健康意識を伸ばそう!健康に関する資格:運動療法士

理学療法による治療と一言で言ってもその種類は様々ですが、その中でも良く行われている治療の一つに運動療法と呼ばれる治療方法があります。

これは身体の運動を他動的に行ったり自動的に行うもので、健康を維持したり向上させるためには重要な方法です。

ではそんな運動療法に関する資格である運動療法士というのは具体的にどのようなことを行っていくのでしょうか見ていきましょう。

スポンサーリンク

運動療法士の資格概要

運動療法士になる為には資格の取得が必要になりますが、では、その資格とはどういったものなのでしょうか見ていきましょう。

まず資格の特徴についてお伝えします。

この資格は高血圧や高脂血症、肥満、糖尿病といった生活習慣病を患っている人を対象として、それぞれの体力や運動能力の科学的測定評価を行い、体の状態や健康状態に合わせて正しい運動処方を行う為に必要な知識と技能を認定する資格となっています。

受験資格としては、東京療術学院の運動医療コースを2クール以上受講を終えている方で、整体の卒業試験に合格をした方が受けることができるようになっています。

また資格の取得方法ですが、 東京療術学院卒業生の為の組織である東日本療術師協会の認定資格にて、整体や運動医療コースなどの選択したコースに必要な単位を取得することです。

ちなみに入学は随時可能となっています。

この試験は2007年からスタートしていて、取得するまでの期間の目安は約15カ月となっています。

そして取得をすれば最適なトレーニング法の提案や実施、カウンセリング技術などのスキルを身に付けることができるようになっています。

将来的な需要について

近年は仕事が忙しいことが原因となって生活習慣や食生活が乱れている方が増えてきています。

それに伴って健康状態の悪化も深刻になってきていて、高血圧や高脂血症、糖尿病などの生活習慣病を患っている方は増えてきています。

また少子高齢化も相まって日本人の健康状態に関しては不安が大きくなる一方です。

しかし、それをそのまま放っておくと動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞といった命に係わる病気を発症してしまうかもしれません。

そこで、近年注目されているのが病気になってから治療を始めるのではなく、病気にならないように予防する事で、その方法の一つとして運動療法は適した予防方法となっています。

個人個人の運動能力や健康状態に合わせた適切な運動指導を行うことができますので、その人に適した健康づくりができるようになります。

また、その仕事は病院ではもちろんですが、福祉施設や介護施設、あるいはフィットネスクラブ、企業、学校などでも取り入れられるようになっていくことが予想されますので、そういった意味でも運動療法士は社会で広く必要とされる存在になっていくでしょう。

指導やサポートの対象となる患者さん

運動療法によって健康状態を維持したり、向上させたりすることができるようになりますが、では運動療法士が治療の対象としている病気とはどういったものなのでしょうか見ていきましょう。

運動療法では、脳出血や脳梗塞、くも膜下出血といった脳疾患によって体が思い通りに動かすことができなくなった場合や、体のマヒによって筋肉や関節が硬くなり過ぎた場合などに、運動療法士が指導する事で、筋肉や関節をほぐして身体が動かしやすくなるようにサポートすることができます。

また高齢者の方は骨折なども多くなりますし、その他には腰痛症や脊柱管狭窄症、ヘルニアといった病気を患っている方に対して行える運動を提案したりサポートすることもできます。

その他にも運動療法士が対応する患者さんとしては、循環器系疾患、主に生活習慣病を患っている方や慢性閉塞性肺疾患、肺気腫、慢性気管支炎などの患者さん、肥満症や糖尿病などの腎障害を患っている方、さらには癌の治療で長期入院をされている方の筋力低下を予防する為など様々な患者さんのケアを行うことができるようになります。

具体的な仕事内容とは

運動療法では様々な疾患を患った患者さんを対象として治療を行っていきますが、では具体的にはどのような仕事を行っていくのでしょうか。

まずは患者さんの身体の状態や病気などを知る必要があります。

その為には当然カルテを見るだけではなく、カウンセリングなども行っていきながら、どのような治療方法を行えば良いのかを考えていきます。

そしてカウンセリングの結果、どのような治療方法を行えば良いのか決定をして、それぞれの治療に入っていきます。

具体的には、関節が動きづらくなっている患者さんに対しては解剖学的な構造をもとに関節を動かし、可動範囲や動きの滑らかさを改善していく治療を行います。

これは血液やリンパなどの循環系の改善に利用されることもある治療法になります。

他には、炎症や体を動かさない期間が長期化してしまったことで固まった筋肉や神経を円滑に動かせるようにする為にストレッチなどの治療を行う事もあります。

これは運動療法士が他動的に行う場合もあれば、患者さんが自らストレッチを行う場合もあります。

この他にも筋力増強運動や持久性運動などを、それぞれの患者さんに適した方法で治療を行っていくのが運動療法士の仕事内容になります。

最後に

運動療法士は、生活習慣病など人間が切っても切り離すことができない病気によって引き起こされる様々な不具合を運動によって治療していく仕事です。
これから少子高齢化がどんどんと進むことが予測される日本では、さらに需要が増える仕事ですので、役立つ資格となるでしょう。

一般社団法人 東日本療術師協会
東京療術学院

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-仕事・資格, 民間資格

関連記事

「会計ソフト実務能力試験」に代わる資格とは

次々に、新しい資格が生まれる現代では、残念ながら廃止になってしまう資格もあります。 その一つが、会計ソフト実務能力試験です。

航空関係の仕事をしたい人にピッタリの資格:定期運送用操縦士(飛行機・回転翼)

パイロットは旅客や貨物の輸送、遊覧、写真撮影などのために航空機を操縦して、目的地まで正確に運搬する仕事をしています。 航空会社や航空測量業、報道、遊覧サービス業などで仕事に従事しています。

事務職に向いている人、向いていない人の特徴は?

「事務職」というと、女性に人気な職種な印象があります。 ただ、事務職と言っても、誰にだってできる仕事なわけではありません。 どんな人が、事務職に向いている人なのか、逆にどういった人は向いていないのか。 …

当たり前をきちんと知る!日本語の資格「作文・小論文検定」

日本語は、世界でも有数の難解な言語と言われています。同じ言葉でも、複数の言い回しがあります。 使い方を誤れば、別の意味にもとられかねません。

当たり前をきちんと知る!日本語の資格「諺能力検定試験・ことわざ検定」

ことわざは、日本の代表的な文化の一つです。 昔の人たちの知恵や、教訓が盛り込まれた日本語であり、小学校の学校教育などで学ぶ機会も少なくありません。

楽天モーションウィジェット