洗い方をマスターする:ニット帽

お気に入りのニット帽はありませんか。

よくかぶっているという人も多いかもしれません。特に、寒い冬には手放せないという人もいるでしょう。

スポンサーリンク

自宅で洗って、いつでもキレイ!|ニット帽

お気に入りのニット帽も汚れます

女性の場合は、ファンデーションが付いてしまうこともあるでしょうから、前の部分が汚れやすいかもしれません。

やはり、ずっと綺麗な状態を保ちたいとは思いませんか。

ただ、ニットはただでさえ洗うのをためらってしまう人も多いはずです。ニットは縮みやすいから、そのままにしておいたほうが良いのではないか、洗濯してかぶれなくなったら困るとは思いませんか。

お気に入りならなおさらです。

そうは言っても、汚れた状態でずっとかぶり続けるのは、見た目にもあまりいいものではありません。汚れが目立ってきたと思ったら、まずは洗濯表示を確認しましょう。

中には、洗えないものもあります。ただ、意外と洗っても問題ないことが多いので、あきらめることなく、自分で綺麗にしようとチャレンジしてみてください。

洗濯表示に洗濯機や手洗いのマークがあるならば、自分で洗うことができます。洗う前に、色柄ものであれば、目立たないところで色落ちをチェックしておきましょう。

あまり落ちていないようであれば、洗ってもあまり変わらなくて済むはずです。

正しい方法で洗う前に、準備しておきたいことは他にもあります。あまりにも汚れがひどいところはありませんか?

ファンデーションが付いているところなどは、前もって液体洗剤の原液を付けて、軽くたたくと良いでしょう。血液が付いている場合は、ぬるま湯で予洗いしておくと、取れにくい血液も、綺麗に落ちるはずです。

洗濯機でもうまく洗うことができる

洗濯機の表示があるなら、簡単にニット帽を洗えます。

ネットに入れて洗うのですが、ここで良い方法があります。ネットに入れる時に、汚れている面を表にしてください。外側が汚れている場合は、そのままでかまわないのですが、内側が汚れていることもあるでしょう。

女性の場合は、ファンデーションが付いていることが多いでしょうから、内側を外側にしたほうが良いかもしれません。その状態で、ネットに入れます。

ネットには、ニット帽だけを入れて洗いましょう。だから、ニット帽に合った大きさのネットを使うことをおすすめします。

問題は、洗濯コースです。

メーカーによっても、書き方に違いがあります。おしゃれ着コースの場合もありますし、手洗いコースもあるでしょう。いろいろな書き方がされていますので、よく確認してください。

ポイントは、普通コースでは洗わないことです。

それほど汚れが目立っていない場合は、これだけで十分でしょう。ただ、中には全体的に汚れがある場合もあります。

このようなときは、洗濯機に入れる前に、洗面器にぬるま湯と洗剤を入れて軽く押し洗いをしておくと良いでしょう。そうすると、より汚れが落ちやすくなります。

それから、おしゃれ着コースや手洗いコースなどで洗ってください。

それほど大変というわけではありませんので、汚れが気になってきたら、以上のように洗ってみませんか。ただ、ニット帽だけを洗うために、洗濯機を動かすのはちょっとと思うのであれば、手洗いでも構いません。

むしろ、手加減のできる手洗いの方が、より安心して洗えるかもしれません。手洗いも、難しくはないので試してみませんか。

手洗いと型崩れしない干す方法とは

ニット帽を手洗いする場合は、まず洗面器を用意します。

そこにぬるま湯と洗剤を入れましょう。そして、押し洗いをします。20~30回くらいは押し洗いすると良いでしょう。

汚れが目立っているとは言っても、デリケートな素材ですから、あまり強い力を入れたりせずに、優しく押し洗いしてください。

それから、ぬるま湯で優しくすすぎましょう。

これを3回くらい繰り返すと、かなり汚れが落ちているはずです。この時に使うぬるま湯は、洗うときと同じ温度にしておいてください。

洗うときとすすぐ時とで温度が変わってしまうと、縮んでしまう原因となりますから、気を付けてください。

仕上げをよくするために、柔軟剤に指定された時間通り付けておくと良いでしょう。

それから、脱水します。丸めて手のひらで押すように絞ってみてください。その後、バスタオルにくるんで、軽く押すようにしましょう。そうすると、より水分が抜けます。

それから、干します。

陰干しして、色褪せたりしないように気を付けましょう。バスタオルの上に、ニット帽を載せて平干しすると良いでしょう。

なるべく、風通しのいいところで干してください。そうすると、意外と早く乾くでしょう。

最後に

いかがでしたか?

お気に入りのニット帽も、こうして洗えば、元の通りになるでしょう。汚れが落ちても、型崩れすることも、色落ちすることもなく、洗うことができるはずです。

この洗い方を覚えて、お気に入りのニット帽を洗ってみませんか。

洗濯機でも手洗いでも、きっとうまく洗うことができるでしょう。

天気の良い日をチェックして、日陰になる場所もチェックしたうえで、チャレンジしてみませんか。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-暮らし
-, ,

関連記事

繊維の種類と特徴を把握する:ナイロン

化学の影響で、人間の生活は非常に便利になりました。 中でも衣類に関する発展はめざましく、デザインのみならず衣類の素材に関しても様々な物が開発されています。

UQ mobileの格安スマホ・格安SIMの特徴とおすすめポイント

最近、格安スマホや格安SIMの人気が高まっています。 スマートフォンは便利ですが、キャリアの場合、毎月の通信費は、かなり大きな出費となります。 そのため、格安スマホや格安SIMが、一気にシェアを伸ばし …

クレジットカード「ENEOSカード」の特徴やおすすめポイント

普段、車を運転する方がクレジットカードを作る際は、ENEOSカードがおすすめです。 ENEOSカードは、JXTGエネルギーのクレジットカードで、3種類のタイプから選べるようになっています。 ENEOS …

カラーボックスでDIY!扉をつけてDIY

お手軽価格でありながら、収納棚としてとても便利に活用できるのがカラーボックスです。 ホームセンターに向かえば、大抵置いてある身近な商品ではあるものの、とても単純な構造になっていることに気づくはずです。 …

ペットボトルのお茶をマイ水筒に変えて無理なく節約

小さなことから節約をしておかなければお金が貯まりませんし、将来のことも不安になってしまうものです。 しかし、あまりにギリギリの生活をするのは大変であり、節約をしすぎるというのもストレスが溜まってしまい …

楽天モーションウィジェット