政治家を排出してきており、現職の安倍晋三総理もその一人です。 2016年12月、安倍氏がロシア …

楽天モーションウィジェット