肌にいいビタミンCは【ブロッコリー】で摂ろう!

肌にいいビタミンCをブロッコリーで摂りたいのは、数多く含まれる栄養の中でも、ビタミンCが突発して多く含まれるためです。

ビタミンやミネラル、食物繊維など多くの栄養がある野菜であり、水溶性という特徴があるので、長時間の過熱には注意をします。

スポンサーリンク

緑黄色野菜のブロッコリー

緑黄色野菜で知られるブロッコリーは、もともとはキャベツを品種改良して誕生した野菜です。食事で食べているのは花蕾のパーツであり、ゆでると柔らかく食べることができます。

茎もゆでることで柔らかく、サラダや炒め物など、様々なレシピで食べることができます。

いつもは、花蕾をメインで食べていますが、過熱をすると食べ方にはレパートリーが生まれるので、残すことなく茎まですべて食べることができますから、使い切ることのできる野菜です。

茎と花蕾は硬さも違いますし、丸ごとゆでると熱の加わり方も違うので、切り分けてからゆでるようにします。

最初に、沸騰をした鍋に入れるのは茎からであり、最後に花蕾の柔らかい部分を入れてゆでます。硬そうですが意外と火の通りも良いので、加熱をしすぎてゆですぎないようにします。

ゆですぎると、食感もゆるくなりますし、鮮やかなグリーンが失われるので、適度なゆで加減で火を通すようにします。

グリーンが見事な鮮やかさになったら、ざるへと移して冷まします。ゆでた時の水分も、その時にしっかりと切るようにします。

肌にいいビタミンCはブロッコリーで

ブロッコリーには、豊富なビタミンが含まれていますが、数あるビタミンの中でも団とるで多いのが、ビタミンCの栄養です。

およそ2房分の30gを食べることで、大人が1日あたりで必要とする、ビタミンCの栄養を摂取することができるほどです。レモンと比較をしてみても、ブロッコリーのビタミンCは、2倍もの料が含まれています。

水溶性ビタミンであるために、多く摂取をしても過剰摂取で体調不良を起こすことはなく、多すぎれば出ていきます。

その半面で、体内に長時間のストックは難しいので、こまめに食事から接種すると、健康にも美容にも役立たせることができます。

コラーゲンの生成をサポートするビタミンでもあり、コラーゲンは皮膚や血管に粘膜、骨に至るまですべてに必要です。

肌に関わるトラブルは予防をして、良い肌状態へと導いてくれますし、ベストな肌コンディションを維持するためにも、とても役立つビタミンの代表格です。

抗酸化作用にも長けている水溶性ビタミンであるために、毎日摂取をすると体内の免疫力を高めることにもなります。

ブロッコリーの栄養成分

ブロッコリーの持つ栄養成分は大変優れたものであり、ビタミンをはじめβカロテン、カリウムにカルシウム、鉄分などのミネラルも多く含みます。

ビタミンEも豊富ですので、過酸化脂質をビタミンEが分解をして、老化や病気の元となる活性酸素から細胞を守ります。抗酸化作用の高いビタミンEが多いので、アンチエイジングの効果や、がんや動脈硬化の予防にもなる栄養です。

βカロテンは食べると体の中で、ビタミンAに変わりますが、必要に応じて変化をする栄養です。食べてから変わらないままのβカロテンは、体内において抗酸化作用の働きをしてくれます。

妊婦さんも食べたい野菜であるのは、葉酸のビタミンも多いためです。糖質や脂質への代謝を良くする、ビタミンB2の栄養も含んでいます。

葉緑素であるクロロフィルも含みますので、コレステロールの数値を下げてくれますし、善玉コレステロールを増加させることにもなります。

セレンのミネラルは、高い抗酸化作用を持っており、ルティンの成分は目を守る働きがあります。ブロッコリーには食物繊維も多いので、高血圧の改善にも役立ちます。

ブロッコリーの栄養を活かす

ブロッコリーの栄養は、できるだけ活かす、栄養を逃さない調理で、おいしくたっぷりの栄養を摂取ができます。

ゆで時間は長すぎないことが大事であり、水溶性ビタミンはゆででも、およそ50mgは残ります。でも長くゆでると、それだけビタミンも失われるので、食べた時のおいしさも含めて、ゆですぎないようにします。

栄養が高い茎からゆでて、さらにその茎には包丁を使い、切れ目を入れておくと、帆の通りは良くなります。水溶性ビタミンの特徴からしても、栄養を逃さないで食べるために、軽く蒸すとか、てんぷらにしても良い食材です。

鮮やかなグリーンも、日持ちはしにくいので、数日で黄色く変色をします。購入後はすぐに調理をして食べるのが良いですが、保存をするならば冷蔵庫に、立てた状態で保存をします。

5日ほどで調理をして食べるようにしますが、さらに保存をするなら、ゆでて冷蔵庫へ入れるようにします。

様々な料理の色付けにも使うことができるので、ゆでて保存をする際には、小房に分けておくこと、ゆでるときには少しかたくゆでておくのがポイントです。

最後に

肌にいいビタミンCを摂取するなら、新鮮なブロッコリーを食べるのがとても良い方法です。

ブロッコリーを食べることで、必要なビタミンCを摂取ができるので、シミやしわの改善にニキビ予防、紫外線から肌を守るなど、美肌効果が期待できます。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-フード
-, , ,

関連記事

【いんげん豆】には食物繊維が豊富に含まれている!

いんげん豆は、南北アメリカ大陸の主要作物で、ヨーロッパには、コロンブスの2度目の航海で持ち込まれたとされています。 日本には、江戸時代の前期に、明(みん)からの帰化僧、隠元(いんげん)禅師によって持ち …

大人になって気付いた美味しい春の食べ物「ふきのとう」

ふきのとうは、春が来る頃を示す山菜で、春を表現する山菜として扱われることもあります。 日本全国の山や野に自生しているため、時期になると各地でふきのとうが見つかるようになります。

忙しい朝でもお味噌汁があれば大丈夫!お味噌汁のすごい栄養成分!「リン」

お味噌汁に多く含まれている栄養成分の中で、ミネラルの一種に分類されるリンについても注目してみましょう。 この成分は、人間の体内に存在するミネラルの中でも、特に重要な役割を担っていることが知られています …

トマト鍋に入れると一層美味しくなる具材:シーフード

冷暖房のきいた会社の中にいると、季節の移り変わりは感じにくいものですが、会社から一歩外に出れば、その変化は一瞬にして感じることが出来るでしょう。 寒い季節になってくると、昼間だとしても、寒さに体を震わ …

グルテンフリーで食べていい食品:もちのレシピ

最近、グルテンフリーダイエットという言葉をよく耳にしますよね。 ハリウッドセレブの間で人気に火が付き、日本の有名芸能人も実践しているということでじわじわと浸透しつつあります。

楽天モーションウィジェット