結婚指輪の人気デザインについて:ダイヤ入り

ダイヤモンドは、美しさ、希少価値、耐久性を兼ね備えた最も高価な宝石として知られています。

結婚指輪では、ダイヤモンドを埋め込むタイプのリングが人気で、特に女性のリングには多くのケースでダイヤがセッティングされています。

スポンサーリンク

知っておきたい基礎知識!ダイヤモンドのついて

ダイヤモンドの基礎知識について

結婚指輪のダイヤモンドを選ぶときには、4Cに注目しましょう。Cut、Clarity、Carat、Colorの頭文字を取って4Cと言います。

Cutは研磨です。ダイヤで唯一人の手が加わる部分で、代表的なカットは、最も強い輝きを得ることができるラウンド・ブリリアント・カットです。

その他、ジルコン・カット、ラジアント・カット、シングル・カットなど数えきれないほどの種類があります。研磨技術により、グレードは5段階で評価され、Excellent以上が理想です。

Clarityは透明度です。内包物や傷がない透明度の高いもの程よいとして、11段階に分けられます。

内包物が少ないほど価値が高くなりますが、VS以上なら輝きに影響を与えず、ダイヤの美しさが損なわれることはありません。

Caratは重量です。ダイヤの大きさに比例しますが、基準は1カラット=200ミリグラム(0.2グラム)です。

結婚指輪では0.2~0.3カラットが平均となっているので、大きさにして3.7mm~4.3mmになります。

Colorは色です。無色透明なほどほど価値が高く、黄み色を帯びるまでのD~Zで評価されます。出来るほど無色なものが良いとされるので、できればF以上の無色、もしくはI以上のほぼ無色が理想です。

ダイヤモンドの価値は価格に反映されますが、一生に一度の買い物です。ダイヤモンドの価値に注意して選んでみましょう。

ダイヤ入り結婚指輪の人気デザイン

ダイヤ入りのデザインでは、主にたて爪、埋め込み、メレ、パヴェ、エタニティ、ハーフエタニティの6タイプがあります。

たて爪タイプは、どちらかというと婚約指輪の定番デザインです。爪でダイヤを持ち上げてダイヤモンドの輝きを主張します。

対して爪を使わずリングに埋め込んでしまう埋め込みタイプは、結婚指輪の定番デザインでしょう。リングとダイヤがフラットな状態になるので、洋服などに引っかかりにくく、普段使いに向いています。

メレタイプは、0.02ctほどの小さなダイヤのことを言います。どちらかというとメインのダイヤモンドの引き立て役で、メインに並べてセッティングすると、ゴージャス感がアップするのが特徴です。

ただ結婚指輪のようなシンプルさを求める指輪は、メレダイヤをメインとした埋め込みタイプのデザインも人気です。

パヴェタイプは、メレダイヤを石畳のようにリングに敷き詰めたデザインで、小粒とはいえダイヤの集合体なので輝きが違います。

エタニティタイプは、リングをダイヤで一周するデザイン、ハーフエタニティタイプは、リングをダイヤで半周するデザインです。

この3タイプもどちらかというと婚約指輪に多いデザインですが、エタニティやハーフエタニティは、結婚指輪として選んでいる人も少なくはありません。また、婚約指輪を購入せず、結婚指輪を奮発する夫婦が選びがちです。

ダイヤ入りを選ぶのは主に女性で、男性はダイヤ無しのプレーンタイプの結婚指輪を選ぶことが多くなっています。男性でダイヤ入りを選ぶ場合は、メレダイヤをメインとした埋め込みタイプが人気です。

ダイヤモンドの価値と、ブランドの価値

ダイヤモンドと言えば高価な宝石なので、価格にどのくらいの影響を与えるのかが気になるところです。

ただ、一口にダイヤモンドといっても、4Cの基準で変わるので、一概に幾らとは言えず、ブランドによっても変わるのが現状です。

実際、ブランドによって同じグレードのダイヤモンドでも、ノーブランドに比べると、倍ほど高くなる傾向にあります。

何故ブランドで価格が変わるのか、それはブランドのネームバリューによる影響です。

どんな商品でも、ブランド品の価値の多くはネームバリューにあり、それは結婚指輪でも変わりません。ダイヤそのものの価値に関しては、鑑定書によって数値付けされているので、高級ブランドでなくても高品質のダイヤモンドは選ぶことはできます。

言い換えれば、同じクオリティのダイヤモンドを、ノーブランドでなら安く購入できる、また、同じ価格でよりクオリティの高いダイヤモンドを購入できるということでもあります。

デザインに関しても、アームの種類やダイヤの配置など定番はどこでも作れますし、特別ブランドに拘りがあるわけではないのなら、ダイヤモンドそのものの価値で選んでみるのもいいでしょう。

もちろんブランドには安心感や満足感があるので、何を求めるかはパートナーと相談して決めてください。

ちなみに、結婚指輪自体の購入価格平均は1本で10万円~20万円なので、この範囲を一つの目安として選んでみるといいでしょう。

ブランドものになれば、メレダイヤ入りのタイプで10万円~20万円ほどは見ておく必要があるので、予算に応じてブランドかノーブランドかを選ぶ方法もあります。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-暮らし
-, ,

関連記事

クレジットカード「ダイナースクラブカード」の特徴やおすすめポイント

ダイナースクラブカードは、世界で最初にできたクレジットカードで、日本でももっとも長い歴史を持つものになります。 このカードは、通常ランクのものであっても、他のクレジットカード会社のプラチナランクの特典 …

【DIY】穴を開けたくないならディアウォールdeキッチン収納

収納はとても大切で、少しの大きさの違いでもしまう物の量に差が出てきます。 そのようなときには、収納箇所を増やすことも大切で、収納ラックなどを使用したりすることもあります。 リビングや寝室などであれば、 …

NifMoの格安スマホ・格安SIMの特徴とおすすめポイント

数年前に比べ、MVNOに参入する企業が増えてきました。 ここまで注目されるようになった背景としては、携帯電話大手3社の利用料金より、半額以下でスマホを所有できるようになったことでしょう。 格安SIMを …

バランスが大事!ミニマムライフを実践してみた

現代はいろいろな物があふれかえっていてます。 私も家の中に物があふれかえってしまって、ちょっとうんざりしていました。 「ミニマリスト」という考え方を実践されている方が多くいるので、私も少し実践してみま …

知っておきたい通夜・葬式の参列マナー:清め塩の正しい使い方

知人や親族のお葬式に参列した後、帰り際に清め塩を渡されることが多いのですが、どのように使えば良いか知らない人も多いのではないでしょうか。 自宅に入る前に、正しく使う必要があるので、正しい使い方を知って …

楽天モーションウィジェット