洗い方をマスターする:ストッキング・タイツ・レギンス

女性の足を美しく見せてくれるストッキングは、とても繊細な繊維で出来ています。

ランジェリー類と同様に、手洗いすることが理想的なのですが、洗濯機を使用することも出来ます。ただし洗濯機にそのまま入れて洗ってしまうと、ファスナーやホックなど、いろいろなものが引っかかったり絡まったりして、伝線したりつれてしまったりする危険性が高くなります。

スポンサーリンク

洗い方をマスター!|レッグウェア

繊細なストッキングの洗濯時の注意点

長く使うためにも、洗濯機を使った洗う際には、必ず専用の洗濯ネットに入れて洗うことが必要です。

さらに、使用する洗濯ネットも目の細かいものを選ぶのがポイントです。目の粗いネットだと、ホックなどがネットの網目に引っかかり、中に入れたストッキングを傷つける可能性もあるので、必ず目の細かなストッキング用のネットを使用するのがポイントです。

また、ストッキングは編んで製品になった後から染色する方法が一般的なので、漂白剤を使用すると、ストッキングの生地をいためてしまうことに繋がります。

とくに、シルクで出来たストッキングなどは、繊細なストッキングの中でもさらにデリケートな素材なので、ぬるま湯に中性洗剤を溶かしたお湯に、つけおき洗いをする必要があります。

また、色の薄いストッキングは、蛍光漂白剤の含まれていない洗剤を使うことが必要です。

化学繊維で出来たストッキングでも、伸びてしまったり伝線してしまったりするのを予防するためには、丁寧な洗濯の仕方を心がけるようにすることが大切です。

また、色の濃いものは色落ちする可能性が考えられるので、色の薄いものと一緒に洗うのは避けるようにしないと、色移りしてしまう危険性があります。

厚手のタイツやレギンスは、基本は手洗いで

寒い季節には足元を温かく、しかも豊富なカラーで、全身のコーディネートに欠かせないのがタイツやレギンスです。

ストッキング・タイツ・レギンスは、いずれも女性の足元を美しく見せるために欠かせないアイテムですが、中でもタイツやレギンスは、正しい洗い方をしなければ、風合いが損なわれてしまうことに繋がります。

生地のボリュームがあるので、伸びやすかったり毛玉が出来たりすると、せっかくのおしゃれも台無しになってしまいます。

まず洗い方としては、他の洗濯物と一緒に脱いだら、そのまま洗濯機に放り込むのは絶対にNGです。

厚手の分、ストッキングよりも丈夫なイメージがあり、洗濯の際もストッキングよりも雑に扱ってしまいがちですが、生地が厚手の分ダメージが目立ちやすいので、タイツやレギンスは本来は手洗いをするのが基本です。

強い力でもんだりこすったりするのは避けて、優しく押し洗いをするようにします。2.3回水を取り替えてすすいだら、ごく軽く脱水をかけるか、タオルにはさんで強く押して水分を取り除くようにします。

どうしても時間がないときには、ストッキング・タイツ・レギンス類を洗濯機で洗うことも出来ますが、タイツやレギンスを洗濯機で洗うときには、裏返してさらにランドリーネットに入れるようにします。

こうすることで、表面に毛玉が出来たり伸びてしまったりするのを予防し、生地の風合いを保つことが出来ます。

洗濯の際には、生地をいためてしまう原因になるので漂白剤の使用はしないようにします。最後に、柔軟剤を入れてすすげば静電気を防止し、毛玉も出来にくくしてくれる効果が期待できます。

レッグウェアを正しいお手入れで長持ちさせる方法

ストッキング・タイツ・レギンスは、洗濯して脱水した後、すぐに取り出してから軽く振って、しわを伸ばしてから干すようにします。

洗濯ネットを使用して洗濯機で洗ったときには、ネットから取り出すときにチャック部分に引っ掛けてしまわないように、気をつけます。

またストッキング・タイツ・レギンスの伸縮性のために使用されているポリウレタンは、とくに熱や紫外線に弱い性質を持ちます。そのため、脱水機を使用する時間は最低限にし、干すときには、直射日光を避けて干すようにします。

日差しの強いところに長時間干してしまうと、主たる素材の1つのポリウレタンが劣化して、寿命を縮めてしまうことに繋がります。

風通しの良い日陰に、口のゴムの部分を上にして干すことで、伸びにくく形崩れを予防することに繋がります。

乾かすときに、タンブラー乾燥は使用しないようにして、アイロンをかけたりドライヤーを使って乾かしたりするのも、毛玉や伸びなどの原因になってしまうので避けるようにします。

ストッキング・タイツ・レギンスは、汗をかきやすい足に使用するものなので、脱いだら時間をおかずに洗濯する必要がありますが、汗などのにおいが気になるときには、漂白剤などを使うのではなく、40度くらいのお湯に入れた洗剤の中に、10分ほどつけ置いてから洗えば、気になるにおいの軽減にも繋がります。

乾いてからしまうときには、取り込んだストッキングなどを左右半分に畳んで、足先の部分からウエストの部分に向かってくるくると巻き上げてゆきます。

最後にウエストのテープ部分を裏返しにして、全体を包み込むようにして小さく形作る方法なら、収納もコンパクトに出来て、選ぶときにも便利でオススメです。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-暮らし
-, , ,

関連記事

美を追求する最新美容家電 ― 美容ローラー ―

美しい素肌を維持するためにも、普段からしっかりスキンケアを行っている女性は少なくありませんが、お肌のお手入れの中でも特に気になってくるのが、加齢による肌のたるみやシワなどの症状です。 これは、年齢と共 …

絶対欲しい調理家電!プリンセスのホットプレート(テーブルグリルピュア)

調理家電の中でも人気が高いホットプレートを、一度は欲しいと考えたことがある方も多いのではないでしょうか。 しかし、機能面でもデザインの面でも、そしてお手入れしやすさも様々ですが、どのようなものが人気が …

ネット銀行活用術 : じぶん銀行の特徴

じぶん銀行は、KDDI(au)とメガバンクの一角を担う三菱東京UFJ銀行が、共同で作ったネット銀行です。ネット銀行なので、全ての取引を、手持ちのスマートフォンやタブレット端末でできるようになっています …

絶対欲しい調理家電!クビンスのヨーグルト&チーズメーカー

家庭で、手作りのヨーグルトやチーズを作ることができるクビンスのヨーグルト&チーズメーカーを、使ってみませんか。 温度を20度から65度に保つことができるので、低温でヨーグルトやチーズを発酵させることが …

初めての一人暮らし:引越し業者を選ぶコツ

一人暮らしを始める方の中には、家賃は抑えられないけど、引越しは自分でやって、費用を抑えたい。 そう思っている方って結構いらっしゃると思います。 引越し業者に依頼するメリットについて、今回はご紹介したい …

楽天モーションウィジェット