日本の伝統ゲーム「うんすんカルタ」の魅力と遊び方

うんすんカルタは室町の風情が満喫できる日本独自のカードゲームです。

うんすんカルタ

By Outlookxp (Own work) [CC BY-SA 4.0], via Wikimedia Commons
スポンサーリンク

うんすんカルタとは?

うんすんカルタは室町時代にポルトガルからもたらされたトランプを元に、日本で独自に作り替えられたカルタです。

最初にポルトガルから伝わったトランプは「南蛮かるた」と呼ばれ、それを模倣して作った国産品を「天正カルタ」と呼んでいました。

天正カルタは4種類のスートからなり、それぞれ1~12までの強さからなる12ランクで構成されていました。

18世紀の初頭、元禄の終わり頃から宝永の初め頃に、ゲームをより複雑にするために天正カルタを元にして、新たにうんすんカルタが考案されました。

「うん」はポルトガル語で「1」を、「すん」は「最高」を意味しています。

「うんともすんとも言わない」という言葉は、うんすんカルタで遊んでいて困った状態に陥った様を表すという説もあります。

うんすんカルタは賭博に用いられることが多く、取り締まりの対象とされたためか普及した形跡がほとんどありませんが、唯一、熊本県人吉市にその遊び方が伝わっており、県の重要無形民俗文化財に指定されています。

うんすんカルタのカードの種類

5種類のスートがあり、それぞれ15枚、全部で75枚から構成されます。

スートはハウ(棍棒)、イス(剣)、コツ(聖杯)、オウル(貨幣)、グル(巴)です。

各カードは数札が1~9までと、絵札が6枚あります。

絵札はソウタ(女性)、ウマ(騎馬の武者)、キリ(武者)、ウン(福の神)、スン(唐人)、ロバイ(竜)となっています。

絵札やスートは地域によっては別の呼び方がされる場合があります。

スートによってカードの強弱に違いがあるため、ルールが大変複雑になっています。

特にルールを複雑にしているのが、スートによって数の強弱が逆になっていることです。

スートのうち「ハウ」と「イス」を長物(ながもの)、「コツ」、「オウル」、「グル」を丸物(まるもの)といいます。

長物は数の多い順に強く、丸物は数の少ない順に強くなることに注意が必要です。

うんすんカルタの遊び方「八人メリ」

最も一般的に行われてる遊び方です。

カードゲームの世界で一般にトリックテイキングと言われる方式でゲームが進行します。

8人が2組のチームに分かれ、敵味方が交互になるように円形に座に座ります。

各プレイヤーに3枚ずつ3回に分けてカードを配ります。

1人9枚の手札となり、残り3枚は中央に置かれます。

山札から1枚がめくられこれが切り札となります。

1回ごとにプレイヤーは1枚ずつ手札を出し、最も強いカードを出したものがその回の勝ちとなります。

最初に出す人のカードを台札と呼び、台札と同じスートで最も強いカードを出した人が勝ちとなりますが、切り札のスートの方がより強いため、これらを勘案して最も強いカードを出した人が場にあるカードをすべて取りその回の勝者となります。

ドイツやアメリカで今も遊ばれているウィザードに似たところがありまです。

これを9回行って、多くの勝ち(コと呼ばれます)を取ったチームの勝ちとなります。

うんすんカルタの魅力

うんすんカルタに描かれた絵柄は大変趣き深く、室町時代にタイムスリップしたかのような感覚が味わえます。

遊ぶためではなく、コレクションの対象にしたい方もいらっしゃるでしょう。

昭和40年に熊本県の重要無形民俗文化財に指定されて保存会も出来ましたが、当時、遊び方を知っているのはごく少数のお年寄りだけだったという話もあります。

最近では保全と普及に向けての活動が盛んとなっており、2004年には日本とポルトガルによる友好親善うんすんカルタ大会が開催されました。

室町時代から受け継がれた伝統あるカードゲームを後世に残すための活動が盛り上がりを見せており、ネットで取り上げられることも多くなってきています。

現在では市販されており簡単に購入することが可能で、気軽にご自宅や友達とプレイすることが出来ます。

いろいろな遊びのバリエーションがあって3人からでも遊べるルールもあります。

本格的なルールには細則が多く存在しており、しかもそれぞれのアクションやルールに独特な呼び方があります。

例えば山札のことを「オキエ」と呼び、切り札のスートを「エ」と呼びます。

切り札以外の平札のスートは「ハエ」と呼ばれます。

このような専門用語が多数あるために、初心者が経験者と混じって遊ぶにはなかなか難しいものがあるかもしれません。

場合によってはお家や仲間うちでのローカルルールを作って気楽に遊ぶのも良いでしょう。

なんとも不思議な魅力をもったうんすんカルタは、他では見られないオリジナリティ溢れるカードです。

是非一度この趣きあるカードを体験してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-ゲーム, ホビー
-

関連記事

ボードゲーム「カルカソンヌ」のルールや楽しみ方

スポンサーリンク カルカソンヌはどんなゲーム? カルカソンヌ(Carcassonne)は数多くのボードゲームの中でも人気が高いゲームです。 ドイツで生まれ、ドイツ年間ゲーム大賞やドイツゲーム大賞などを …

閲覧&ネタバレ注意!トラウマになったゲーム4選

ゲームは基本的に楽しさを提供してくれますが、時としてトラウマを心に植えつける事があります。 トラウマになるほど衝撃的なゲームは、怖い事を売りにしたホラーゲームだけではなく、意外にもアドベンチャーやアク …

ドールハウスの制作期間はどれくらいかかる?

人それぞれ自分好みの趣味を持っているものですが、どんなものも没頭している間は時間が過ぎるのが早く感じられるものですよね。 その中でも特に時間がかかるものの代表として、ドールハウスの製作が挙げられます。 …

プラモデルやフィギュアの塗装に!アメリカーナの特徴と使い方

プラモデルやフィギュアの塗装に使えるコストパフォーマンスに優れた塗料をお探しの場合、注目を集めているアメリカーナについてはチェックしておきましょう。 使い勝手がよく、独特の魅力があります。その特徴をま …

カードゲーム「ごきぶりスープ」のルールや楽しみ方

スポンサーリンク ごきぶりスープはどんなゲーム? ごきぶりスープとはまた何ともいえない名前を付けたものですが、これはドイツ生まれのカードゲームです。 このカードゲームは特に作戦とかテクニックなどは何ら …

楽天モーションウィジェット