結婚指輪の相場は?

いざ結婚を考えたり、決めたりする立場になると、次に頭に浮かぶのは指輪のことでしょう。

結婚指輪と婚約指輪は、根本的に意味合いや購入時の相場に違いがありますが、意外とあやふやなことも多く、いざという時に混乱してしまう方も多いのが現状です。

スポンサーリンク

意外と聞けない!結婚指輪の相場

結婚指輪と婚約指輪のちがいについて

婚約指輪は、エンゲージリングとも呼び、結婚を決めた時に、婚約の証として男性から女性に贈られる指輪のことを指します。つまり結婚指輪よりも前に、プロポーズに合わせて購入をしておくことも多いのが婚約指輪です。

相場は3~40万円程度であり、昔から給料3か月分もしくは年収の3割が目安とも言われていて、結婚指輪よりも豪華でダイヤモンドが入っているリングです。

これに対して結婚指輪は、マリッジリングとも呼ばれ、結婚式のときにはじめて新郎新婦の間で交換をして、夫婦として共に人生を歩んでいく誓いを、形にしたものであるとされています。

リングは永遠に途切れることのない愛情を表現したもので、身に付けることで、相手の存在を強く感じるという意味合いが込められています。

こちらは婚約指輪とは異なり、男女ペアで日常的に身に付けるリングであるため、シンプルなデザインで仕上げることが多く、相場はペアで15~25万程度であることがほとんどです。

このように結婚指輪と婚約指輪は相場や身に付ける意味合い、贈るタイミングなどあらゆる点においてきちんと違いがあり、しっかりと理解した上で準備をしていく必要があります。

お気に入りのブランドや、目を付けているジュエリーショップを事前に見つけて、購入はまだであってもたまに足を運んでサイズや商品情報などを確認しておくとスムーズでしょう。

結婚指輪の買い方、選び方について

結婚指輪は女性だけでなく、男性も随時身に付けるということが婚約指輪との大きな違いです。

よって結婚指輪のデザインは、それぞれの夫婦のライフスタイルや好みに合った、継続的に着用しやすいものを選ぶと良いとされています。

結婚指輪の選び方としては、まずリングのデザインを選びます。

デザインとしては、シンプルで重ね付けしやすいスタンダードなストレートタイプ、流れるようなスタイリッシュカーブタイプ、指を綺麗に見せるU字デザインタイプが主にあげられ、実際に指につけながら確認して決めていきます。

次にリングの表面の光沢などの仕上がりを選びます。

仕上げの種類としては、キラキラと輝くミラー仕上げと呼ばれるものと、光沢を抑えたマット仕上げがあげられます。これは男女で違った仕上げでオーダーが可能なので、男性はマット仕上げを好む方も多いです。

そして最後に色味の調整や刻印の有無、ジュエリーの有無などをサンプルを見ながら細かく決めていきます。

色味に関しては、定番のプラチナやシルバーの他にも、最近ではゴールドやピンクゴールドも人気です。

結婚指輪の購入のタイミングとしては、挙式の3~6か月前にはショップに行くようにすることが望ましいです。発注後に指輪が実際に手元に届く時期としては、既製品でも1~2週間、セミオーダーだと1か月、フルオーダーやお取り寄せ品であれば、2~3ヵ月の期間を要するため、早めの行動を意識しましょう。

また、手元に届いてからも微妙なサイズ直しや、デザイン直しをする可能性も考えられるので、挙式前に焦ることなく余裕をもって準備を終わらせるためにも、挙式が決まり次第、指輪選びに行くことをおすすめします。

結婚指輪の購入額の相場について

結婚指輪の値段は、それぞれの夫婦が選んだ素材の純度や重さ、さらに宝石の大きさや個数、そしてデザインなどをトータルして見積もられるため、一つとして同じものはなく、また決まったパターンもないために、指輪の購入額は夫婦によってピンキリです。

相場としてはペアで15~25万円くらいとされており、内訳としては、女性のリングが10~15万円で、男性のリングが7~10万円ほどであることが多いです。

ペアでも女性のリングの方がやや高めであるのは、男性はいたってシンプルなリングを好むのに対して、女性は結婚指輪のデザインや色味にこだわりがちで、女性のリングの方にだけ宝石を入れることもできるためです。

最近では、色味として発色が美しく退色しづらいホワイトゴールドや、見た目がかわいくて肌馴染みの良いピンクゴールドも女性から人気なので、色々とオーダーするとオプションとして値が上がっていきます。

また結婚指輪の予算は、男性のみが働いている場合と、夫婦で共働きの場合など、家庭に入る年収の額によっても、夫婦間での理想や設定が異なるでしょう。

年収が高くても指輪はシンプルにする場合もありますが、統計としては年収500万円以上の夫婦は、結婚指輪の値段も3~40万前後にまであがるというデータが出ていますので、年収によっても結婚指輪のデザインや宝石の有無、ブランドに、どこまでこだわれるかという点では選択の幅が広がるといえます。

しかしこれはあくまで相場なので、結婚指輪はお互いの好みやライフスタイルに見合ったものを、無理のない範囲で相談しながら満足のいく商品を選ぶことが望ましいです。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-暮らし
-, ,

関連記事

洗い方をマスターする:ベッドパッド

ベッドは、床に設置したフレームの上にマットレスを置き、さらにベッドパッドとシーツによって保護するのが基本的な構成です。 シーツは直接肌に触れる部分だから、こまめに洗濯することが推奨されており、複数の替 …

フリマアプリ「チケット流通センター」の特徴や使い方

スマートフォンなどで利用できるフリマアプリのひとつに、チケット流通センターがあります。 様々な商品を幅広く取り扱っているのではなく、ライブやイベントなどのチケットのみを、個人間売買できるようになってい …

電子レンジ掃除のコツ

色々なものを温めることが出来る電子レンジは調理器具としてなくてはならないものですよね。 最近では多機能のものが増えてきて、食材を温めるだけではなく、お料理をするための器具としても利用している人が多いの …

エキサイトモバイルの格安スマホ・格安SIMの特徴とおすすめポイント

近年、数多くの格安SIM業者が、名乗りを上げています。 数が多いので、どれにすれば良いのか迷っている方もいるでしょう。 今回は、格安業者の中でも、細かいプランが用意されている、エキサイトモバイルを紹介 …

効率アップ!洗濯物の片付けを楽チンにする方法

毎日清潔な衣服を着て生活したいですね。 何日も洗濯をしていないような衣類では、不衛生ですし臭いも出てくるかもしれません。 いくら毎日お風呂に入って清潔にしていたとしても、着るものが清潔ではなければ意味 …

楽天モーションウィジェット