洗い方をマスターする:機能性肌着

ここ近年、各ブランドから発売されている、機能性肌着ですが、正しく洗って、その機能を長持ちさせたいものですね。

スポンサーリンク

正しい洗い方で、衣類長持ち!

夏用と冬用で違う機能性肌着の種類

機能性肌着には、夏用と冬用があります。

夏用の機能性肌着には、ポリエステルやレーヨンなどが使われることが多く、その理由として吸水性、速乾性に優れている点が上げられます。

そして防臭加工や抗菌加工が施されているものが多く、夏の強い紫外線から肌を守るために、UV加工などが施されている化学繊維が使われています。

夏には多量の汗をかくため、大変適した素材といえます。

冬用の機能性肌着には、ウール素材が使われていることが多くあります。

理由は、ウールの特徴として吸湿性、速乾性に優れ、吸湿して発熱するという特徴があるためです。

自らの湿気(水蒸気)で発熱し吸湿する上に、暖かいとあれば、ウールが冬用の機能性肌着に適していることは言う間でもありません。

そして着たときの肌触りも重要で、天然素材にこだわりたいと言う人もいるかと思いますが、夏には多量の汗をかきます。

綿素材は、吸水性には優れているものの、速乾性という点では劣り、濡れると乾きにくいという点が上げられます。そのため、濡れた肌着を纏っているため、体が冷えてしまいます。

ですので、機能性肌着という点ではあまり適しているとは言えません。

また着心地という点では、夏場はさらりとしていてヒンヤリと感じる物や、通気性重視の物など、色々なメーカーから多種多様なものが開発生産されています。

冬用のものでも、暖かさだけではなく保湿を重点に置いて、オイルなどの保湿成分が配合されていたり、肌にあたる部分の縫い目を無くして、肌にかかるストレスを軽減させるなどの工夫がされている肌着も多く出回っています。

着ていて肌に違和感を感じたら、違う素材や成分が配合されているものを試してみると良いのではないでしょうか。

スポーツやアウトドアで活躍する機能性肌着

機能性肌着は、普段の生活ではもちろんのこと、スポーツやアウトドアにも活躍しています。

スポーツやアウトドアでは、日常よりも汗を多くかき、気温の差も激しい場所であったりします。そんな時に役立つ機能性肌着ですが、大きな機能として、コンプレッション機能が上げられます。

コンプレッション機能とは、血液の滞留してしまった流れを良くしていく機能で、滞留部分に圧力をかけて、その部分の血流を良くして老廃物の滞留を防ぐという機能です。

次にサポート機能があります。

サポート機能とは、よくスポーツ選手などがテーピングなどをして、動きをサポートしている光景を目にすることがあります。

それと同じで、肌着自体にこのテーピングを施していると言えば分かりやすいでしょう。

スポーツの種類によって動きも様々です。
例えば肩甲骨をサポートすることにより、マラソンやランニングなどのときには腕の振りをサポートできます。野球選手などの、ボールを投げるという動作も同じです。

また、下半身の肌着では膝や腰、お尻のサポートができます。
ゴルフなどをする際には、この機能性肌着を身に着けることで、スイングの際には、腰を安定させるなどのサポートをしてくれます。

もちろんスポーツやアウトドアだけではなく、日常でも活躍してくれる機能性肌着は、デスクワークや立ち仕事の際にも血流をサポートし、むくみや冷えなどからも解消してくれます。

海外旅行などで、長時間同じ姿勢でいなくてはならない場合などにも、機能性肌着を着用していれば、下肢のうっ血を防ぐことにもつながります。

このように、どんな場面にも活躍してくれるのが機能性肌着なのです。

機能性肌着の洗濯と手入れについて

機能性肌着の特徴として吸水、吸湿と説明してきましたが、何と言っても肌着ですから、常に清潔に保っておきたいものです。

そこで正しい洗濯の方法をご説明します。
通常の肌着と同じ様に、機能性肌着も洗濯方法はそう変わりありません。

まず肌着には、洗濯表示というものが付いています。その洗濯表示を見て、水で洗えるものかどうかを確認します。

次に肌着を洗濯ネットに入れます。
機能性肌着というのは、多くが伸縮性に優れていることもあり、洗濯ネットに入れずに洗うと他の衣類と絡み合ってしまうからです。

また、肌着自体の型崩れを防止する意味でも、必ず洗濯ネットに入れて洗うようにします。

あとは、表示されている通りに洗えば大丈夫です。もしも長く着ていて黄ばんできた、黒ずんできたなどということがあれば、つけおき洗いという方法もあります。

その際には、液体の漂白剤を少し加えると効果が上がります。ただし、この時に使用する漂白剤は、酵素系を使用して下さい。

表示にも、塩素系は使用しないで下さいと書いてあるはずですので、洗う際にはよく確認しておく必要があります。

また、柔軟剤を使用することで、肌着の型崩れや毛羽立ちを防止することができます。

次に乾燥ですが、乾燥する際には陰干しをしてください。多くの機能性肌着は、濃い色になっています。

通常の衣類と同じく、濃い色の物は日光に当てることで、色あせの原因になってしまいます。ですので日光の当たらない陰干しをするようにしてください。

機能性肌着の素材自体も、乾きが早いものが多いので、陰干しをするか部屋干しをした方が、色あせを防ぐことができます。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-暮らし
-, ,

-->

関連記事

いまさら聞けない年金入門|在職老齢年金とは?

最近では、60歳以降も働く人が増えています。元気に働けるうちは、働きたいと考えるようですが、年金を受けられるはずの人が60歳以降も働くと、年金の一部または全額が支給停止されます。 これを 在職老齢年金 …

初心者におすすめのペット:セキセイインコ

ペットと言えば、犬や猫を連想する人が多いでしょうが、鳥類も昔から人気のあるペットです。 鳥類の場合は、ほ乳類ほど手がかからず、初心者でも世話をしやすい種類が多いと言えますが、その中でも特に飼いやすく、 …

ブリーダーから子犬を迎えるメリットは?

子犬を迎えるためにはいくつかの方法があります。 一般的にはペットショップで選び、その場で購入する方が多いかもしれません。色々なペットを扱っているペットショップならば安心ですし、育成に詳しい店員さんがい …

洗い方をマスターする:ニット帽

お気に入りのニット帽はありませんか。 よくかぶっているという人も多いかもしれません。特に、寒い冬には手放せないという人もいるでしょう。

フリマアプリ「ラクマ」の特徴や使い方

ラクマは、フリマアプリのひとつでユーザー数もトップクラスに多いです。 大手業者が運営するアプリでもあるため、信頼性や安心感も抜群と言えるでしょう。 そんなラクマについて、特徴をはじめ、使い方についても …

楽天モーションウィジェット