プラモデルやフィギュアの塗装に!Vカラーの特徴と使い方

Vカラーは株式会社イリサワが販売している塗料です。

この塗料の特徴は、一般的な塗料では難しく定着しづらいソフビに塗れることにあります。

スポンサーリンク

ソフビやPVCに適した塗料を探しているならVカラー

ソフビ(ソフトビニール)はアニメやゲーム、映画などのキャラクターやモンスター、恐竜や動物、デフォルメキャラ、ガチャポンなどの玩具に利用されています。

それらの原材料として使われているPVC(ポリ塩化ビニル)は、アクリル塗料やエナメル塗料では塗装しづらく、無理に塗装するとひび割れたり、表面が剥がれることがあるため注意が必要です。

PVCの特徴として、金型が安く量産に向いている、引火性が低い、原材料が比較的安価になっており、可塑剤が使用されているため、力を込めて押すと凹む柔軟性を持っています。

そのようなソフビ製品に最適化された専用塗料のVカラーは、塗装するだけでなく下地としても使えるという特徴があります。

先程触れたように、ソフビに対してアクリル塗料やエナメル塗料を使って塗装することはできませんが、このVカラーを下地として使えば、その上からアクリル塗料やエナメル塗料、水性塗料をつかって重ね塗りできるため、アニメに登場したままのカラーリングから塗装が劣化した表現までも目指せます。

ソフビ製品の多くは塗装済み完成品が販売されているため、塗装する機会は少ないかもしれませんが、Vカラーさえあれば塗装の劣化をリペイントできます。

Vカラーは混合溶剤を原料としているため、塗装作業の際には使用上の注意をよく読んだ上で、換気を十分にしてから行いましょう。

また使用後は小さなお子さんの手の届かない場所に保管してください。

Vカラーの使い方

塗料、塗料皿、Vカラー専用シンナー、筆、調整スティック、キッチンペーパー、塗装用マスク、手袋などを用意し、風通しが良く換気できる場所で作業してください。

最初に塗装用のマスクをしてください。

塗料には石油由来の溶剤を原料としていることやシンナーを利用するため、かなり強い塗料臭がします。
個人差がありますが、頭がツーンとしたり、痛くなったりする方もいるので、塗装用のマスクをすることをおすすめします。

次に塗料皿に塗料を適量載せ、Vカラー専用シンナーを使用して、塗料1:2~3シンナーの割合で希釈しましょう。

希釈が終わったらソフビを塗っていきます。

もし塗料の粘着性が強いと感じたら、さらに専用シンナーを少量垂らして希釈し、筆に馴染みやすいようしましょう。

ソフビを塗る際には、塗料が目や口などに入ったりしないように気をつけながら塗装してください。

塗装後の乾燥はかなり早いですが、季節によっては5~20分ほど待ってから再塗装すると良いでしょう。

最近ではフィギュアのリペイントにチャレンジする方が増えているため、Vカラーシリーズに注目が集まっています。

使用上の注意として、喚起の良い場所で作業すること、塗装用マスクをして臭いを吸わないようにすることです。

また非常に溶剤が強いため、プラスチックやABS樹脂、ポリスチレンなどの模型やフィギュア、プラモデルに利用するのは避けてください。

使用上の注意をよく守り、ソフビやその下地として利用していくと存分に性能を発揮してくれます。

多彩なカラーリング、下地にも

Vカラーや姉妹製品であるVカラースプレーを使えば、下地としても使えます。

この2つを塗装し乾燥させれば、その上からエナメル塗料やアクリル塗料、水性塗料などを使って再塗装できます。

例えば、フィギュアで色落ちしてしまった眉毛や口紅、髪の色など様々な分野の下地として使えるため便利です。

また怪獣や恐竜フィギュアのように身体に凹凸が多くある場合には、スプレーでシュッと吹きかけてやると隙間にも簡単に塗装できるので、作業を楽にしてくれます。

乾燥したらアクリル・エナメル・水性塗料を使って、元のような色合いに塗り直してやると、きれいなフィギュアにリペイントできるでしょう。

Vカラーのカラーリングとして、全37カラーが用意されています。

隠蔽力が高く白を表現できるホワイト、髪の毛からボディースーツにまで利用できるブラック、光沢感を感じられる蛍光カラー、ツヤ消しホワイトやブラックなども豊富に揃えており、ほとんどのフィギュアの表現を再現できます。

ソフトビニール製のフィギュアは数多く制作されています。

手に馴染みやすく、指で押すと弾力があることが魅力となっており、プラスティックのような素材よりも人に近い皮膚表現が可能なことから、主に人間を模したフィギュアや恐竜やモンスターなどに加えて、特撮ドラマのヒーローものに使われています。

小さなお子さんにも触れることのできるフィギュアに使用されているVカラーは、健康に害となる有害な鉛化合物、重金属は一切使用していないため安全です。

Vカラーはフィギュアの塗装に最適化された高性能な専用塗料として利用されています。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-フィギュア, ホビー
-

関連記事

いま振り返りたい家庭用ゲーム機の歴史:セガサターン

セガサターンは日本が世界に誇る歴史的なゲーム機といってもいいでしょう。 セガの名前がこれによって、日本だけではなく世界的にも知られるようになったものでもあります。

カードゲーム「クロノノーツ」のルールや楽しみ方

スポンサーリンク クロノノーツはどんなゲーム? クロノノーツはアメリカの近代史をテーマとしたSFテイストのカードゲームです。 プレイヤーはタイムトラベラーとなって、タイムパラドックスを修復したり、歴史 …

プラモデルやフィギュアの塗装に!シタデルカラーの特徴と使い方

プラモデル作りにおいて、進化しているのは塗装技術だけでなく、使いやすさが考えられた塗料の登場も見逃せません。 使い勝手の良い塗料は、フィギュアの塗装にも適していますから、新しい塗料の可能性を知ると、作 …

閲覧&ネタバレ注意!トラウマになったゲーム4選

ゲームは基本的に楽しさを提供してくれますが、時としてトラウマを心に植えつける事があります。 トラウマになるほど衝撃的なゲームは、怖い事を売りにしたホラーゲームだけではなく、意外にもアドベンチャーやアク …

ボードゲーム「ハイパーロボット」のルールや楽しみ方

スポンサーリンク ハイパーロボットはどんなゲーム? ハイパーロボット(Ricochet Robots)はプレイヤー全員が同時に1つのパズルを解いていく、早解きゲームのようなボードゲームです。

楽天モーションウィジェット