カードゲーム「UNO」のルールや楽しみ方

スポンサーリンク

UNOはどんなゲーム?

UNO(ウノ)とは、トランプゲームの『クレイジーエイト』を元に、遊びやすく分かりやすいルールに改良された、専用のカードを使用するカードゲームです。

トランプを使用するカードゲーム、『アメリカンページワン』に似ていることでも知られています。

UNOには名前の由来もあり、スペイン語やイタリア語で【1】を意味する、「ウーノ」が由来とのことです。

最後の1枚になったら「ウノ」と言うルールは、こういった理由からなのです。

言うまでもないかもしれませんが、UNOは日本だけでなく世界中で販売されており、2017年現在で既に45年以上もの歴史がある、世界的に非常に有名なカードゲームです。

恐らくトランプのカードと同じくらい、老若男女の全ての年代の人に、広く知られているのではないでしょうか。

UNOが世界中で人気の理由の一つは、運要素が大きく関わっていることで、誰もが勝てる可能性があるということが挙げられます。

カードゲームの多くは運に左右されるものも多いのですが、面白いカードゲームというものは、運だけでは勝てない作りになっているものです。

そして勿論、UNOも運だけでは勝てないカードゲームなのです。

UNOの秀逸な点は、【同じ色か同じ数字を手札から出す】というシンプルなルールながら、数字カードだけを使用するのではなく、記号カードと、特殊カードのWild系カード、この2つのカードの存在が、運のみに頼らない戦略的なカードゲームへと、昇華させている最大の要因です。

2016年にUNOの発売から45周年となり、基本的なルールは同じものの、リニューアル版が発売されてルールとカードの追加が行われました。

UNOの基本ルールとゲーム進行

・使用するカードについて

4色(青・赤・緑・黄)のカードと、色指定の無い特殊カード、計108枚の専用カードを使用します。

カードの種類は、0~9の数字カード(0は各色1枚、1~9は2枚ずつ)、記号カード(3種類、各色2枚ずつ)、特殊カード(2種類、4枚ずつ)、で構成されています。

リニューアル版は特殊カード(2種類、1枚と3枚)が加えられ、計112枚となっています。

・ゲームのルールと進行について

1~2回もプレイすればすぐに覚えられますので、できるだけ簡潔に説明します。

①親決め(カードを配ったり、最初のカードを開く)
公式ルールではカードを引き、一番大きい数字の人が親となる。

②親は各プレイヤーに、7枚ずつ裏返しにカードを配る。

③配り終えたら、残ったカードを裏返しのまま中央に置き、1枚だけ表にしてカードの山の隣に置く。

④ゲームスタート。
親から順に時計回りに、手札から出せるカードを出す。
無ければ山札から1枚引く。

⑤手札のカードが残り1枚になったら「ウノ!」と宣言する。
宣言し忘れたまま次の人の番になった場合、山札から2枚引かなければならない。

⑥手持ちのカードが無くなり、一番早く上がれた人が勝ち。

⑦最後の1枚が役札であれば効果を実行し、残りのプレイヤーは手札の点数を計算し順位を決める。

UNOはローカルルールも多いためか、点数のことは知られてないことが割と多いです。

点数制度はアメリカンページワンのルールの名残であり、500点先取の【国際ルール】と、回数制の【日本ルール】が存在しています。

記号カード・特殊カードの効果

【記号カード】

・Draw two(ドロー2)カード
次の番の人に山札から2枚引かせ、1回休みにさせる強力なカードです。

・Reverse(リバース)カード
順番を左右逆にします。
時計回りで進行していた場合、反時計回りとなります。
2人プレイの時はスキップと同じ効果。

・Skip(スキップ)カード
次の番の人を1回休みにさせます。

【特殊カード】

・Wild(ワイルド)カード
いつでも出すことができ、場の色を変更し指定できます。

・Wild Draw Four(ワイルドドロー4)カード
最も強力なカードで、場の色を変更することができ、次の番の人に山札から4枚引かせ、尚且つ1回休みにすることができます。
ただし、場のカードと同じ色が手札にあると出すことができない。
効果を受けた人は本当に手札に場の色が無いか確認することができる(チャレンジ)。
成功すると、ドロー4を出した人が4枚引くことになり、失敗した場合は6枚引くことになる。

【リニューアル版で追加された特殊カード】

・とりかえっこワイルド
指定した相手と手札を全て交換できる。

・白いワイルドカード
ルールを自由に書き込める。

UNOの魅力と戦略について

UNOにはローカルルールが多く、それは同時にルールの発展性の高さでもあり、それがきっかけで、白いワイルドカードという新たなカードも誕生しました。

UNOはアメリカンページワンよりも、運要素だけを必要とせず、絶対的な戦略は存在しません。

あえて言うならば、記号カードをギリギリまで残し、ウノを宣言した人の上がりを阻止するのが基本です。

しかし、勝てるかどうかプレイするまで分からない、それこそがUNOの面白さであり、魅力でもあります。

是非一度、御自分で体験してみてください。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-ゲーム, ホビー
-

関連記事

DAMEYA-NETの鉄道模型の魅力と特色

鉄道にワクワクしたことはありますか? もしくは、プラモデルとか、ものを作るのが好きだったりしませんか? 鉄道模型というのは、プラモデルや、いわゆる模型の中でもとりわけ独創性が高いです。 自分の好きなよ …

海洋堂のフィギュアはココがスゴイ!

海洋堂といえば、食玩やカプセルトイのミニチュアフィギュアが有名ではないでしょうか。 海洋堂のフィギュアの魅力を紹介します。

いま振り返りたい家庭用ゲーム機の歴史:セガサターン

セガサターンは日本が世界に誇る歴史的なゲーム機といってもいいでしょう。 セガの名前がこれによって、日本だけではなく世界的にも知られるようになったものでもあります。

知らないと後悔する!シミュレーション系のスマホゲームアプリおすすめ4選

スマホ用アプリのシミュレーションゲームは数多く出されていますが、無料で遊べるものも沢山あります。 中には徹夜をするほどハマってしまうような名作もあり、何度でも繰り返し遊びたくなるものです。今回は、そう …

鉄道模型初心者のよくある質問

Nゲージは日本で最もポピュラーな鉄道模型です。 レールや車両、その他の鉄道関連の設備やジオラマ用の小物などが多く販売されていて、自由度が高いことが最大の魅力です。 多くの鉄道模型初心者が抱く疑問点と、 …

楽天モーションウィジェット