和歌山県に行くなら絶対食べたい!ご当地グルメ5選

2015年に、和歌山県内を走る高速道路が白浜まで延長しました。

これにより非常に便利になり、様々なところに行きやすくなった和歌山県。

地元でも人気の名物料理や、おいしいお土産などと、ぜひとも食べておきたいご当地グルメが豊富にそろっています。

スポンサーリンク

高野山といえば精進料理です

和歌山県といえば、高野山を想像する人も多いかもしれませんが、高野山から連想されるものとして、厳しい修行が考えられるでしょう。

一般の参拝者の受け入れを始めてからは、修行体験や精進料理を味わえるところが、増えてきています。高野山の精進料理の名物としては、高野豆腐やごま豆腐が挙げられます。

精進料理ということもあり、非常にあっさりとした味付けですが、出汁がしっかりときいているので、非常においしく仕上がっています。

そのほかにも、炊き合わせや刺し身こんにゃく、あえ物などが美しく配膳されています。

街の至る所でも、精進料理の定食を食べることができます。全体的に薄味ですが、下味がしっかりとして丁寧に作られ、さらには品数も多く、量もあるため、食べごたえも抜群です。

また多くの宿で、精進料理を提供しているので、宿に帰ってからゆっくりと、精進料理を楽しむのもよいでしょう。

上品な甘みと素朴な香りの鈴焼

和歌山のスイーツといえば、梅とミカンを想像する人が多いかもしれませんが、実は全国から取り寄せられるようなおいしいスイーツも、多く見られます。

その一つに、鈴焼があげられます。鈴焼が購入できるお店は、和歌山県の端に位置する場所に構えています。

その創業は、何と明治元年です。鈴カステラなど、似たようなお菓子はいろいろとありますが、鈴焼は生地がふわっとしていて、なおかつモチモチとした弾力が感じられます。

上品な甘さと、カステラの素朴な香りが大きな特徴といえるでしょう。鈴焼は通販で購入したり、ほかの店で購入することはできず、この店でしか購入することができません。

和歌山県の端に位置しているので、なかなか行けないという人もいるかもしれませんが、近くには観光スポットもあるので、足を運んで購入してみるのもよいでしょう。

行列ができて、なかなか買えないことがあったり、消費期限は1週間なので、注意するようにしましょう。

小粒のみかんが丸ごと瓶詰されたてまりみかん

そして近年、インターネットでも非常に売れていると話題になっているのが、てまりみかんです。

てまりみかんとは、小粒のみかんが丸ごと瓶詰された商品で、農家の人たちの手によって、皮をむかれた小さいみかんを、甘さひかえめなシロップで漬け込んだ商品です。

瓶詰にされたてまりみかんをスプーンですくって口に入れると、シロップに絡んだ柔らかい果肉がほぐれて、ジューシーな味わいを楽しむことができます。

てまりみかんに使用しているみかんは、3Sサイズの小さなみかんです。市場には流通することのない規格外品で、本来は小さすぎるのですが、皮が薄く甘さが抜群と、非常に中身は良いものです。

これに農家の人たちが目をつけて、てまりみかんは誕生しました。紀州手鞠のように愛らしく、そのイメージにぴったりと言えるでしょう。

お土産にも、最適な一品です。

食べ応え抜群の紀州梅バーガー

全国ご当地グルメグランプリで、日本一を獲得したこともあるのが紀州梅バーガーです。紀州はちみつ南紅梅を丸ごとのせ、自慢の紀州梅鶏のチキンカツと大葉、トマトを、こだわりのバンズではさんでいます。

最後に梅ピクルスのタルタルソースと、梅肉で作った特製の二つのソースを使って仕上げています。和歌山のおいしさを凝縮したハンバーガーで、ご当地グルメとして大人気です。

一つでも十分にお腹がいっぱいになり、冷たくても非常においしく食べることができるので、旅行中のランチや、差し入れにもぴったりの品と言えます。

人気で店頭にないこともあるので、購入したい場合にはお店に電話を入れておくとよいでしょう。購入したい30分前までに電話をすれば、たとえ在庫がな新しく作ってもらうことができます。

チキンカツもバンズも梅も、たとえ同時に食べたとしても、しっかりそれぞれの味が感じられる、食べごたえのあるバーガーです。

地域の郷土料理めはり寿司

岡山県と三重県にまたがるエリア、紀州、熊野地方に昔から伝わる郷土料理がめはり寿司です。

握り飯を、高菜の葉で包んだだけという非常にシンプルなものですが、地元の人だけではなく、観光客にも非常に人気のご当地グルメとなっています。

めはり寿司は、日本で最古のファーストフードともよばれています。使用する材料は高菜の漬物とご飯、しょうゆベースの特性たれだけです。

昔は、一つの大きさがソフトボールくらいの大きさだったとも言われ、その大きさから、食べる時に目も口も大きくあけることから、めはり寿司と名がついたともいわれています。

しかし近年では、現代の人が食べやすいようにと多少小さくしてありますが、それでもボリューム満点の大きさとなっています。

しゃきしゃきとした歯ごたえの良い高菜は、ご飯との相性抜群で、ご飯にしっかり味わいを与える最高のバランスです。

最後に

和歌山県の郷土料理や、おいしいスイーツなど、和歌山県にはたくさんのご当地グルメが存在しています。

お土産にもぴったりのものもあるので、和歌山県で味わうだけでなく、旅行先から持ち帰って自宅で味わったり、お土産としてプレゼントするのもよいでしょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-フード
-,

関連記事

特盛B級グルメに挑戦する!ただし自己責任で…

B級グルメと聞くと、ついつい脂っこいものを想像しませんか? 実はただのB級グルメではなく、特盛のB級グルメを出すお店が増えています。 では、そのお店とは一体どういうメニューなのか、そしてどういう特徴が …

身体を温める野菜【にんじん】

温かい食事を取れば体は温まり、冷たい食事を取ると冷えます。 あまりにも当たり前のことで、生活をしてて感覚的にも分かっていることだと思います。 例えば、冬に温まったスープを飲むとぽかぽかしたり、夏の暑い …

春の食材を使って作りたい!今食べるととびきり美味しい春野菜:ブロッコリー

ブロッコリーは、春の時期に旬を迎える食材で、今では日本の食卓にも欠かせない存在になりました。 この時期には、適度な寒暖差もある影響で、ブロッコリーに代表される春野菜は、甘さが特に素晴らしくなります。 …

基本中の基本をおさらい!卵の美味しい茹でかた!水からゆでて5分で「とろとろ卵」

ゆで卵なんて、お湯にポンといれて待てばいいだけでしょ?なんて軽く考えてはいませんか。 ゆで卵って、実は奥が深いんです。「水から茹でるか、沸騰してから茹でるか」から始まり、とろとろ、半熟、固ゆでなど、出 …

採りやすい山菜「ウド」の美味しい調理法

山ウドは、国内で簡単に採れる山菜です。通常、2mから3mに育ちますが、おいしい旬の時期は3月から5月です。 採取した地域によっては、初夏になっても食べごろのこともあります。採取する時は、穂先にハリがあ …

楽天モーションウィジェット