ちょっと変わった大人の趣味、UFO探査を始めてみませんか?

はるか宇宙に思いを馳せる人は、この世には多いでしょう。

宇宙というものは、無限の空間であり、無限の可能性を秘めた未知なる存在なのです。

その宇宙のどこかから飛来してくるとされているのが、UFO(未確認飛行物体)なのです。

スポンサーリンク

あなたもUFOを目撃できる?

UFOに関する予備知識を身につける

UFOとは地球外生命体により建造された飛行物体とされています。

つまり、宇宙人が乗っている乗り物なのです。

UFOは世界各地で目撃情報が報告されています。

その情報を信じるか信じないかによって、少し変わった大人の趣味であるUFO探査に入門できるか否か決まります。

UFO探査を本格的に自分の趣味とするならば、まずはその知識を身につける必要があります。

地球外生命体、すなわち異星人は存在するという前提で趣味を始めなければいけません。

異星人の存在に懐疑的であれば、趣味とすることは難しいでしょう。

異星人の存在を信じるところから始まります。

まず、我々地球人が何故存在しているのか、ということを考えてみると、異星人が存在してもおかしくないという結論に到達するはずです。

地球も宇宙に存在する惑星のひとつなのですから、この広い宇宙空間において地球のような知的生命体が住む惑星が存在しても不思議ではないのです。

ですから、知的生命体であるということは、我々地球人のように文明が発達し、宇宙へと旅立てる乗り物を建造することが出来ても不思議ではないのです。

UFOは存在するかもしれない、という考えを常に抱いていれば、未確認飛行物体の探査を趣味とすることが出来るようになるでしょう。

UFO探査の準備をする

UFOの存在について、世間では賛否両論あります。

賛否両論あるということは、未確認飛行物体の探査を趣味とすることは、変わった趣味と捉えられてしまう可能性が大きいです。

しかし、そこで挫けて趣味とすることを諦めてはいけません。

自分が信じることを追求して調べていくことは、科学の基本なのです。

これは、趣味の域を超えて、科学という学術の領域に区分されるかもしれません。

過去の偉大な科学者たちも、最初は変わった人という扱いを受けていました。

しかし、大きな発見をしてからは、変わった人から偉大な人へと人々の見方が変わっていったのです。

つまり、変わった人と偉大な人は紙一重な存在なのです。

その偉人の仲間入りをするべく、UFO探査の準備を進めていきます。

まず、UFO探査は科学的な領域であることを認識する必要があります。

ですから、出来る限り科学的根拠に基づいた探査を行うのが理想的と言えるでしょう。

最初に準備するのは探査用の道具です。

空を見上げて探査を行うことが基本となりますので、望遠鏡や双眼鏡は必須アイテムと言えるでしょう。

そして、可能であればアマチュア無線の資格を取得しておくと役に立つかもしれません。

地球外生命体が、地球で使われているような周波数で無線のやり取りをしている可能性は低いですが、もしかすると地球で使われているような周波数で交信を行っているかもしれません。

そのような場合に、無線を使いこなすことが出来れば、地球外生命体の交信を傍受することが出来るかもしれません。

そして、UFOの目撃情報が多い地域を調べます。

ここまでが準備段階です。

実際にUFOの探査を開始してみる

UFOの探査の準備が整いましたら、実際に未確認飛行物体の探査を開始します。

どこでも手あたり次第に探査するのではなく、インターネットなどでUFOの目撃情報が多い地域を検索して調べておき、その場所で探査を始めるのが良いでしょう。

自宅の近所に目撃情報があれば、その場所へ赴き、望遠鏡や双眼鏡を使って空を観察します。

無線が使える人なら無線機も持って行くと良いでしょう。

目撃情報が多い場所が自宅からかなり遠方にある場合は、自宅の付近の公園などで探査を開始します。

探査では、望遠鏡を覗いたり双眼鏡を覗いたりしていますので、通りすがりの人が見たら天体観測をしているのかと思われますので、UFOの探査に抵抗を感じている人も、周りの人の目を気にせず安心して探査を続けることが出来ます。

しかも空を観測しているわけですから、不審者扱いされることもありません。

心置きなく未確認飛行物体を探査することが出来ます。

UFOの探査を続けていても、現実的にはなかなか遭遇することは難しいでしょう。

UFOを目撃できる確率というのは、宝くじに当選するようなものと考えておいた方が良いかもしれません。

その方が、探査を長い間続けてUFOを目撃できなかったとしても、落胆が少なくて済みます。

目撃できるかどうかは、運の要素も非常に強いのです。

ですから、目撃できなかったからといって、UFOの存在を即座に否定するようなこととなるのは悲しいことなのです。

未確認飛行物体の探査を趣味とすることは、宇宙への探求心をより駆り立てることとなります。

未知なる宇宙へ思いを馳せることは、とてもロマンチックなことなのです。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-趣味
-

関連記事

フリマアプリ「Selsee」の特徴や使い方

近頃では、スマートフォンの普及率が高くなるにつれて、様々なアプリが配信されています。 フリマアプリに関しても、多種多様なアプリがリリースされていますが、なんと最近では、自動車専門のフリマアプリも登場し …

家にいるのが楽しくなるインドア派の趣味:株

株といえばそれは資産運用、投資であって、いくら家にいたいインドア派の人であってもそれは趣味ではないだろうという人がいるかもしれません。 しかし、その人が楽しみとしてやっていることであって、例えば時間を …

「デザインフェスタ」で見つけるハンドメイドの魅力

デザインフェスタは、アジア最大のハンドメイドとホビーイベントです。 ハンドメイド雑貨から、アパレル、アート、絵画、写真、パフォーマンス、ジャンルとスタイルを問わない、あらゆるタイプのアートに出会えるイ …

手先が器用じゃなくても大丈夫!ドールを趣味として始めるには

リカちゃん人形のような女児用玩具でも、自分が楽しめるのならそれは趣味です。 球体関節人形だとサイズが大きく、生産数が少ないものや素材によってはかかる金額は変わってきますが、どれも等しくドールです。 お …

女性が思わず惚れる!ダーツが趣味だとモテる理由は?

ダーツは専用の道具が必要となるため、自分で道具をそろえるかまたはダーツバーなどに通うかしなければなかなかできません。 そのため子どもの遊びというよりは、大人ならではの趣味となる傾向にあります。 大人の …

楽天モーションウィジェット