洗い方をマスターする:Tシャツ・カットソー

普段、何気なく着用しているTシャツ・カットソーは、シンプルでさっと着られて、生地もリーズナブルで扱いやすい綿などを使っているものもあれば、かなり洗濯をするのが難しく感じるような、デザインカットソーもあるので、とても悩むのではないでしょうか。

普段のように、洗剤と柔軟剤を入れて、ボタンを押せば出来上がりという手軽なもの以外も増えてきているので、身近な衣服として認識されているTシャツ・カットソーこそ、きちんと洗濯が出来るように、洗い方を見直しておきたいものです。

スポンサーリンク

上手なお手入れで、衣類長持ち!

きちんと洗濯をしたいTシャツ・カットソー

基本の洗い方の方法を確認をすると、まずはどんな絵表示がついているのかを、ちゃんと確認する事です。

意外とこれを見落としている方が多く、実は手洗いするものを、機械で洗っていたということも少なくありません。それを続けていると、どれだけお気に入りの高価なTシャツであったとしても、すぐに色が落ち、型崩れしてしまう原因となってしまいます。

普段着レベルの気軽なものであれば、機械で洗ってもいいのですが、高価なものであれば、表示に関係なく手洗いする方が、ソフトなタッチで洗えるのでおすすめです。

もしも、機械の機能で手洗いがあれば、それを使うことでかなり洗った後の仕上がりも変わってくるので、使ってみると良いでしょう。

また、普段使っている洗剤も、洗い上がりにかなり違いが出てきます。

高価なものであれば、Tシャツ類だからと言わずに、おしゃれ着洗い用などの良い洗剤を使うことで、生地にも優しく、洗い上がりの風合いも、これまで以上に良くなります。

大事にしたいなら、手を抜かずに洗い方を見直していくことが大切です。

洗濯を始める前にしておくとよいこと

殆どの場合、一日着用を終えたら機械に放り込んで、洗剤を入れて洗うだけという方もいるかもしれません。

少しでも綺麗に長持ちさせる方法としては、洗い始めるまえに、衣類の状態を確認し、必要に応じた処理を行う事が大切です。

例えば、多いのが食べこぼしや泥汚れです。

家族の服を洗濯しようと思うと、何かしら汚れている事が多いですが、これらの汚れは、こびりついていて洗っても落ちにくい事が多いです。

その為、もしも目立って見える汚れがあるなら、その部位に対して、襟などに使う洗剤を用いて叩くようにしながら、つけておきましょう。

首周りや袖周り、夏場の暑い時期は汗もかきますので、わきの下辺りにも汚れが目立ちやすい部分なので、見落としのない様に、汚れの状態をきちんと見てあげることがポイントです。

そして、洗う前にはネットを用意して、必要に応じて入れておけば、型崩れもしにくいです。

特に女性のTシャツ・カットソーは、おしゃれでフリルやリボン、ストーンなどの装飾がたっぷりついていることも多いです。そのまま洗うと、伸びたり取れたりする原因となりますから、ネットに入れるのは必須と言えるでしょう。

裏返してから入れるようにすると、さらに安心して洗うことが出来ます。

注意したいのが、ネットに入れる量です。実はネット一つに対して、一つの衣類にしておかないと、ネットの中で衣類同士が摩擦で生地を傷める事もありますし、汚れ落ちも悪くなってしまうので、大事な衣類を洗濯する前に、必要な分はしっかりと確保しておきましょう。

100円ショップなどでも販売されているので、手に入れるのは簡単です。

実際に洗っていくときにはどうするのか

下準備が済んだらTシャツ・カットソーを洗っていきましょう。

簡単に洗えるようなイメージがあるのですが、表示を見て機械が使えるのか、手洗いのみなのかは確認しておいて下さい。

機械が使える場合でも、出来る限り優しく洗うことがポイントになります。

手洗いの時には、押しながら力を入れすぎないようにして洗い、脱水は極力時間をかけずに、さっと短時間で行いましょう。長く行うと、乾くのは早いのですが、しわが出来やすくなりますし、生地も傷んでしまいます。

洗い終わった後は干していくのですが、まずは形を整えてください。

その後、振りさばいてしわが出来ないようにします。ハンガーを使って干す時は、真ん中の平らになっている部分に二つ折りにして干すか、またはハンガーにタオルを巻いて、ハンガー跡がついたりしないように工夫してから、かけて干すようにします。

細いタイプなどいろいろあるのですが、そのままかけるとハンガーの跡が、くっきりとTシャツ・カットソーについてしまってショックを受けたということもあるはずです。

干す段階で、ある程度しわも伸ばしておけば、乾燥したらたたんでしまうだけでよい事が多いのですが、必要に応じてアイロンをかける事もあるでしょう。

その際も絵表示に従い、どれぐらいの温度で行うのか、しっかり間違いのない様に見ておきましょう。

アイロンも基本的には優しくかけていくようにします。

装飾品などは避け、刺繍は当て布をしてからかけていきます。

丁寧に作業をして洗濯が終われば、これまで以上にもっと大事に着用していきたいと思えますので、普段のお手入れも含めて洗濯方法をマスターしましょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-暮らし
-, , ,

関連記事

後悔しないで!妊娠中にやっておきたいこと|断捨離

出産後のママたちの声の中に「妊娠中に断捨離や大掃除をしておけば良かった」というものがあります。 妊娠中といえば、お腹の赤ちゃんの安全の為を思って、重いものを持ってはいけないとか、動きすぎるのも良くない …

安心して我が子を預けられる動物病院を選ぶポイント

今や子どもの数よりも、飼われているペットの数の方が多い時代と言われていますが、そこで気になるのがペットに病気が見つかった場合にかかる動物病院の選び方です。 大切なペットを安心して預けられる動物病院を選 …

はじめてウサギを飼うために知っておきたいこと

動物園に行けば、ウサギとのふれあいコーナーを設置しているところもありますので、ウサギ好きにとってはたまらないスポットになるでしょう。 動物園に行けばいつでも会えるとはいっても、毎日いく事はできません。 …

美を追求する最新美容家電 ― ウブ毛カッター ―

ファッションの流行や服装などの都合により、季節を問わず一年を通してムダ毛ケアが必須な場合も多々あります。 ムダ毛処理というと、脇やすね部分など太くて硬い毛の多い部分を想像する人が多く、意外と見落としが …

楽天モバイルの格安スマホ・格安SIMの特徴とおすすめポイント

今や定番となっているスマートフォンですが、結構本体価格が高いのが特徴です。 また、SIMカードの費用もかかるので、ゲラケーから買い換えをしてないと人も結構います。 今回は、非常に安価に利用できる格安ス …

楽天モーションウィジェット