調剤薬局事務はどんな仕事?未経験でも働ける?

調剤薬局事務という名称は、あまりなじみがありませんが、処方箋を渡して笑顔で受け取ってくれる方は、大抵調剤薬局事務員です。

仕事内容も色々ありますが、未経験の人でも歓迎はされます。人材派遣会社から、派遣されて来る方も多いようです。

スポンサーリンク

調剤薬局事務の主な仕事の流れ

大まかな仕事内容の流れは、患者の受付と処方箋の情報入力、レセプト作成、会計です。他にも裏方の作業として、医薬品の検品や入庫作業、発注、薬剤師の補助や雑務などがあります。

薬局によって、少しずつ仕事内容は異なるかもしれませんが、受付から会計までの流れと、雑務が調剤薬局事務の仕事となります。

特に必要な資格はありませんので、未経験からでも始められる仕事となりますが、薬剤師から指示されるさまざまな雑務に対応できる臨機応変さと、細かな数字や情報を扱うケースもままありますので、数字に得意な人や、細かい作業が好きな人に、向いている職業と言えるでしょう。

また、患者は日々絶えませんので、忙しい職場でもあります。仕事の忙しさになれている人や、体力に自信のある人も向いているでしょう。

医療事務とは、若干仕事内容は異なりますが、医療事務として働いていた人も、歓迎されやすい傾向にあります。

調剤薬局事務がメジャーになってきたのは最近ですが、安定性が強い点が最大のメリットです。女性が多いですが、男性もいらっしゃいます。

未経験でも大丈夫ですが適性はあります

調剤薬局事務は、民間資格があり薬剤師のように、国家資格は必要ありませんので、未経験でも大丈夫です。しかし、特殊な職場なだけあって、向き不向きはあると思うので、薬局で仕事をしたことのある人のほうが、有利ではあります。

資格も、ないよりあったほうがいいですが、どちらかというと現場で慣れていったほうが、いい仕事だと言えます。

薬剤師とのコミュニケーションや、薬剤師の仕事をスムーズにするためのサポート役が、調剤薬局事務員ですので、迅速でミスのない作業も求められます。

病院の門前薬局は、特にハードになりやすいですが、落ち着いて作業を進めていくことが、一番効率のいいやり方と言えるでしょう。

働くときは、特に小さなお子様のいる女性では、体調や都合に合わせることも必要になりますので、ハードな薬局かそうでないか見極めることも大切です。

病院から離れているところは、比較的空いているとみていいでしょう。慣れるまでの苦労は、本当に大変だと言われていますが、知識やスキルが身についていくと、一生ものの仕事になる可能性も高いです。

接客業としての一面性

仕事は、事務員でありながらも、接客業の顔を持っています。具合の悪い患者さんを、笑顔で迎えることがポイントとなります。

具合の悪い患者さんに対し、無愛想な態度で処方箋を受け取ってしまったら印象が悪くなり、薬局自体の評判も下がる可能性が高くなりますので、注意しましょう。

この仕事で一番やりがいを感じるときは、患者さんから名前を覚えてもらえたり、ありがとうと言ってもらえたりする時だという人もいます。

処方箋を扱っている薬局というのは、どちらかというと地域密着型ですので、長く通っている患者さんも中にはいます。

もし、環境の変化などがあり、慣れない土地で働くとしても、一人一人元気になるための、お手伝いをするというつもりで配慮していくことで、薬局の信頼度もあがります。

そのため、薬剤師だけではなく、患者さんとのコミュニケーションも必要になってきますので、なるべく笑顔を絶やさないことが秘訣となります。

また、患者さんからも薬剤師からも信頼されるようになると、仕事もはかどり楽しくなりますので、地道な努力が必要となります。

調剤薬局事務員のメリットとデメリット

この業界は、一度慣れてしまうとまず職に困ることがない点です。

正社員の募集は、非常に少ないとも言われていますが、非正規雇用だとしても、薬局は全国にたくさんありますので、どこでも働くことができ、何歳になっても歓迎されやすいといった点にあります。

働き方も、自由に選べるといったメリットがあり、小さいお子様がいる場合はパートとして時短勤務ができたり、週2~3日程度の出勤でも大丈夫なところが多いです。

ただしデメリットとしては、仕事内容に対し、お給料がそこまで高くないという点が挙げられます。しかし、これは薬局ごとに異なりますし、経験の豊富さや民間資格などを取得することで、待遇がよくなる場合もあります。

また、薬局はさまざまですので、働く前に一度調査しておくことをおすすめします。

特にその薬局で働いている人たちの、人間関係はチェックしておきましょう。人間関係は、働きやすさに影響してきますので、雰囲気が明るく感じのいい薬局であれば、思い切って面接を受けてみるのがいいと思います。

一生もののスキルを、身につけましょう。

最後に

調剤薬局事務は、大まかな流れ作業は決められていますが、迅速で正確な情報処理をミスなくこなしていくスキルと、接客業的なスキルが求められています。

向き不向きがはっきり分かれる職業ですが、慣れてしまえば一生働くことができます。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-仕事・資格
-, ,

関連記事

住宅建築・販売に携わる資格「商業施設士」

商業施設士は、デパートやショッピングモールなどの商業施設全体のプランニングやコンサルティング、設計や施工、管理を行うスペシャリストです。 安全で快適な商業空間を設計して、お店づくりや街づくりに貢献でき …

成長の手助けができる!保育・教育に携わる資格「児童心理司任用資格」

児童心理司とは、主に児童相談所等で心理学の専門的な知識に基づいて、子どもやその保護者の心理判断をし、心理学的見地から援助する職員のことです。

医療事務の仕事に就きたい人におすすめの資格

日本のみならず、多くの先進国で高齢化が進む昨今において、医療事務への需要は大きく高まっています。 一口に医療といっても、実際に患者さんに携わる業務もあれば、お金に関する手続きを行う業務もあります。 自 …

美容やファッションに関わる資格:色彩検定

色彩検定とは、そのものずばり、色に関する知識を問う資格試験です。 とても人気のある資格の1つで、正式には「ファッションコーディネート色彩能力検定」と言います。

会社にとって欠かせない存在!経理の資格「消費税法能力検定」

事業を行うと言うことは、お金の動きが必ずあります。顧客に対して請求したり、物品を購入するために支払ったり、物品を輸入するときの関税の支払いなどさまざまです。 どんなに動きのない事業者と言えども、なんら …

楽天モーションウィジェット