結婚指輪の人気デザインについて:バー

リングに、大きな宝石を取り付けた結婚指輪は魅力的ではありますが、小さい宝石を並べて固定する事でも、豪華な雰囲気を演出する事ができます。

小さな宝石を固定する方法は、様々な方法が存在していますが、それぞれメリットとデメリットが存在しているので、購入する際には注意しましょう。

スポンサーリンク

結婚指輪、人気のデザイン|バー

結婚指輪に小さな宝石を固定する事に適したバーセッティングとは

チャネルセッティングという固定方法は、2本のレールをリング上に用意し、その間に宝石を挟むようにして固定する方法で、宝石が目立ち過ぎず、確かな固定能力を有しているので人気の固定方法です。

しかしレールの間に宝石を固定するため、宝石の形状や輝きをあまり活かす事ができないので、最大限の宝石の輝きを結婚指輪に求めている人にはお勧めできません。

最もお勧めする方法は、バーセッティングと呼ばれている固定方法で、貴金属製の細いバーの上に宝石を並べていくため、大きな宝石を留めた時と同じくらいの豪華な雰囲気を演出する事ができるのです。

また宝石に光が入る様に、両サイドには空間を開けてあるため、宝石の最大限の輝きを楽しむ事ができます。

他にも小さな宝石を固定する方法には、小さな貴金属の爪で宝石を留めるパヴェセッティングや、リングの表面に小さな穴をあけてその部分に宝石をはめ込むフラッシュセッティングが有名になっています。

しかし、パヴェセッティングは爪で宝石を抑えるので宝石を傷つけてしまう可能性がありますし、フラッシュセッティングはリングの表面に穴をあけるため、耐久性の低下が心配される固定方法になっています。

なので小さな宝石を綺麗なデザインで配置した結婚指輪が欲しい方は、バーセッティングの固定方法で宝石を留めた指輪を購入する事をお勧めします。

バーセッティングに適しているエタニティリングとは

バーセッティングは、宝石の輝きを活かしながらも高い固定能力を有している固定方法ですが、さらに綺麗な結婚指輪にするには、エタニティリングにする事を強くお勧めします。

エタニティリングとは、同じサイズで同じカットの宝石を一列に並べて配置する指輪の事で、宝石が綺麗なラインを形成しているので、大きな宝石とは違った美しさが人気になっています。

エタニティリングは、フルエタニティとハーフエタニティが存在しており、フルエタニティはリングの全周に宝石を留めているので、価格は高額ですが豪華な作りになっている点がメリットです。

また結婚指輪としてだけではなく、婚約指輪としてもフルエタニティリングは利用される事が多いので、幅広い用途でプレゼントできる指輪としても有名になっています。

ただし価格とは別に、購入時の注意事項として、フルエタニティリングはリング上全てに宝石を留めるため、販売している多くのお店ではサイズ直しを受け付けていない可能性が高いのです。

そのため、自分の指のサイズにあった指輪を見つけるのが大変というデメリットが存在しています。

しかし、バーセッティングで並べられたフルエタニティリングの姿は圧巻なので、購入候補の一つとして強くお勧めします。

そしてハーフエタニティについてですが、フルエタニティとは違い、リングの一部分にだけバーセッティングで宝石を固定するため、価格も安く多くの人に親しまれています。

また、宝石が一部分にしか留められていないため、サイズ直しをする事ができるというメリットが存在しており、フルエタニティと違い、自分の指のサイズに合う指輪を探す手間が省けるメリットも存在しています。

バーセッティングに適した宝石のカットについて

バーセッティングは、宝石を並べるデザインが人気の要因になっていますが、留める宝石のカットについても、デザインを大きく左右する要因になっています。

結婚指輪では、留める宝石としてダイヤモンドを利用する事が多いので、ブリリアントカットが使用される事が多くなっています。

このブリリアンカットは、ダイヤモンドがあらゆる輝きを放つにようにするため、様々なカットが存在しています。

一番知れ渡っているのは、ダイヤモンドの価値を決定する4Cの評価をする唯一のカットとして知られているラウンドブリリアンカットで、上面が円形状で58面体が作られているため、多くの人がダイヤモンドの形状を想像する時にでてくる形状として知られています。

またバーセッティングする宝石とは適していませんが、ハートシェイプブリリアンカットという方法もあります。

この方法は、大きな宝石を65面体という多数のファセットで構成するようにカットされており、輝き方が他のカットと違うので、一部では人気になっているカットです。

バーセッティングで留める宝石は、原則的にある程度強い強度を保ったカットでなければならないため、ハートシェイプブリリアンカットやステップカット等、形状や大きさの影響で強度をキープできないカットの宝石は適していません。

なので、カットバーセッティングで留めるのであれば、ラウンドブリリアンカットかオーバルブリリアンカット、そしてマーキースブリリアンカットかペアシェイプブリリアンカットの宝石の指輪をお勧めします。

これらのカット方法は、全て宝石の輝きを最大限活かしたカットなので、バーセッティングでエタニティリングにすれば、宝石の輝きや強度等を最高のクオリティした、結婚指輪にする事ができ非常にお勧めです。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-暮らし
-, ,

関連記事

結婚指輪の刻印は何を刻む?記念日

結婚指輪には、好きな刻印を入れることができます。 刻印を入れることで、二人だけのオリジナル性が出ますし、一生の記念になるのもいいところですよね。

デジタル遺品はどう整理すればいいの?

デジタル遺品とは、ネット上に残されたデータを始めとして、パソコンのハードディスクやスマートフォンに保存されているファイルがあてはまります。 具体的には、ブログやSNSのアカウントであったり、携帯電話や …

洗濯の基礎知識を学ぶ!取り扱い絵表示(干し方)

最近、洗濯に関する表示が変わりました。 今までの絵表示では、日本工業規格で定められた日本独自のものでしたが、新しい洗濯表示では、従来の22種類から41種類に細分化されました。 これは国際規格に合わせた …

TONE mobileの格安スマホ・格安SIMの特徴とおすすめポイント

ツタヤが展開する格安SIMサービスとして、これから初めて格安スマホを使おうという人にも推奨できるのが、TONE mobileというサービスとなります。 同サービスの特徴や、おすすめ点などについて解説を …

初心者におすすめのペット:ハムスター

ハムスターはペットを飼育したことがない初心者にも比較的楽に飼育することができます。 しかし、生き物を飼う以上、飼育方法をしっかり確認して大切に育ててあげましょう。 大切に育てることで、ハムスターも飼い …

楽天モーションウィジェット