肌の潤いを保つビタミンB6は【柿】で摂ろう!

肌の潤いにも役立つビタミンB6も含む柿には、健康的で美肌にも役立つ栄養がたっぷり入っています。

際立って多く含まれるのはビタミンCであり、βカロテンも含むので、皮膚や毛髪なども美しくする栄養で満たされています。

スポンサーリンク

古い栽培暦を持つ秋の味覚の柿

カキノキ科の落葉樹である柿は、熟した状態は食用であり、幹に関しては家具材として使われます。葉っぱの部分まで使われるのは、お茶として飲むことができるためです。

果実部分には、豊富なタンニンの栄養を含有しており、温暖な地域で栽培をされる果物です。日本からヨーロッパへと1700年代に伝わり、北アメリカには1800年代に伝わっています。

国内では沖縄を省く、全ての都道府県での栽培がされていて、最も生産量が多いのは奈良県です。温暖な気候を持つ土地で、甘い状態で育つので、温暖な土地での栽培が向いています。

そのままの生で食べるのが一般的ではありました、干して甘みを凝縮させ、長く保管して食べることもできます。生食や干した状態以外でも、さまざまな加工で食べられています。

菓子商品への加工やジャム、洋館にゼリー、ソフトクリームやカレーにお酢、果実酒やチョコレートなど、柿の加工した食品はとても数多くあります。

アメリカでは、パーシモンプディングという、柿を材料としたプディングもあり、アメリカでの伝統料理です。

肌の潤いを助けるビタミンB6は柿から摂取

肌の潤いを保つビタミンB6は、秋に旬を迎える柿で摂ることができます。水溶性ビタミンであるビタミンB6は、ビタミンB群の一種です。

たんぱく質との関わりも深いビタミンであり、たんぱく質と脂質からエネルギーを作り出す役目があります。アミノ酸がいくつも結びついてたんぱく質になりますが、分子が大きいのでそのまま吸収はされないです。

分解をされてから、再び合成をして、本来のたんぱく質としての活躍ができます。たんぱく質をスムーズに分解をして、アミノ酸にするのはビタミンB6の働きであり、体の中でアミノ酸を合成させる補酵素としての役割も持ちます。

アミノ酸が体の中で使い切れなかったときにも、エネルギーへと変えるためにも利用されています。女性ホルモンとの深いかかわりもあるので、血液中に存在をするビタミン6は生理前になると濃度が下がります。

これが引き金となり、吐き気や頭痛を感じたり、PMSを招きやすくなります。

十分なビタミンB6があることで、肌荒れを予防することにもなりますし、粘膜や皮膚に毛髪などまで、健やかに保ちやすくなります。

柿に含まれている有効成分

柿は栄養価が高いことでも知られる果物であり、秋の味覚としてもトップクラスで栄養に長けた果実です。ミネラルのカリウムを豊富に含みますので、塩分であるナトリウムを、スムーズに排出をすることができます。

過剰な塩分は体内では不要ですから、カリウムにより高血圧の予防をすることもできます。運動を長い時間した時など、けいれんを起こすことがありますが、カリウムの働きでそれを予防することができます。

ビタミンAとともに、ビタミンCの含有量も素晴らし果実です。柿を1日に1個食べるだけで、成人が1日あたりに必要とするビタミンCの栄養を、十分に補えるほどのビタミンを持ち合わせています。

ビタミンAとビタミンCの豊富さゆえに、疲労回復や風邪の予防をはじめ、がん予防にもなりますし、アンチエイジングのためにも良い果実です。

二日酔いにも最適といわれるのは、果実に含まれるタンニンとビタミンCのタッグのおかげです。両方の栄養には飲酒をして、血液の中へと入り込んだアルコールの成分を、強力に外へと出す働きがあります。

自然な甘みの美味しい柿

秋に旬を迎える自然な甘みに恵まれた柿は、おいしいものかどうかの見分け方を知っておくと得です。選ぶときには下手を見て、果実にまるで張り付いているような感じで、隙間がないものが良いです。

へたは4枚が揃っていて、緑色が残っているものを選びます。果実の外見を見るときには、濃いオレンジ色が全体についていること、形としても整っているものを選びようにします。

品種などもありますので、果実の外見での艶に関しては、一概には言い切れない部分があります。果実は手に持ってみて、重みを手のひらで感じられるものを選びますが、触ってみて柔らかすぎないものを選ぶようにします。

シャキシャキとした果物特有の食感を、そのまま残して保存をするときには、ヘタの部分がポイントになります。

化粧品で使うコットンや、ティッシュなどを使い、保存の際には、ヘタのサイズに合わせて水分をつけて、ヘタの部分にあてます。

冷蔵庫へ入れるとき、ヘタのところを下向きにして、湿ったティッシュを一緒にして袋へ入れ、冷蔵庫で保存をするようにします。

最後に

秋になると、旬真っ盛りを迎えて店頭に並ぶ柿は、甘みをたっぷりと持った果実であり、健康や美容にも良い果物です。

ストレスの緩和やむくみ予防にもなりますし、美白作用や肌への潤いアップ、免疫力アップのためにも柿は大活躍です。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-フード
-, ,

関連記事

炊飯器で作るご飯ものの時短レシピ

炊飯器は元々ご飯を炊くことを目的にした家電製品です。 ご飯ものの時短レシピを作るには、最適な道具だといえるでしょう。

まだまだ寒い日に食べたい湯豆腐に入れると美味しくなる薬味!【大根おろし】

寒い日には、体が温まるものが食べたくなります。 中でも湯豆腐は、美味しくてヘルシーなので、人気のメニューです。食卓でカセットコンロで温めながら食べるので、冷えた体を温めてくれます。 また、鍋に比べて材 …

【エリンギ】は脂肪吸収を抑える力がある!

二の腕、お尻などの脂肪が気になって、ダイエットに励んでいるという女性はとても多いです。 健康的に痩せるには、毎日の食生活に気をつける事が大事となります。実は、昨今、エリンギに高いダイエット効果があると …

花粉症は食べ物で悪化もする!食べると悪化する食べ物「ファーストフード」

ファーストフードは、カロリーが非常に高く、満足感を得られやすい食品です。 肉・揚げ物が多く、空腹時には、たまらなくおいしいものですが、トランス脂肪酸が多く含まれているのです。

身体を温める野菜【赤唐辛子】

スポンサーリンク 赤唐辛子で身体を温めよう 身体を温める効果の高い野菜として、赤唐辛子が挙げられます。 生姜やわさびなどと並んで、身体を温める効果が強いです。 東洋医学の食養生 東洋医学では、食べ物に …

楽天モーションウィジェット