結婚指輪は毎日つける?外す?

結婚指輪は、単なるアクセサリーとしてのものだけではありません。

結婚の誓いの形であったり、結婚しているという事を周りに知らせるという役割を持った、重要なものでもあります。

持っているけれど付けていないというのはもったいないですから、できるだけ身につけて活用していきたいものです。

スポンサーリンク

みんなはどうしてる?結婚指輪をつける頻度

結婚指輪はできるだけ身につけたいもの

結婚前まではオシャレに気を遣っているという方も、結婚すると生活という現実に直面することになり、おしゃれを忘れてしまいがちです。

やるべきことはたくさんありますし、着飾ってばかりはいられなくなります。お子さんが生まれれば特に忙しくなり、自分のファッションなどは、二の次となっていくのです。

こうした状況でも、結婚指輪だけはきちんと身につけているという事で、自分自身の自信につながることもあります。

再びおしゃれをしようと思うきっかけになるかもしれません。毎日忙しいときほど、結婚指輪を身に着けてみましょう。

毎日身につけることができるようなものを選んでいくということが、コツといえます。

特に、衛生面に気を遣わなければならない仕事をしている方や、子供のお世話をしなければならないということが決まっているような場合は、汚れなどが付きにくく、シンプルな形のものにすると付けやすいでしょう。

石がついていたり、複雑な細工がしてあると、他のところに当たってしまったり、汚れがついて不衛生になりがちです。

デザインももちろん大切ではありますが、どのような時でも常に身に着けていくという事を考えれば、シンプルなフォルムで、扱いやすいものにしておくのがベストといえるでしょう。

毎日付けるときの注意点と、対策について

結婚指輪を毎日身につけたいという事は、多くの方の希望といえます。そのため、年代も問わずにつけやすく、汚れなども付きにくいシンプルな形の指輪を選ばれるカップルも多いでしょう。

形がシンプルだからこそ、素材をできるだけ良いものにするなど、別の部分でこだわりを発揮していきましょう。

外出時なども常につけているという場合、外した時に紛失しないように注意しましょう。いつも付けているつもりでいても、ひどく手が汚れた時や、食品を扱うとき、赤ちゃんのケアをするときなどは、必要があって外すことも多いです。

特に水回りで外すことが多くなり、ちょっとだけ置いておくつもりで棚に置いていたら落としてしまい、排水口から流れて行ってしまったという事も多いです。

指輪が近くにある時は、排水口をふさいでおくなどという対策をとっておきましょう。

できれば、外した時に指輪をおさめるケースを用意して、いつもと同じケースに入れるようにするのがおすすめです。置いた場所を、うっかり忘れてしまうという事もあります。

大切なアイテムだからこそ、なくならないようにきちんと収納しておくということが必要になります。

出先で外す必要が出てくることもあるので、専用のポーチなどをきちんと用意しておきましょう。

家にいて必要があって指輪を外す時は、その場にちょっと置いたりするのではなく、専用の置き場所を用意して、そこから動かさないようにするのがコツです。

こうすることで、大切な結婚指輪の紛失を防ぐことができ、一生大切にしながら身に着けていくということができるようになります。

はじめからつけないという選択肢もあり

食品関係の仕事や、医療介護関係の仕事をしている方は、特に指輪など汚れを持ち込みやすく、異物混入などの恐れがあるようなものは、身につけることができないという事も多いでしょう。

また、赤ちゃんのお世話をするときに、金属製の指輪を指に付けていると、ちょっとしたときに赤ちゃんを傷つけてしまう恐れもあります。

指輪自体に雑菌なども溜まりやすく、衛生面でも心配が出てきます。

そこで、そういった仕事に就いていたり、赤ちゃんのお世話をする時期などには、はじめからつけないという事も考えておく必要があります。

最後に

結婚指輪だからと言って、毎日付けないといけないというものでもありません。

それがないからと言って、二人の絆が無くなるものでもありません。ファッションよりも優先すべきことがあるのならば、その時期は我慢するという事も、大人の選択といえるでしょう。

しばらくつけないことが確実という場合は、どこに行ったか分からなくならないように、きちんと保管しておきましょう。

適当に棚の奥にしまっておいたりすると、肝心な時に出すことができなくなります。

親族の集まる場所など、結婚指輪をしておいたほうが良い場面などもあるものです。しまった場所を忘れないように、工夫して収納しておきましょう。

常に見える場所で、きれいなジュエリーボックスに入れて大切にしておくのもよいでしょう。

結婚式の思い出のグッズを飾っている方も多いですが、それとともにディスプレイしておくのも素敵です。

身につけない場合でも、二人の絆を示す大切なアイテムとして、いつも意識していられるようにしていきたいものです。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-暮らし
-, ,

関連記事

引っ越し挨拶のギフトは何がいい?

引っ越しの挨拶のときには、なにか手土産を持参するのが一般的と言われています。 初めての引っ越しの場合は、何をもっていったらいいのかわからない、という場合が多いです。 引っ越しの際の挨拶ギフトでおすすめ …

ペットを家族に迎える前に知っておきたいこと

ペットを飼ってみたいと思う方も多いのではないでしょうか。犬や猫、小鳥やうさぎなど、どんな動物でもペットとして一緒に暮らせば可愛いもの。 でもまずは飼い始める前に、実際にペットを迎えるために必要なことを …

ネット銀行活用術 : イオン銀行の特徴

イオン銀行は、スーパーやショッピングモールを運営する流通大手のイオングループの銀行です。イオンモールやイオン系列のスーパーを利用する方であれば、銀行ATMやカウンターを目にすることがあります。 イオン …

いまさら聞けない年金入門|国民年金の仕組み

国民年金は、日本に住む20歳から60歳までの人が加入する、公的な年金制度です。 国民年金は、加入が義務付けられているので、基本的には20歳から60歳になるまで、国民年金を払い続けることになります。 た …

すっきり片付け!クローゼット収納術

クローゼットを見てください。 スキマがありませんか? これは、うまく空間を利用できていないということです。 ちょっとした収納のコツをマスターすれば、うまく空間を埋められます。

楽天モーションウィジェット