洗い方をマスターする:タオルケット・毛布

タオルケット・毛布は、どれぐらいの頻度で洗濯されているでしょうか。

綺麗に洗濯されていないタオルケット・毛布は、雑菌の温床となっているため、こまめに洗濯することをお勧めします。

スポンサーリンク

こまめに洗って、気持ちよく使いたい!

タオルケット・毛布を洗濯する際に気をつける点

まずはタオルケット・毛布は、家の洗濯機で洗う事ができるかどうかの確認から行わなければなりません。

どちらにも、白い確認タグが付いているので、それぞれの繊維の確認を行ってください。繊維によって洗濯方法が異なるため、迂闊に洗濯機で回してしまうと、取り返しのつかないことになってしまいますので、気をつけてください。

確認タグには、どのような方法で洗濯を行えば良いかの記載がされているので、その方法に従って洗濯を行えば、まず間違いはありません。

洗濯機で洗えるものでしたら、ネットに入れて洗うことがポイントです。

そのままの状態で洗濯機に入れて回してしまうと、繊維に対するダメージが大きいため、ネットに入れる必要があります。

入れ方は、筒状に丸めて入れてください。ネットは、100円均一などで売られているので、大きめのサイズの物を購入される事をお勧めします。

そして洗濯する際の洗剤の選び方ですが、液体の洗剤を選ぶようにしてください。

洗うときに粉洗剤を選んでしまうと、タオルケット・毛布のようなものの場合は特に、溶け残りが起きやすいです。せっかく洗っているのに、洗剤の溶け残りがある事で、キレイに使う事が出来ません。

そう言った事を防ぐためにも、液体洗剤を使用する方が良いです。

どうしても粉洗剤を使いたい場合は、先に水に溶かしてしまってから、使うようにしてください。そうすると、溶け残りの心配がなく使うことが出来ます。

タオルケット・毛布を洗う準備をする

洗濯方法のタグの確認やネットの準備、洗剤の準備はもちろんの事ですが、綺麗な仕上がりを目指すために、他にもするべき準備があります。

色柄ものを洗う際は、必ず色落ちしてしまわないかどうかのチェックをするようにしてください。洗濯しても大丈夫な生地でも、色落ちしてしまうものは多く存在してますので、気をつけましょう。

色落ちチェックの方法は、洗剤の原液を、別の白い布につけます。その布で、タオルケット・毛布の縫い目や、目立たないところを叩きます。

その方法で、布に色が移らないかどうかの確認を行ってください。

次に、ひどい汚れがある場合は、前処理を行います。

汚れているところに、直接洗剤をつけます。そして、洗剤のキャップの後ろなどを使って叩きましょう。

ここでのポイントは、叩く事です。もんだり擦ったりする事は、生地を傷めてしまう原因になりますので、気をつけて下さい。

そしてその後、水か、40度以下のぬるま湯につけて、予洗いを行います。キレイに洗うためのポイントは、汚れている部分を表に来るようにたたんで下さい。

また、ネットの大きさに合わせてたたむことで、伸びやヨレ、縮み、型くずれ、摩擦を防ぐことが出来ます。

このように、タオルケット・毛布を洗う前には、しっかりと準備を行っておく事で、キレイな洗い上がりになり、気持ちよく使うことが出来て、快適な睡眠時間を得ることができます。

気になる洗濯の頻度ですが、大体、週に1回か2週に1回ぐらいが目安になります。

毎日肌に触れているものになりますので、あまり長い期間洗濯しないのは不衛生です。是非、定期的に洗うように心がけて下さい。

タオルケット・毛布を干す時のポイント

厚手のタオルケット・毛布は、洗濯機にかけるのも一苦労ですが、干すのも一苦労です。

生地が厚手のものは、特に乾きにくいので、晴れていて、ある程度風のある日に洗濯する方が良いです。

雨の日や風のない日に干してしまうと、しっかり乾ききらず、生乾きになってしまいます。そうすると雑菌が繁殖して、しまだたりするので、肌トラブルの原因にもなってしまいます。

そして大きな洗濯ものなので、場所も広いところを使って干すようにしてください。

厚手のものを効率よく乾かすには、二つ折りに干したときに、その間に空気が入るようにする必要があります。

二本の物干し竿に渡してかけたり、干したタオルケット・毛布の間にハンガーなどを差し込んで、生地の間に空気がまんべんなく流れ込むように工夫をしてください。

もし狭い空間で干す場合は、時々乾き具合を確認して、裏返してまんべんなく表裏に日の光をあてるようにしてください。

またどうしても室内でしか干すことが出来ないという場合は、扇風機を直接当ててあげたり、エアコンをドライにして風を当ててあげることで、空気の流れを作ってあげるようにしてください。

外で干すにしても、室内で干すにしても、ポイントとなるところは空気の流れを作る事です。

空気の流れがないと、湿気が滞留したままの状態になってしまい、中々乾きません。

乾かない状態が長く続く事で、雑菌の繁殖に繋がってしまうので、風を通してあげるなどして、早く乾かしてあげるよう工夫しましょう。

もし、中々乾かない状況の時に乾燥機がある場合は、タグを確認して乾燥機にかけても大丈夫な生地でしたら、ネットに入れた状態で乾燥機を使いましょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-暮らし
-, , ,

関連記事

いまさら聞けない年金入門|共済年金の仕組み

共済年金の仕組みを、しっかりと理解している人は意外と少ないものです。共済年金は、いわば公務員の厚生年金のことを示しますので、一般の会社員にとってはそもそも馴染みのない言葉です。 共済年金と厚生年金が一 …

絶対に子どもに言ってはいけない言葉とは?

スポンサーリンク 子どもに言ってはいけない言葉 幼い子どもにとって、母親は世界の全てと言っても良いほど大好きで欠かせない存在です。 そんな子どもの純粋な気持ちに応えるためにも、常に冷静で愛情たっぷりに …

ネット銀行活用術 : みずほ銀行インターネット支店の特徴

みずほ銀行インターネット支店を開設すれば、みずほ銀行のネットバンキング専用の口座を利用することができます。インターネット支店以外のみずほ銀行の既存支店で開設した口座でも、インターネット取引が利用できる …

敷金・礼金とは?有りと無しの物件はどう違う?

部屋などを借りる場合、最初の初期費用として、敷金、礼金を支払うことがあります。 家賃の何カ月分かを敷金や礼金として支払うため、結構な負担になることがある一方、物件によってはこれらが全く必要ないところも …

プランターで家庭菜園!おすすめの夏野菜

マンションに生活をしている場合、ベランダはあるけれど2階以上の部屋の場合には土がないので家庭菜園が出来ないなどのイメージを持つ人は多いのではないでしょうか。

楽天モーションウィジェット