洗い方をマスターする:こたつ掛け

こたつには、こたつ掛け布団とセットで使用することになりますが、こたつ掛け布団は、ドライクリーニングであることが大半です。

冬になると、こたつでは毎日家族が語らう場にもなり、飲食をすることもあるので、布団が汚れてしまいがちですが、この上から薄手のこたつ掛けカバーをしておけば、カバーだけを洗濯して衛生的に保つことができます。

こたつ掛けカバーにはさまざまなものがあり、一枚の布になっていたり、中には中綿が入ったものもあります。

自宅で洗うことができる素材も多いのですが、素材に合わせた方法で行わなければなりません。

スポンサーリンク

洗い方をマスターして、自宅でも洗ってみよう!

洗濯表示のチェックから始めよう

どんな方法で洗うべきかというのは、洗濯表示に書かれています。

洗濯表示は、裏側の縫い目に挟み込まれていることが大半であり、裏に返してみると、白い小さな布を発見することができます。

そこに、ドライクリーニングの絵表示が書かれていれば、クリーニング店に持って行かなければなりませんが、洗濯機や手洗いでできるものも多くあります。

正しい方法で洗うことは、素材を傷めたり色落ちを防ぐことができるので、長くきれいな状態で使用することができます。しかし、洗濯機使用の指示が書いてあるものを、手洗いをする分には構いません。

逆に、手洗いの指示がされている場合には、洗濯機に入れてしまえば、中綿が寄ってしまったりといいったトラブルに発展するので、避けなければなりません。

他にも、使用する洗剤にも着目する必要があります。

一般的な洗剤では、洗浄力が強い分だけ、生地に負担をかけてしまうので、デリケートな素材であれば、おしゃれ着洗い用として販売されている中性洗剤を選んでおくと安心です。

洗濯機使用の表示が書かれているものは

洗濯機使用が可能であることが洗濯表示に書かれている場合には、大きなこたつ掛け布団を洗うにもとても便利です。

しかし、自宅の洗濯機とこたつ掛け布団のサイズによっては、入らないというトラブルもあるでしょう。その場合には、手洗いをすることになります。

まずは、洗濯機に入れる前の準備として、ほこりやゴミを落としておく必要があります。外の物干しざおにかけ、布団たたきを、使用して表面についているものをたたき落としておきます。

次に、部分的な汚れがあるかどうかをチェックします。

中心部分は、こたつの天板が乗っていることから、汚れはほとんどないことが大半ですが、天板を乗せた隙間や、縁に汚れが付いてしまいがちです。

食べ物や飲み物をこぼした汚れは、洗濯機に入れる前に部分洗いをしておくといいでしょう。

洗濯機にこたつ掛けを入れる時には、折りたたんで入れるようにします。この時には、家族の人に手伝ってもらって、一緒に畳んでいくのもいいのですが、屏風だたみであれば、一人でもたたむことができます。

また、二つ折りや三つ折りにしてから、ロール状にくるくると巻いていくという方法もいいでしょう。

ここで、洗濯ネットがあれば入れるようにします。しかし、ぴったりすぎるサイズになれば、ネット内で洗濯液が入り込む隙間がなくなってしまうので、洗えなくなってしまいます。

ある程度の余裕がある大きめのネットを用意しておくといいでしょう。

洗いをするときには、毛布コースや大物洗いコースを選択します。

洗剤や柔軟剤にプラスして、色柄物用の漂白剤を少し入れれば、全体的なくすみを取ることに役立ちます。

手洗い表示が書かれているものは

手洗いの洗濯表示が付いている場合には、面倒であっても洗濯機に入れるようなことはしてはいけません。

お風呂の浴槽や、大きなプラスチック衣装ケースを活用して、手洗いをすることになります。

まずは、ふとん表面のごみやほこりをたたき落としておき、適度な大きさに折りたたんでおきます。浴槽に水をはり、そこに洗剤を入れてかき混ぜておきます。

水よりも少しぬるま湯である方が、汚れ落ちがいいのですが、あまりに熱いお湯になれば、素材を傷つけてしまうので温度管理に注意をします。

その後には、押し洗いをするのですが、押すのは手でも足でも構いません。足であれば、足踏みをするだけなので手軽です。

ただし、洗剤も入っている場所での足踏みは、ぬるぬるとしているので転倒の危険性も持っています。浴槽のふちにしっかりつかまるなど、安全を確保して行います。

洗った後には水を流して、すすぎをしていきますが、ここでもふみながら繊維の中に入り込んだ泡や汚れを押し出していきます。

泡が出ない状態まで何度も水を換えていき、最後には、浴槽内の全ての水を抜いて押しながら水けを落としていきます。

その後、浴槽の縁にかけておけば、自然に水を切ることができます。ある程度の水気が切れたら、物干しざおに移動して干すことになります。

干し方にもコツがあり、早く乾かして、生乾き臭さが出ないようにしなければなりません。

風が通るように干すには、二本の物干しざおを平行に置き、そこにこたつ掛けがM字型になるようにかけていきます。

中心部分にも風が入るので、中綿が入ったこたつ掛けでも早く乾かすことができます。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-暮らし
-, ,

関連記事

Y!mobileの格安スマホ・格安SIMの特徴とおすすめポイント

格安スマホも、最近では定着化しつつありますが、Y!mobileは、他の格安スマホとは異なる点があるのが特徴的です。 メリットもありますが、デメリットもありますので、好みが分かれています。 ただ、使いや …

カラーボックスでDIY!突っ張り棒を入れてDIY

組み立て式のカラーボックスは、軽くて値段も安く、収納家具にはピッタリです。 組み立てるだけで、収納として大活躍するので、どこの家庭にもひとつはあるのではないでしょうか。 そのまま使っても大変便利ですが …

赤帽に引っ越しを依頼して得するケースとは?

引っ越しには、単身赴任や新築、賃貸など様々な理由があります。 また、引っ越しにかかる費用も業者によって様々です。 何も調べずに目についた業者に頼むと、莫大な費用が発生するケースもあります。 引っ越し費 …

時短で済ます!キッチン収納術

キッチンは毎日使うものですね。 定期的に掃除をしないと、調理時の油はねなどでコンロ周り、食材の取り出しによって冷蔵庫、シンク周りはすぐ汚れてしまいます。 仕事もして家事もしてという方にとっては、掃除も …

後悔しないで!妊娠中にやっておきたいこと|歯科検診

大人だし、きちんと歯磨きができているから虫歯の心配なんて必要ない、そんな風に思っていませんか。 内科的な健康診断は毎年欠かさず行く人でも、歯科検診は行っていない人も多いはずです。歯科検診は少なくとも年 …

楽天モーションウィジェット