野菜の専門家!野菜ソムリエの資格とは?


野菜ソムリエという名称を聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。

芸能人でもこの資格を取得する人も増え、人気を上げている資格の一つです。

近年、比較的簡単に取得することのできる資格を日常生活に役立てるために取る人も増えています。

スポンサーリンク

野菜や果物のスペシャリスト!野菜ソムリエ

野菜ソムリエとは、野菜や果物に関する、ありとあらゆる知識を学んだスペシャリストのことを指します。

あくまでもこれは資格の名称であり、現実的には野菜ソムリエという職業があるわけではありません。

本来、この資格は八百屋などで必要とする青果販売業者向けとして生まれた資格でした。

なぜこのような資格が始まったのかというと、日本では野菜不足が深刻化しています。

どうすれば野菜の魅力を伝えて、野菜を好きになってもらえるかというところからスタートしたものです。

そのため八百屋だけでなく、スーパーやデパートなどの青果コーナーに勤める人や、野菜農家、卸業者など、野菜の生産や販売にかかわる仕事に就いている人には、非常に役立つ仕事といえます。

そして野菜ソムリエとしての知識は、野菜に関わる仕事だけでなく、食に関係するすべての仕事に役立つといえます。

カフェやレストランなどの飲食店はもちろんのこと、クッキングスタジオのインストラクターとしても非常に役立つ資格です。

そして調理師や栄養士の資格を持ち仕事をしている人が、スキルアップとして野菜ソムリエの資格を取得するというケースも多く見られます。

食に関するすべてのことをプロデュースすることができるフードコーディネーターや、幼い子供たちに食べることの大切さや、食べ物に関する栄養についてなどを伝えていく食育指導士などとも関係してくる資格です。

また、美容関連の仕事や、食に関する記事を書くライター、企業で食品の商品開発に携わるなど、野菜ソムリエの資格を持っている人の活躍の場は、どんどん増えている傾向にあります。

野菜ソムリエの種類と試験について

それでは実際に、野菜ソムリエの試験はどのようなものであり、資格を取得するためにはどうすればよいのでしょうか。

まず野菜ソムリエの検定には、初級、中級、上級の3種類があります。

試験を受けるためには、それぞれの級の養成講座を修了していることが条件となります。

しかし、いきなり中級や上級を受けることはできません。

必ず初級からスタートし、すべてを獲得したいのであれば、順を追って取得を目指すこととなります。

初級の場合は野菜ソムリエ試験という名称で、テキストからまんべんなく問題が出され、きちんと勉強さえしていれば解くことができ、比較的簡単に資格を取得することができるといえます。

中級と上級では野菜ソムリエ検定という名称になり、問題の難易度も上がります。

テキスト以外からの問題が出ることも多くなるので、テキストを一通り勉強するといった方法では、取得することは難しくなります。

さらにプレゼン形式の口頭試験が行われることもあり、より高い能力が必要になります。

上級の試験は実際の合格者もかなり少なく、難易度は非常に高いことが予想されます。

野菜ソムリエの合格率について

それでは野菜ソムリエ検定の合格率とはどのくらいなのでしょうか。

まず初級試験の合格率は約85%と公表されています。

試験は500点満点で、そのうち7割の350点以上が合格点となります。

テキストを一通り勉強しておけば、ほとんどの人が合格することができるといえます。

マークシート方式で、試験時間は120分間ですが、意外と時間が足りなくなり慌ててしまう人も多いと言われているので、試験を受ける際にはスピードを意識して回答した方がよいとも言えます。

それでは野菜ソムリエ検定と呼ばれる中級や上級の合格率はどうなのでしょうか。

中級の合格率は約30%と公表されていて、初級よりも難易度が高くなり、取得は難しいものであることがわかります。

一次試験では筆記試験が行われ、二次試験では口頭試験が行われます。

採点基準は初級と同じように7割以上が合格点となっていますが、初級がマークシート方式の試験であるのに対し、中級は記述式となっています。

またテキスト以外からの問題も出題されるため、日ごろから食に関する情報は豊富に収集しておくことが大切になります。

二次試験で行われる口頭試験は、プレゼンテーション方式になります。

自分が身につけた知識を分かりやすく他人に伝えるという能力が問われる試験です。

この能力が野菜ソムリエにとっては、最も重要な能力であるといえるのです。

上級試験はこれまでに試験を受けた人数も少ないことから、合格率は公表されていません。

中級の試験の合格率が約30%であることから、それよりもさらに合格率は低くなり、取得は非常に難しいということがわかります。

上級の一次試験では、ビジネスの場で必要となる事業計画書審査という物もあり、より高度な力が要求されることになります。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-仕事・資格, 民間資格
-, ,

関連記事

公務員になるための試験:家庭裁判所調査官補

家庭裁判所調査官補は、公務員の中でも職種が限られる専門職です。 難関な資格試験の1つです。

宅建事務はどんな仕事?未経験でも働ける?

宅建事務は、不動産屋さんに関係する事務を行う仕事です。 実はその業務は、不動産屋さんの規模によって大きく異なります。内容によっては、未経験者であっても働くことができます。 事前に、よく調べておくことが …

住宅建築・販売に携わる資格「建築士」

建築士になるには、国家資格を取得する必要があります。 まず国家試験に合格することが必要ですが、学歴と実務経験などの受験資格を満たしていないと、試験が受けられません。

ニッチな外国語の資格:インドネシア語技能検定試験

外国語学習というと、みなさんはどの言語を思い浮かべるでしょうか。 世界には様々な言語があり、メジャーなところで英語やスペイン語、フランス語、中国語の他、イタリア語やドイツ語、韓国語など実に様々な言葉を …

営業事務の仕事に就きたい人におすすめの資格

営業事務の仕事には、明確に「これを取っておけば大丈夫!」という資格はありません。 ただし、業務の中で必要な知識に関して、資格試験を通じて勉強しておいた方が良いという事は多々ありますので、順に紹介してい …

楽天モーションウィジェット