肌の潤いを保つビタミンB6は【バナナ】で摂ろう!

バナナは甘いから太りそうと想われがちですが、果物の甘みは果糖によるもので、カロリー自体は高くありません。

寧ろ、ビタミンB6をはじめ、豊富な栄養素を含んでおり、高い美容効果が期待できます。

万能フルーツとも称されるバナナの魅力に迫ります。

スポンサーリンク

若返り効果が期待できる

バナナには、整腸作用があるほか、免疫力を高める効果や肌のコンディションを整える効果が期待できます。また、美容に好ましいとされる、ビタミンB群を豊富に含んでおり、バナナには一種の若返り効果も期待できます。

昨今、皮膚の衰えを感じている女性を対象に、4週間バナナを食べ続ける実験が行われ、皮膚の変化が検証されました。その結果、皮膚の水分値や油分値、そして弾力において高い改善効果が確認されました。

バナナを食べ続けることで、腸内環境が整うことになり、それが皮膚に良い影響を及ぼすと考えられるわけです。皮膚と腸内環境の密接な関連性は明らかになっており、バナナの肌の潤い効果が確認出来たことになります。

実験参加者の体重の変化を見ると、極端な体重の増加は見られず、寧ろ質の良い排便習慣になっていたことが分かっています。年齢とともに腸の弾力性も衰えてきますが、それが分泌などの原因ともなりがちです。

また、腸内のビフィズス菌の量も減少するので、腸内環境自体が衰えてきます。

バナナは、ビフィズス菌等の善玉菌を増やす食物繊維と、フラクトオリゴ糖を豊富に含んでいるので、腸の働きを活性化することが期待できるわけです。

ビタミンB6の美容効果

バナナには、抗酸化作用が期待できるポリフェノールと、美容ビタミンと称されるビタミンB群が豊富に含まれています。

中でもビタミンB6は、100グラム中0.38ミリグラムと、ビタミンB群の中では最も多く含まれており、高い美容効果が期待できます。

食物繊維類による整腸作用で腸内環境が健康になれば、老廃物の排出が促進されることになり、新陳代謝も活発になります。それによって、肌荒れや吹き出もの等の肌トラブルの改善にもつながると言えます。

また、肌荒れの原因に活性酸素が挙げられますが、活性酸素は肌細胞を直に傷つけてしまい、シミやシワなど肌の老化を招きます。それに対して、ポリフェノールには高い抗酸化作用があり、肌の老化を防止できるわけです。

さらに、バナナに含まれるビタミンB群は、紫外線によって傷ついた組織の修復に必要な補酵素成分となっており、皮膚の抵抗力を高める作用も期待できます。

そして、ビタミンB2は、皮膚の新陳代謝と血管循環に関わっており、不足すると皮膚の毛細血管が拡張し、充血の原因となります。

バナナには、それに対しても高い抑制作用を及ぼすことになります。

継続的摂取でトラブル予防

バナナにも含まれているナイアシンは、ニコチン酸アミドであるビタミンB3の一種で、欠乏すると皮膚炎や口内炎、そして神経炎や下痢などの症状を引き起こします。

そして、ビタミンB6が欠乏すると、情勢に多い肌荒れである脂漏性皮膚炎の原因となります。また、症状が進むと口角炎や手足のしびれにつながることもあります。

それ故、バナナを継続的に摂取することで、これらの症状を防止することが期待できるわけです。昨今、夏場でもエアコンの影響で室内が乾燥しています。それのため、皮膚が乾燥しがちになり、肌荒れの原因となります。

また、室温と外気温の差が10度以上になると、腸内環境に支障を来す恐れがあります。そうした事に対して、バナナは豊富な食物繊維とビタミンで、身体の内側からサポートする働きがあります。

現在は女性だけでなく、男性も紫外線によって皮膚にダメージを受けやすくなっており、皮膚の光老化症状を起こしています。

それ故、男女ともに若いうちから食生活にバナナを取り入れることは、大変意味のあることだと言えます。

バナナの望ましい保存方法

美味しく食べて綺麗になれるバナナは、理想的な食物の一つになっています。

腸内環境の改善と、皮膚の状態の関係性には謎の部分も多いですが、実験や調査で効果が明らかになっている点を踏まえれば、毎日、続けて摂取することに相当な意味があります。

特にサプリメントなどに頼らず、自然の食物でビタミンB6を摂取できることの意義が大きく、誰もが手軽に摂取できることに大きなメリットがあります。

しかも、栄養価が高く吸収も早いので、食欲が不振の場合でも平気で食べられたりします。何よりも、一年を通じて入手することができるので、毎日の摂取に最適な食材になっているわけです。

生で食べることで、バナナに含まれる栄養素や酵素を効果的に摂取できますが、冷凍にしても成分に大きな変化はありません。それ故、まとめ買いをして一本ずつラップをして冷凍庫に保存するのがおススメです。

但し、常温での保存が一番美味しく食べることができ、涼しい場所に吊り下げるのが最善の保管法です。凍らせたバナナは季節の果物などと合わせて、解凍しながら食べるのも新たな美味しさの発見となります。

最後に

バナナには、筋肉に必要な必須アミノ酸をはじめ、カリウムやマグネシウム等のミネラルも豊富に含まれています。

カロリー的には一本100グラムあたり約86キロカロリーと、ご飯一杯や食パン一枚よりはるかに低カロリーです。

まさに、万能フルーツだと言えます。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-フード
-, ,

関連記事

超美味!納豆に「ごま油」をちょい足し!

いつものタレで食べてもおいしい納豆ですが、ちょい足しをして、違った美味しさを楽しめるのも納豆の魅力の一つです。いろんな食べ方がありますが、中でもごま油はおすすめです。 味だけでなく、香ばしい香りで風味 …

ダイエット中でも食べてOKな豚肉の効果:疲労回復

ダイエットを行うときには、食べ物には気をつける必要があります。 特に、肉類は御法度と思っている人も多いと思いますが、ダイエット時には豚肉はおすすめです。

三重県に行くなら絶対食べたい!ご当地グルメ5選

三重県の東側には、伊勢湾や熊野灘などの海域があり、西側では鈴鹿山脈に囲まれているため、多様な食材が生産されています。 木曽三川の流域でもあるため、穀倉地帯としても発達しており、豊かな小麦食文化も根付い …

お米を美味しく炊く裏技:サラダ油を加える

日本人の米離れが進んでいるといわれながらも、やはり日本人にとって無くてはならないのが炊き立てのご飯の存在です。

春の食材を使って作りたい!今食べるととびきり美味しい春野菜:ブロッコリー

ブロッコリーは、春の時期に旬を迎える食材で、今では日本の食卓にも欠かせない存在になりました。 この時期には、適度な寒暖差もある影響で、ブロッコリーに代表される春野菜は、甘さが特に素晴らしくなります。 …

楽天モーションウィジェット