洗い方をマスターする:フリースジャケット・ジャンパー

フリースジャケット・ジャンパーは、摩擦に対してあまり強くなく、毛羽立つことや、毛玉ができることが多いので、裏返しにしてやさしく洗う必要があります。

静電気を防止するために、柔軟剤を使用して、柔らかく仕上げるのが良い洗い方になります。

まずは、フリースジャケット・ジャンパーを家庭で洗うことができるかどうかを、判断する必要があります。

スポンサーリンク

正しく洗って、お気に入りも長持ち!

家庭で洗えるフリースジャケット・ジャンパーの見分け方

2016年の12月に、衣類についての取扱表示が変わったために、2017年の2月現在では、古い取扱表示と、新しい取扱表示が混在している状態です。

古い取扱表示で、家庭で洗うことができるかどうかを判断するためには、洗濯機のマークか、手洗いのマークがついている場合は、水洗いができるので家庭でも洗うことができることになります。

古い取扱表示では、洗濯機のマークは四角い箱のような、日本人でも家電製品として洗濯機を連想しやすい表示になっているので、比較的簡単に判別できるようになっています。

さらに、古い取扱表示では、手洗いのマークには、水を張った桶のようなイラストに「手洗イ」という文字が添えられているため、日本人であればすぐに手洗いのマークであることが判別できるようになっています。

新しい取扱表示では、洗濯機のマークは、水を張った桶のようなイラストで示されるため、前もって知っておかないと判別しにくいです。

また、新しい取扱表示で手洗いのマークに相当するのは、水を張った桶に手が突っ込んである状態のイラストとなります。

古い取扱表示でも、新しい取扱表示でも、家庭で洗えないフリースジャケット・ジャンパーには、水を張った桶のようなイラストに、バツがつけられた表示がついています。

使用できる洗剤を判断して、適した洗剤を使う

水を張った桶のようなイラストにバツがつけられた表示のフリースジャケット・ジャンパーは、水洗いができないので、クリーニングに出す必要があります。

実際には、ほとんどのフリースジャケット・ジャンパーは、水洗いができるはずですので、水を張った桶のようなイラストにバツがつけられた表示がついていることはほとんどありません。

家庭で洗えるフリースジャケット・ジャンパーであることが確認できた場合は、次に使用できる洗剤を確認する必要があります。

古い取扱表示でも、新しい取扱表示でも、「中性」という文字が洗濯機のマークか、手洗いのマークについている場合は、一般衣料用の洗剤は使うことができず、おしゃれ着用の中性洗剤しか使うことができません。

新しい取扱表示では、「中性」という文字が「中性洗剤使用」と詳しく表示されている場合もあります。

古い取扱表示でも、新しい取扱表示でも、「中性」や「中性洗剤使用」という文字が洗濯機のマークや、手洗いのマークについていない場合は、おしゃれ着用の中性洗剤だけでなく、一般衣料用の洗剤も使うことができます。

ただし、淡い色のフリースジャケット・ジャンパーの場合は、蛍光剤が配合されている一般衣料用の洗剤を使うのは適していません。

汚れの度合いにあわせて使い分けるのが、良い方法の一つですが、あまり汚れがひどくない場合は、おしゃれ着用の中性洗剤を使う方法がおすすめです。

そして、柔軟剤も使用すると静電気を防止する効果を得ることが期待できます。

取扱表示に洗濯機のマークがついている場合は、手洗いコースや、ドライコースで洗う方法が適しています。

フリースジャケット・ジャンパーの洗い方や干し方

フリースジャケット・ジャンパーにシミ汚れができてしまったときには、使うことができる液体洗剤を原液のまま少し量を塗り、なじませていきます。

フリースジャケット・ジャンパーは、摩擦によるダメージに弱く、毛羽立ちや、毛玉が発生しやすいため、ボタンや、ファスナーを閉め、裏返した状態で洗濯ネットに入れて洗濯をします。

洗濯ネットに、フリースジャケット・ジャンパーを入れるときには、そで口などといった、汚れがつきやすい部分が外側にくるようにたたむのが良い方法になります。

手洗いするときには、おしゃれ着用洗剤を使って押し洗いをします。押し洗いをするときには、まず、洗濯液を入れておいた桶に、汚れている部分が外側にくるようにして、たたんでおいた衣類を桶の中に入れます。

そして、洗濯液を通すようなイメージで、水の中で、沈めたり浮かせたりする動作を、およそ20回から30回ぐらい繰り返して行っていきます。

もんでしまったり、こすってしまったりするのは良い方法ではありません。

干し方としては、日陰になっている場所で、形をととのえて、ハンガー干しにするのが良い方法です。

フリースジャケット・ジャンパーの風合いが失われてしまうため、乾燥機にかけるのはの良い方法ではありません。

フリースジャケット・ジャンパーによってはアイロンをかけることができないものもあるため、取扱表示を守って干す必要があります。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-暮らし
-, , ,

関連記事

料理の腕が上がる!あると便利なキッチン家電 : アイスクリームメーカー

暑い季節に食べたくなるのが、子どもからお年寄りまで大好きな冷たいアイスクリームです。 美味しくていくらでも食べられるアイスクリームですが、食べ過ぎは禁物です。たっぷりのクリームと砂糖を使用したアイスに …

引っ越し業者の賢い選び方

引越しが決まったら、業者選びをすることが最初の大切な仕事になります。 賢く業者を選ぶ方法にはいくつかのポイントがあります。 スポンサーリンク 引っ越し業者を選ぶポイント 見積もりを依頼する まず、たく …

クレジットカード「UCSカード」の特徴やおすすめポイント

新たにクレジットカードを作るなら、UCSカードがおすすめです。 UCSカードは、株式会社UCSが発行しているカードで、さまざまなサービスや特典が用意されています。 一般的なクレジットカードだけでなく、 …

絶対に子どもに言ってはいけない言葉とは?

スポンサーリンク 子どもに言ってはいけない言葉 幼い子どもにとって、母親は世界の全てと言っても良いほど大好きで欠かせない存在です。 そんな子どもの純粋な気持ちに応えるためにも、常に冷静で愛情たっぷりに …

料理の腕が上がる!あると便利なキッチン家電 : オーブンレンジ

キッチンで調理をするときに、ガスコンロや電気コンロの火や熱を利用するのが普通ですが、フライパンや鍋を使って調理するのは、割と面倒です。 加熱するだけなら、別のキッチン家電を活用することで、もっと楽に調 …

楽天モーションウィジェット