洗い方をマスターする:ベッドパッド

ベッドは、床に設置したフレームの上にマットレスを置き、さらにベッドパッドとシーツによって保護するのが基本的な構成です。

シーツは直接肌に触れる部分だから、こまめに洗濯することが推奨されており、複数の替えを用意しておくと、スムーズに交換できます。

そして、動かしにくいマットレスが汚れるのを防いでいるベッドパッドについては、春夏秋冬のシーズンが変わる頃が、ちょうど良いタイミングです。

スポンサーリンク

自宅で洗っていつでも清潔!|ベッドパッド

洗濯するサイクルはシーズン毎が理想的

汗を吸い取る役割を果たしているベッドパッドを洗濯するついでに、マットレスを長持ちさせるためのローテーションや、フレームの下にある埃の掃除も併せて行いましょう。

ベッドパッドにはいくつかの種類があるので、シーツの下に敷くのは、汗を吸い取るタイプを選ぶ必要があります。

マットレスが固いなどの理由で、クッションとして使用する厚みがあるタイプでは、十分な吸水力がない場合もあるので、その上に汗を吸い取らせるタイプも重ねておきましょう。

上にある汗を吸い取ったベッドパッドだけ洗濯すれば良く、余計な手間を省けます。

主な方法としては、家庭の洗濯機などでそのまま洗うか、あるいは、クリーニング屋に任せることの2つです。

前者の方法を選べば、洗濯機の電気代や水道代ぐらいで済むので、家計に優しい内容になります。

それに対して、後者ではそのベッドパッドに最適な方法で洗濯できるから、あまりダメージを与えずに新品同様の綺麗さになります。

ともあれ、色々と家の中を模様替えする季節の変わり目こそ、たっぷり汗を吸い取ったベッドパッドの汚れをサッパリさせるチャンスです。

洗濯用のタグでどの方法で洗うのかを確認しよう

ベッドパッドには洗濯用のタグがついているので、まずそのタグにどの絵が描かれているのかをチェックしましょう。

重要なポイントは洗濯機と手洗いのマークであり、このどちらかがあるベッドパッドであれば、家庭でも洗濯できます。もしも洗濯機や手洗いのマークにバツ印がついていたら、家庭内では洗濯できないため、クリーニング屋に依頼するしかありません。

取り扱いの方法を示すマークについては、新表示に切り替わってきたので、旧表示と新表示の違いにも気をつける必要があります。

洗剤についても、マークにおいて指定されている場合があり、例えば中性という表示があったら、必ず中性洗剤を使用するのが鉄則です。市販されている洗剤の中には、仕上がりを良くするために、蛍光剤が入っているものもあるので、くれぐれも確認せずに適当に使うのはやめましょう。

洗濯については洗濯機を使用するのが一般的ですが、ベッドパッドを折りたたんでから布団用のネットに入れておくと、ダメージを最小限にできて便利です。

タグに表示されているマークから読み取れる情報を頼りに、取扱説明書も参考にしながら洗濯機のコースを選びましょう。

マークで指定されていない部分については特に気にする必要はなく、洗濯機のマークのみであったら、普通のコースを選ぶだけで済みます。弱の文字が入っているマークや、手洗いのマークがあるのならば、優しく洗ってくれる手洗いコースを選択しましょう。

新表示のマークは、旧表示と違って、直感的には判断しにくいので、きちんとメーカーのホームページ等で正しい方法を確認してから洗うことをお勧めします。

洗濯機に入らない場合は、手洗いかクリーニング屋へ

洗濯機に入りきらない場合は、浴槽にお湯と洗剤を入れてからの足踏みでの洗いが有効です。

手作業での十分なすすぎと、脱水が必要ですが、たまっている汗などを洗い流せれば良いので、気分転換ぐらいの気軽さで取り組みましょう。

ただし、機械と手作業のどちらにしても乾燥機は厳禁で、風通しが良い日陰で、一定時間ごとに裏返しながら干すのがベストです。

必ず守っておきたいポイントは、そのベッドパッドに適した方法での洗濯にすることと、脱水してから乾燥するまで陰干しをすることの2点だけですので、初めてチャレンジする方は、落ち着いて確認しながら進めましょう。

タグで家庭では不可となっている事例では、最寄りのクリーニング屋に持ち込むか、もしくは、スタッフに引き取りに来てもらう必要があります。

完了するまでにしばらく時間がかかるので、代わりのベッドパッドを用意しておきましょう。

ベッドパッドなしで使用するのは、寝ている間の汗をマットレスが直接吸い取ってしまうので、あまりお勧めできません。

マットレスのクリーニングは、専門の業者に作業をしてもらわないといけないので、ベッドパッドよりも手間とお金がかかってしまいます。

最後に

普段からシーツとベッドパッドによって綺麗に使用してこそ、いつまでも新品に近い状態でベッドを愛用できます。

クリーニング屋に依頼する方法では、家庭内で済ませるよりも手間などがかかってしまうため、シーツの交換サイクルを短くするなどの、汚れにくくなる工夫をしてみましょう。

毎回クリーニング屋に任せるのならば、半年か1年間に1回ぐらい行うと、ちょうど汚れがたまってきた段階でリフレッシュすることが可能です。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-暮らし
-, ,

関連記事

繊維の種類と特徴を把握する:天然繊維

日々健康的な生活をおくるには、衣類の洗濯が欠かす事のできない作業になっています。 しかし、衣類に使われている素材は、耐久性等の大きな違いがあるため、それらを理解した上で洗濯する必要があります。

クレジットカード「イオンカード」の特徴やおすすめポイント

最近になって話を聞くのが、財布を持ち歩かないという方の存在です。 今は、多くのお店がクレジットカードや電子マネーに対応するようになり、確かに財布が無くても良い時代も近いのかもしれません。 そして、そん …

100万円を貯金するために、財形貯蓄と財形給付金を知ろう

貯金で100万円貯めたいけど、なかなか貯められない方、それは貯金の仕方に問題があるかもしれないです。 お金を確実に貯める貯金方法として、財形貯蓄や財形給付金があります。 どのようなものなのか解説します …

nuroモバイルの格安スマホ・格安SIMの特徴とおすすめポイント

格安スマホには、さまざまな会社が参入しており、それぞれの会社によって、特徴が大きく変わります。 そのような格安スマホの会社の一つ、nuroモバイルが、どのようなサービスをしているのか、契約する前にしっ …

メガバンク「みずほ銀行」のコンビニATM手数料も無料になる!?

みずほ銀行は、みずほマイレージクラブと呼ばれている会員プログラムが提供されています。 年会費などはなく、無料で使うことができる上に、入会している状態で、ある特定の条件を満たしていると、様々な特典を受け …

楽天モーションウィジェット