ウィルミントン(アメリカ・デラウェア州)のおすすめ観光スポット

ウィルミントンにはアメリカ有数の観光スポットが多くあります。

また、観光客だけでなく、地元の人々も訪れるような素晴らしい景色を味わえるスポットもあります。

デラウェア州に行ったならば1度は行きたいところばかりです。

スポンサーリンク

心で体で癒される、おすすめスポット

フォート・フィッシャー・ノースカロライナ水族館

この水族館は、子どもから大人まで幅広い年齢層の方から楽しんでもらえるような工夫がたくさん施されています。

展示はもちろんのこと、不定期で開催されるイベントもが人気を博しています。

また、 子どもたちはフェリーに乗って、小さな冒険に出ることもできます。

日本ではなかなかできない体験なので、観光がてら行ってみてください。

水族館は子ども向けのイメージがありますが、この水族館は大人さえもが感嘆します。

エアリー・ガーデンズ

この庭園は名前の通り癒しの空間が広がっています。

観光スポットとしてはこれ以上ないほどの絶景を味わえるでしょう。

絵に描いたかのような景色に観光客も地元の人も癒されています。

静かな美しさ、という言葉がしっくりくるような庭園です。

アーチを潜り抜けた先にはきらきらと輝く美しい植物と、それらを彩る噴水が待っています。

食べることもまた観光、おすすめグルメ

デラウェア州には有名なレストランが多数あります。

食事をすることも観光の1つです。

アメリカに行ったからにはレストラン1つにも妥協はしたくありません。

どんなことにしろ最高の思い出を作るためにも最善の選択をしましょう。

Genki Japanese & Sushi Restaurant

このお店はお寿司をメインにした日本食のお店です。

ですが、日本にこだわりすぎず、アメリカらしいユーモアも含まれており、見ているだけでも楽しい料理ばかりです。

デラウェア州ではかなりの有名店で、地元の方からも愛されるお店です。

のり巻き1つにしろ、旬のものや彩りが考えられていて、食べるのがもったいないくらいです。

アメリカで日本料理が恋しくなったときは訪れてみてください。

The Copper Penny

アメリカと言えばファストフード、ハンバーガー、そのようなイメージがありますが、このお店は正にイメージ通りのお店です。

デラウェア州で1番のハンバーガー屋、このようにも言われています。

ランチに最適で時間になると大勢の方がここのハンバーガーをめがけてやってきます。

ハンバーガーに使われているパンや野菜にもこだわりがあり、最高の品質のハンバーガーを食べれます。

最初に決めるのは時間、フライト時間

日本からウィルミントンへはおおよそ18時間かかります。

半日以上を空の上で、飛行機の中で過ごすことになります。

アメリカへの期待を胸に半ば興奮状態で起きているのもよいですが、現地に着いた後のことも考えて、休息をとることも大切です。

夏時期にウィルミントンを訪れる際の時差は、13時間で、日本の方が早いです。

日本時間が13時だとしたら、現地時間では同日の0時0分ちょうどです。

フライト時間が18時間だとすると、日本時間の0時0分に出発すると、現地時間のまた、夏時期のアメリカはサマータイムがあるため、冬時期に比べ時刻が1時間早くなっています。

ちなみに、サマータイムというのは、夏場の日中を有効的に使うために夏場の時刻を1時間早める政策のことを指します。

サマータイム期間外、いわゆる冬時期の場合、時差は14時間で、日本の方が早いです。

日本が14時0分のとき、現地では同じ日の0時0分ちょうどということになります。

フライト時間が18時間とすると、日本時間の0時0分に出発すると、現地時間の4時0分に着くことになります。

時差は日本になく、あまり親しみがありませんが、海外旅行では最重要となります。

よく確認することが大切です。

調査必須、アメリカの物価

旅行へ行き、食事をとるとしたら行くのはレストランです。

必ずといっていいほど利用するのでできるだけ安く抑えることが出来たら良いです。

アメリカのレストランの食事代は日本よりも1割、2割は安く抑えることができます。

しかし、日本にはありませんが、海外ではチップが必要になります。

食事をしたときのチップは、食事代の1割から2割のあたりが妥当です。

チップも含めると食事代は日本とそこまで変わらない、もしくは少し安いくらいです。

バスなどを利用される方もいらっしゃると思いますが、日本のバス代などに比べたら随分安価で利用することができます。

支払い方法が日本と違い前払いであることさえ確認できたら、後は安心して利用できることでしょう。

基本的な物価は日本よりも随分安いですが、ホテルの宿泊費は若干高めです。

1泊1泊は高いですが、その日の交通費などで浮いたお金もあるので上手に払えば大きな損することは決してないでしょう。

他のことで節約できているので目を瞑れる許容範囲内だと思われます。

アメリカの物価が日本の物価よりも安いことをもっとよく知りたい方は、アメリカのスーパーマーケットへ行くことをおすすめします。

野菜やパンは1袋の中に日本の倍以上の数が入っており、かつ大きいです。

また、肉も安く、ブロック肉や日本では見ることのできないそのままの肉、いわゆる丸ごと肉なども目を疑うような低価格で買うことができます。

しかし、魚介類は日本の方が需要が多いためなのか、アメリカでは値段は若干割高になっています。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-旅行・レジャー, 海外旅行
-,

関連記事

冬の名物!北海道の札幌雪まつり

北海道の冬はスキーやスノーボードなどのウィンタースポーツの他にも、札幌雪まつりを代表する冬のイベントも大変人気があります。 現在、道内では20を超える冬のイベントが例年開催されています。 一番人気の札 …

夏の風物詩「天神祭奉納花火」を楽しむポイント

天神祭は、大阪市にある大阪天満宮が行う祭で、1000年以上の歴史を持ち、京都の祇園祭、東京の神田祭と共に、日本三大祭の1つとなっています。 さらに、これは愛染祭、住吉祭と共に、大阪三大祭の1つでもあり …

ワルシャワ(ポーランド)のおすすめ観光スポット

ポーランドの首都・ワルシャワの観光で外せないスポットは、「旧市街広場」です。 旧市街エリアの中心部にある、広大な広場です。

秋田県のおすすめ旅行スポット

秋田県は、東北地方にあり、日本海に面する地域で、あきたこまちの名産地でのあります。 そんな秋田県のおすすめスポットをいくつかご紹介致します。

富山県のおすすめ旅行スポット

名水の産地として有名な富山県は、日本海に面しており、海産物も豊富です。 そんな富山県のおすすめスポットをご紹介致します。

楽天モーションウィジェット