肌の潤いを保つビタミンB6は【バナナ】で摂ろう!

バナナは甘いから太りそうと想われがちですが、果物の甘みは果糖によるもので、カロリー自体は高くありません。

寧ろ、ビタミンB6をはじめ、豊富な栄養素を含んでおり、高い美容効果が期待できます。

万能フルーツとも称されるバナナの魅力に迫ります。

スポンサーリンク

若返り効果が期待できる

バナナには、整腸作用があるほか、免疫力を高める効果や肌のコンディションを整える効果が期待できます。また、美容に好ましいとされる、ビタミンB群を豊富に含んでおり、バナナには一種の若返り効果も期待できます。

昨今、皮膚の衰えを感じている女性を対象に、4週間バナナを食べ続ける実験が行われ、皮膚の変化が検証されました。その結果、皮膚の水分値や油分値、そして弾力において高い改善効果が確認されました。

バナナを食べ続けることで、腸内環境が整うことになり、それが皮膚に良い影響を及ぼすと考えられるわけです。皮膚と腸内環境の密接な関連性は明らかになっており、バナナの肌の潤い効果が確認出来たことになります。

実験参加者の体重の変化を見ると、極端な体重の増加は見られず、寧ろ質の良い排便習慣になっていたことが分かっています。年齢とともに腸の弾力性も衰えてきますが、それが分泌などの原因ともなりがちです。

また、腸内のビフィズス菌の量も減少するので、腸内環境自体が衰えてきます。

バナナは、ビフィズス菌等の善玉菌を増やす食物繊維と、フラクトオリゴ糖を豊富に含んでいるので、腸の働きを活性化することが期待できるわけです。

ビタミンB6の美容効果

バナナには、抗酸化作用が期待できるポリフェノールと、美容ビタミンと称されるビタミンB群が豊富に含まれています。

中でもビタミンB6は、100グラム中0.38ミリグラムと、ビタミンB群の中では最も多く含まれており、高い美容効果が期待できます。

食物繊維類による整腸作用で腸内環境が健康になれば、老廃物の排出が促進されることになり、新陳代謝も活発になります。それによって、肌荒れや吹き出もの等の肌トラブルの改善にもつながると言えます。

また、肌荒れの原因に活性酸素が挙げられますが、活性酸素は肌細胞を直に傷つけてしまい、シミやシワなど肌の老化を招きます。それに対して、ポリフェノールには高い抗酸化作用があり、肌の老化を防止できるわけです。

さらに、バナナに含まれるビタミンB群は、紫外線によって傷ついた組織の修復に必要な補酵素成分となっており、皮膚の抵抗力を高める作用も期待できます。

そして、ビタミンB2は、皮膚の新陳代謝と血管循環に関わっており、不足すると皮膚の毛細血管が拡張し、充血の原因となります。

バナナには、それに対しても高い抑制作用を及ぼすことになります。

継続的摂取でトラブル予防

バナナにも含まれているナイアシンは、ニコチン酸アミドであるビタミンB3の一種で、欠乏すると皮膚炎や口内炎、そして神経炎や下痢などの症状を引き起こします。

そして、ビタミンB6が欠乏すると、情勢に多い肌荒れである脂漏性皮膚炎の原因となります。また、症状が進むと口角炎や手足のしびれにつながることもあります。

それ故、バナナを継続的に摂取することで、これらの症状を防止することが期待できるわけです。昨今、夏場でもエアコンの影響で室内が乾燥しています。それのため、皮膚が乾燥しがちになり、肌荒れの原因となります。

また、室温と外気温の差が10度以上になると、腸内環境に支障を来す恐れがあります。そうした事に対して、バナナは豊富な食物繊維とビタミンで、身体の内側からサポートする働きがあります。

現在は女性だけでなく、男性も紫外線によって皮膚にダメージを受けやすくなっており、皮膚の光老化症状を起こしています。

それ故、男女ともに若いうちから食生活にバナナを取り入れることは、大変意味のあることだと言えます。

バナナの望ましい保存方法

美味しく食べて綺麗になれるバナナは、理想的な食物の一つになっています。

腸内環境の改善と、皮膚の状態の関係性には謎の部分も多いですが、実験や調査で効果が明らかになっている点を踏まえれば、毎日、続けて摂取することに相当な意味があります。

特にサプリメントなどに頼らず、自然の食物でビタミンB6を摂取できることの意義が大きく、誰もが手軽に摂取できることに大きなメリットがあります。

しかも、栄養価が高く吸収も早いので、食欲が不振の場合でも平気で食べられたりします。何よりも、一年を通じて入手することができるので、毎日の摂取に最適な食材になっているわけです。

生で食べることで、バナナに含まれる栄養素や酵素を効果的に摂取できますが、冷凍にしても成分に大きな変化はありません。それ故、まとめ買いをして一本ずつラップをして冷凍庫に保存するのがおススメです。

但し、常温での保存が一番美味しく食べることができ、涼しい場所に吊り下げるのが最善の保管法です。凍らせたバナナは季節の果物などと合わせて、解凍しながら食べるのも新たな美味しさの発見となります。

最後に

バナナには、筋肉に必要な必須アミノ酸をはじめ、カリウムやマグネシウム等のミネラルも豊富に含まれています。

カロリー的には一本100グラムあたり約86キロカロリーと、ご飯一杯や食パン一枚よりはるかに低カロリーです。

まさに、万能フルーツだと言えます。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-フード
-, ,

  • Title

    […]here are some hyperlinks to web pages that we link to simply because we believe they are worth visiting[…]

  • -->

    関連記事

    高カカオチョコレートの知られざる効果!【善玉コレステロール値を増やす働き】

    最近、よく耳にするようになった高カカオチョコレートは、美肌効果や動脈硬化の予防、血圧の低下、疲労回復、ストレスの緩和、便秘の改善、アレルギーの改善などさまざまな効果と効能があります。

    花粉症予防・改善が出来るハーブティー:フェンネル

    フェンネルは、和名で茴香(ういきょう)と呼ばれる植物で、セリ科に属しており、黄色の花を咲かせます。花が咲く時期は8月から9月ですが、強い生命力を持っている多年草です。 もともとハーブとしての効能が有名 …

    まだまだ寒い日に食べたい湯豆腐に入れると美味しくなる薬味!【わかめ】

    まだまだ寒い日に食べたい湯豆腐は、入れると美味しくなる薬味として、海藻のわかめがあります。 意外と感じるかもしれませんが、程よい塩加減と味わいは薬味として、立派にお豆腐を美味しくさせる格上げ要素となり …

    お鍋の味に飽きたらトマト鍋!トマト鍋の魅力とは?:リコピンによる血糖値の低下

    トマトは、南米ペルー原産のナス科の野菜で、江戸時代の初めに日本に入ってきたといわれています。 その魅力はおいしさと栄養、そして様々なバリエーションでお料理に活用できるということでしょう。

    お鍋の味に飽きたらトマト鍋!トマト鍋の魅力とは?:リコピンによる美白効果

    冬の間は、色々な食材をバランス良く摂取できるお鍋を頻繁に作る人が多いようです。 野菜も豊富に取り入れることができますので、日頃野菜不足の人にも、最適のメニューです。 気温が低いと、ただでさえ体が冷えて …

    楽天モーションウィジェット