一人旅にもオススメ「アイスランド」は魅力がいっぱい!

今回は旅行についてですが、一人旅に憧れる人も多いと思います。けど不安もあるかもしれませんが、一人旅にお勧めな国の1つにアイスランドがあります。そんなアイスランドの魅力について纏めました。

スポンサーリンク

アイスランドの露天風呂

世界最大の露天風呂ブルー・ラグーン アイスランドは一人旅をするにもぴったりな国ですが、そのアイスランドの中でも日本人が旅行してみたいのが「ブルー・ラグーン」です。ここは自然の温泉ではなく、地熱を利用して作られた人工的な露天風呂です。ブルーラグーンはアイスランドの首都レイキャビックから車で40分ほど走ったところにあります。乳白色の塩温泉となっており、日本の温泉とは違って皆水着を着用して入るため、男女関係なく楽しめます。温泉に入るだけではなく、泥パックを楽しむこともできますから一人旅をしてる場合でも十分に堪能することができます。白い泥でシリカと呼ばれていますが、この泥には美容効果があるとされており、この泥を配合したコスメも販売されているほどの人気ぶりです。そして旅行先としてオススメな理由にはこのブルー・ラグーンではオーロラを見ることができるからというのもあります。日本の旅行では絶対にできない温泉に入りながらオーロラを見るという体験ができるのが魅力です。ブルー・ラグーンにはバーもあるので、温泉につかりながらお酒を楽しむことも可能です。これも一人旅にぴったりな理由となっています。ただしブルーラグーンはとても人気なので、事前にチケットを購入しておく必要があります。できれば予約購入をするのであれば1週間ほど前までにはしておくほうが良いです。チケットは時間帯によって価格が違いますので、しっかり比較してから購入するほうがお得です。ケプラビーク空港から直接ブルー・ラグーンへ行けるバスもありますので、アイスランドに到着してすぐに温泉を楽しむのも良いでしょう。

アイスランドの世界遺産と国立公園

世界遺産のシングヴェトリル国立公園 “アイスランドの「シングヴェトリル国立公園」は首都レイキャビックの北東50km程にある国立公園です。公園内にあるシンクヴァトラ湖にはシルフラというダイビングスポットがありますので、ダイバーの方の一人旅にも人気です。シルフラの水の透明度の高さはかなりのもので、最大で300m先まで見えるといわれています。水温はおよそ4度と低いのですが、人気のダイビング・シュノーケリングスポットとなっています。ダイビングはツアーに申込むことができますので前もって申込んでおくと良いでしょう。

アイスランド国内にはあちこちにギャウと呼ばれている大地の裂け目がありますが、国内で最も大きなギャウがあるのがこのシングヴェトリル国立公園です。そんなギャウの間を歩いて見てまわることができますのでゆっくりと堪能してみるのも良いでしょう。このギャウは音をよく反響させるという特徴があることから930年頃には世界で最も古いといわれる議会が開かれたことでもよく知られています。そんなはるか昔の出来事を想像しながらギャウの景色を楽しんでみるのも面白いでしょう。ギャウの道を進むとその先には水をたたえたギャウに出会います。断崖に挟まれたギャウも迫力がありますが、水辺のギャウはまるで日本の川を思い出させるような、どこか懐かしいものなので違った魅力を楽しんでみるのも素敵です。この公園では古き歴史を感じながら自然豊かな景色を堪能することができるのが魅力となっています。2004年には世界遺産にもなっていますのでアイスランドを訪れたら一度は見ておきたい景色です。”

氷河の洞窟「アイスケーブ」を見てみよう アイスランドには世界第三位の規模を誇る氷河の洞窟「アイスケーブ」があります。この氷河は何千年もの時を経て圧縮された純度の高い氷で、太陽光の中で青色の光のみを通すため、氷河の洞窟内は言葉にできない美しい青色の世界となっています。夏の間に空洞ができて、冬になるとまた凍りますので入場することができるようになります。ですから、アイスケーブを見たいのであればぜひ冬に訪れるのが良いです。アイスケーブを訪れることができる期間は11月下旬から3月中旬頃までとなっており、簡易的なアイゼンをつけて入ります。洞窟内に滞在できる時間は40分間と決まっていますが、その間絶景を楽しむことができます。一人旅をするのであればこういったツアーで訪れられるような場所を旅の予定に入れておくといろいろ楽しみやすいです。アイスランド国内で氷河はおよそ10%を占めていますが、ヴァトナヨークトル氷河はその中でも最大級の氷河の洞窟です。場所はレイキャビックから東へ360㎞ほど走った場所ですが、公共の交通機関がないため、レンタカーを借りるかツアーを利用して出かけるしかありません。ただレイキャビックから行けるツアーで日帰りのプランはなく、1泊2日の予定になりますからそのつもりで日程をたてておくと良いです。ツアーでなくともレンタカーで出かける場合も首都からの距離を考えるとアイスケーブの近くで宿を見つけておくほうがゆっくりと見学することもできますし、アイスケーブについてもいろいろと聞いたりして勉強になるチャンスもありますので、1泊はする予定にしておくといいでしょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-旅行・レジャー
-, ,

関連記事

アメリカ・デラウェア州のおすすめ観光スポット

デラウェア州はアメリカの大西洋岸中部に位置しています。 デルマーバ半島の北東部を占め、南西部はメリーランド州に、北東部はニュージャージ州、北はペンシルベニア州に接しています。

夏休みに家族で旅行したい三重県のおすすめスポット3選

待ちに待った夏休み。子供達にとっては嬉しくてたまらない毎日の始まりです。 せっかくなら色々な体験を子供にもさせたいですし、大人も一緒に楽しみたいものです。 そこでおすすめの旅行先である三重県の紹介をし …

地元民おすすめ!千葉県旅行の穴場スポット3選

千葉県を旅行すると、地元民でしか知らないようなスポット、いわゆる穴場スポットというものが存在します。 人もそこまで多くなく、それでいて楽しめるところが多いため、千葉県を旅行する際にはそういったスポット …

手ぶらでOK!伊良湖オートキャンプ場で楽しもう

キャンプやアウトドアを楽しみたいけれども、必要な道具を持っていないという人は多いですよね。 日頃からアウトドアに興じている人であれば、すでにそのような道具を持っていて楽しんでいるわけで、アウトドアをし …

動物と触れ合える!「よこはま動物園ズーラシア」で癒やされよう

横浜には、個性的で人気のある動物園がいくつもありますが、その中の1つに「よこはま動物園ズーラシア」があります。 ここは公益財団法人横浜市緑の協会が管理する動物園で、横浜市旭区にあり、「生命の共生、自然 …

楽天モーションウィジェット