初心者には難しい?トランペットの魅力

トランペット
金管楽器の花形とも呼ばれるトランペットは、吹奏楽部やオーケストラの他、ジャズやソロなど幅広い分野で活躍する楽器です。

「ペット」と略称されることも多く、子供が見ても「ラッパ」とわかるくらい、その認知度は音楽関係者でなくても高いものであるといえます。

さて、そのトランペットですが、初めてトランペットを吹くという方、習ってみたいという方は多いのではないでしょうか。

個人的な印象ですが、吹奏楽部で習いたい楽器ランキングでは、サックスやクラリネットに負けない人気があるようで、その人気は野球でいうとピッチャーや4番といったものに匹敵するかもしれません。

舞台でいえば主演級の扱いなのかもしれません。

もちろんそれがトランペットのすべてではありませんが、魅力がある楽器というのは納得できるものです。

スポンサーリンク

トランペットを始めてみよう

トランペットに限らず、金管楽器全般は、初心者が独学で勉強するにはあまりにも基礎知識がありません。

また、単独でレッスンをしてくれる講師の先生も多くいますが、一度のレッスン料が高く、継続してレッスンを受けるというのは、費用の負担も大きいものです。

そこでお勧めできるの練習方法があります。

部活動やバンド団体に入る

学生さんであれば、トランペットを扱う部活動やサークル活動に入ることです。

これは、楽器や音楽の魅力にひかれた人は自然と入部するかと思いますが、やはり、日常的に練習する機会を作る必要があります。

そのために、自ら練習する環境を作っていくのです。

また、先輩からの指導や顧問の先生の指導を受けられるほか、楽器の貸し出しもしてもらうことで、初心者が始めるために必要な基礎知識と道具をそろえることができます。

一般の方や社会人の方が初心者として初めて行く場合は、かなり時間に限りがありますが、初心者歓迎の一般バンドや活動団体がありますので、そこの門をたたくという方法があります。

環境は違えど、部活動と同じような練習環境を得ることができ、基礎を学ぶにはよいかと思います。

初心者から始める人にとって大切なことは、練習する環境を作り、それを楽しむことです。

では、どうすれば楽しむことができるかというと、それはもちろん、上達していることを実感し、演奏がうまくなることです。

さらに言えば、合奏での一体感や、難易度の高い曲や自分の好きな曲を吹き切った時の達成感を得ることです。

とはいっても、これらを実現するためには基礎練習は大切です。

できれば毎日練習する環境がほしいところです。

マウスピースで基礎練習

トランペットは楽器の管の部分と吹き口の部分が別れます。

吹き口の部分をマウスピースと呼びますが、楽器が吹けない時にはマウスピースで基礎練習をすることができます。

スポーツ選手が体を鍛えることと同じように、楽器奏者にとって必要な口の筋肉を鍛えるのです。

楽器屋さんや書店には、基礎練習のメソッド本が存在します。

また、初心者向けの楽器ごとの練習本もあります。

プロはどの分野においても基礎を大切にし、基礎にて終わります。

これはトランペット奏者にとっても同じものです。

一番楽しくない時間でもありますが、管楽器にとって大切なリップスラー、ロングトーン、タンギング、早指は抑えていきたいところです。

話は戻りますが、トランペットが吹けなくても、マウスピースだけででも始められます。

最初はうまくいかないのは当然です。

体がトランペットを吹くために鍛えられていないのですから。

日々の練習をしっかりこなせば確実に音が出てきます。

音が出れば音階が出てきます。音階が出せれば、メロディーが出ます。

こうして練習していくのです。

たくさん音を聞いて、理想の音をイメージする

トランペットの上達は、かなり個性が出ます。

また、熟練したとしても、完璧にマスターできるわけではないのです。

口の大きさ、息遣い、唇の形などによって、かなり個性のでる楽器でもあります。

では、練習してもうまくならないのか?というと、そういうわけではありません。

ここでもう一つ大事なことがあります。

それは、自分の理想とする音がどんなものかをイメージすることです。

一番手っ取り早いのは、コンサートに赴いたり、CD鑑賞することで、トランペットの音をたくさん聞くことです。

自分の吹きたいトランペットの音というものを目標に描くだけで、かなり変わってきます。

特にわかりやすいのは、吹奏楽コンクールなど、一同に多くの団体が集まる会に行くことです。

レベルの高い学校、低い学校を聞き分け、そこで初めて「良い音」がわかるようになります。

さらに、課題曲など、共通の曲の演奏を聴くことでその違いが分かるようになります。

トランペットはいくらする?

トランペットの値段はピンキリです。

初心者のうちは・・・と思いながら、安いものから手を付ける人もいるでしょうが、できれば管楽器専門店などでアドバイスを聞いてください。

人が思っている以上に、トランペットというのは種類や目的用途が多方面です。

自分のしたい音楽に合わせた楽器を選ぶとよいでしょう。

最後に

ここまでいろいろとトランペットについて述べてきましたが、上達の近道はイメージすることです。

度々書きますが、まずは楽しむこと。

そして、日々の上達を実感することが初心者の楽しみ方です。

そして、仲間と曲を演奏し、人から拍手をもらった時にこそ、味わえる感動があるのです。

ほかの楽器に比べ、上達の壁は厚く、うまくならないと感じることも多い楽器ですが、その分、人に与える感動は素晴らしいものです。

体系や性別は関係ありません。

「トランペットが吹きたい」と思った時が夢の舞台への第一歩なのです。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-ミュージック, 趣味
-,

関連記事

フリマアプリ「ブクマ!」の特徴や使い方

フリマアプリの中でも、「ブクマ!」は本を販売するのに特化しているという特徴があり、スマートフォンから出品することができます。 自分の売りたい価格で売ることができますので、専門業者の買取よりも、高い値段 …

自分のセンスや感性で!彫刻を習ってみよう

図工や美術の授業で彫刻をしたことがある方は多いでしょう。 本格的に趣味として始めることも奥が深くておもしろいです。

運動不足解消!ウォーキングを始めよう

運動不足解消に気軽に始められるのがウォーキングです。 ただ、ウォーキングは一人では味気ないこと、続けることが難しいこと、飽きやすいことなどが難点です。 ウォーキングを楽しく継続させるポイントを紹介しま …

ストームのBTOパソコンの特徴や評判は?

ストームは、多くの有名企業や理系国立大学、官公庁・研究所に納入実績がある、BTOパソコン販売店です。 個人向けのパソコンも組立・販売を行っており、他社よりも品質が高いパーツを使用したBTOパソコンを、 …

「手作り・雑貨&クラフトフェア」で見つけるハンドメイドの魅力

手作り・雑貨&クラフトフェアや、ホビーイベントで販売されているハンドメイド品には、既製品にはない独特の魅力があります。 高度な技術を持つ方が作った高品質な物から、ユニークなアイデアを使った便利なグッズ …

楽天モーションウィジェット