紫外線対策に有効な食品は?

紫外線対策に有効な食品は抗酸化作用が期待できる食品です。
体内から紫外線対策を行うことで、全身の紫外線対策に役立てることができます。

紫外線を浴びることで活性酸素が発生し、様々な悪影響を体に与えます。
そのため、活性酸素対策ができる抗酸化力の強い食品を積極的に摂ることが紫外線対策になります。

スポンサーリンク

有効的な栄養素

積極的に摂ると有効な栄養素としては、ビタミンCやビタミンE、βカロテン(ビタミンA)などがあります。
野菜や果物、魚介類やナッツ類などから摂ることができますので、積極的に摂るとよいです。

ビタミンCは美容にも良いとされる栄養素で、抗酸化作用があるだけでなく、免疫力を高めてくれたり、ストレスへの抵抗力を高めてくれるなどの働きがあります。
水溶性のビタミンですから、水に溶けやすいため、まるごと食べたり、汁ごと食べたりするほうが効果的です。

緑黄色野菜や果物に多く含まれています。
熱にも弱いですから、そのまま食べるのがおすすめです。
緑黄色野菜や果物をジュースにして摂ると栄養素の損失が防げますし、手軽に摂ることができます。

ビタミンCは必要以上に摂取しても体外に排出されてしまうという特徴があります。
そのため、量そのものよりも、摂るタイミングが重要になります。
一回に大量に摂るよりも、こまめに分けて摂ったほうが有効です。
そのため一日三回の食事で毎回摂取したほうが効果的な紫外線対策ができます。

ソラレンに注意

注意したいのが、紫外線を浴びたときにシミを作ってしまうソラレンを含む食品です。
ソラレンには光毒性があり、紫外線を浴びることで肌にダメージを与えてしまいます。

ビタミンCを多く含む食品のなかには、ソラレンも多く含む食品があるため、注意が必要です。
ソラレンを多く含む食品は、レモンなどのかんきつ類やきゅうり、セロリ、パセリ、しそ、三つ葉、アセロラ、キウイといったものです。

ソラレンを含んでいる食品は食べるタイミングに注意しましょう。
朝や日中は避け、夜に食べることでソラレンの悪影響を避けながら、紫外線対策に役立てることができます。

ビタミン類

ビタミンEは、魚介類やナッツ類、ゴマなどに多く含まれている脂溶性のビタミンです。
活性酸素により脂質が酸化することを防ぐ働きが期待できます。
脂溶性のビタミンですから、油で調理することで吸収しやすくなります。

紫外線対策のために積極的に摂りたい栄養素ですが、過剰摂取するのもよくありません。
サプリメントなどを利用するときには摂り過ぎに注意しましょう。

βカロテンは体内でビタミンAになります。
かぼちゃやにんじん、ほうれん草といった緑黄色野菜にたくさん含まれています。
脂溶性ビタミンであるため、油で調理すると吸収率をアップすることができます。

ビタミンC、ビタミンE、ビタミンA、この三つを含んでいる食品はより効果的に紫外線対策に役立てることができます。
この三つの栄養素をバランスよく手軽に摂ることができる食品のひとつがイチゴです。

イチゴであればソラレンも含まれていませんから、朝食に安心して食べることができます。
ビタミンCは熱に弱かったり、洗うときに水で栄養が流れやすかったりしますが、イチゴならさっと洗って丸ごと食べることができます。
ヘタをとってから洗うと栄養が流れやすくなりますので、そのまま洗って食べましょう。
手間もかかりませんから、忙しい朝にもピッタリです。
ビタミンCは食後に摂ったほうが吸収しやすいため、食後のデザートとして食べるのがおすすめです。

イチゴに限らず、ラズベリーなどのベリー系はポリフェノールもたっぷり含まれていますので高い抗酸化力が期待できます。
マンゴーも紫外線対策におすすめの食品です。
ビタミンAもたっぷり含まれていますし、ビタミンCビタミンEも豊富に含まれています。

手軽に食べられる食品であるバナナも抗酸化力の高い、紫外線対策向きの食品です。
ビタミンB2やビタミンB6も多く含まれていますので、皮脂のコントロールにも有効です。
バナナはむくだけで食べられますから、洗ったりすることでビタミンが流れてしまうという心配もありません。

カボチャやピーマンにもビタミンC、ビタミンE、ビタミンAがバランスよく含まれています。
メニューに取り入れやすい食品ですから、積極的に摂るとよいです。

アスタキサンチンにも高い抗酸化力があります。
アスタキサンチンを多く含む鮭なども紫外線対策によい食品です。
肌を守るためにはタンパク質も大切ですから、タンパク質も抗酸化作用のあるアスタキサンチンも同時に摂れる食品は便利です。
鮭なども積極的に食べて、体の内側から紫外線対策をしましょう。

紫外線を浴びた後には、特にタンパク質や亜鉛などが必要となります。
タンパク質は細胞の元ですし、亜鉛は肌の新陳代謝を促すなどの働きがあります。
タンパク質を多く含む卵やチーズ、大豆や大豆製品、乳製品などや、亜鉛を多く含む海苔や牡蠣、納豆などを夕食に取り入れることも紫外線対策として有効です。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-ビューティ, フード
-, , ,

関連記事

花粉症予防・改善が出来るハーブティー:ペパーミント

毎年スギ花粉の季節になると、目や鼻につらい症状が出て、苦しむ人の数が急激に増えます。 日本全国の山に、植樹された杉から花粉が飛散する季節になると、多くの人が花粉が原因のアレルギー症状に苦しめられるよう …

人気のヘアスタイル「ハーフアップ」のメリット・デメリット

色々なヘアスタイルがありますが、不器用で難しいスタイルは作れないという女性も、多いのではないでしょうか。 このような悩みを抱えている方におすすめの、人気ヘアスタイル「ハーフアップ」の魅力を確認してみま …

まだまだ寒い日に食べたい湯豆腐に入れると美味しくなる薬味!【タラ】

まだまだ寒い日に食べたい、湯豆腐に入れると美味しくなる薬味、それはタラです。 吐く息も白い季節には、日本人であればなんといっても、心も体も温まる食べ物です。湯豆腐は、あっさりとした美味しさと温かさで、 …

ファスティングダイエットの効果と正しいやり方

「ファスティング」とは、断食や絶食をする事を言います。 食事は栄養を摂取する上でも必要な事ですが、毎日食べているとどうしても内臓を休める事ができません。 ファスティングを行う事によって内臓を休ませる事 …

身体を温める野菜【山芋】

スポンサーリンク 食事に山芋を取り入れよう 野菜には体を温める効果が期待出来るものと、体を冷やす効果が期待出来るものがあります。 上手に活用する事が食生活においても必要です。 通常、体を温める効果が期 …

楽天モーションウィジェット