結婚指輪の購入時期は?

結婚するカップルにとって、結婚指輪はとても大事なものであり、結婚式では結婚指輪が登場するなど、その演出にも大きな影響を与えることになります。

購入するタイミングとしては、結婚式の半年前に購入している人が多く、そこを前後するケースで半数を超える形となっています。

結婚式の半年前というタイミングは、結婚式の準備、結婚した後の生活などやるべきことが徐々に出始め、それを片づけていく時に合致します。

結婚指輪を探している暇が段々となくなるため、半年前というタイミングで結婚指輪を購入してしまおうというカップルが多いことが分かります。

スポンサーリンク

結婚指輪、どの時期に買えばいい?

結婚式の直前直後に購入する人は少数派

一方、結婚式の3か月前という答えも多く聞かれました。

以前のように、結婚式の場所を決めるタイミングで結婚指輪の購入をするケースは減っており、自分たちで結婚式を手作りするケースや、身内だけでやる場合など、そんなに前に用意しなくてもいいケースもあるため、3か月前でも十分に間に合うというのも背景にはあります。

中にはn1年前に用意してしまうケースもありますが、これは少数派です。

さらに少数派は、結婚式の直前直後に購入するケースです。

特に結婚式の直後だと、ほんのわずかという結果になります。結婚式で指輪の交換をするという演出を入れなければ、わざわざそこで用意する必要はありません。

ただ、結婚に関する費用やその工面などを考えると、前もって用意しておく方が計算しやすく、お金の面で苦労することになることから、計画的な購入というのも結婚指輪に関しては求められます。

また、購入時期は、結婚指輪の資金の負担によっても左右します。

誰が負担するかで購入時期が変わる

結婚指輪の購入にあたり、誰が負担をするのかはカップルによって様々です。すべてを一方が負担するということはなく、結婚式費用は夫が全部出したので、それ以外は妻が出すという場合や、結婚式費用は親が出してくれたので、結婚指輪に関しては夫婦が共同して出すというケース、もちろんその逆もあります。

新郎新婦側が出すのか、それとも親が出すのか、こうしたことでも購入のタイミングはかなり変わります。

たいていの場合は、夫婦が共同して負担することが多く、妻が負担するケースはほとんどないのが現状です。

・夫婦が共同で出す場合
結婚指輪にそもそもいくらかけるのかというところから始めます。

そして、指輪交換の儀式を行うのかなども考慮し、決めていくことになります。最初の時点で、こうしたものにこだわりがないと先延ばしされ、購入のタイミングはどんどん後にずれていきます。

妻がこだわりを持っていると、結婚指輪を買いに行こうと急かし、ある程度早期に購入が決定します。まして妻が負担するとなれば、かなり前に購入するということも十分に考えられます。

夫が購入する場合も同様であり、ボーナスとの兼ね合いはあるものの、なるべく妻の希望をかなえるタイミングで購入することになります。

・親が出すという場合
親との兼ね合いになります。

親が結婚指輪に関して口を出すケースはわずかながらも存在し、お金を出すとなると、かなり難航することも予想されます。

できれば自分たちで負担した方がよく、納得した形で決めたいという場合には、婚約指輪の段階で結婚指輪まで考えておくのも1つです。

2人が納得したタイミングがベスト

半年前に購入するべきだ、3か月前でも十分間に合うと結婚情報誌などには書かれ、周囲の人もそのようなことを言います。

しかし、実際のところは、この指輪がいいと納得して決めたタイミングがベストであることは明らかです。もう半年前だから、何でもいいからこの中から選ぶと妥協してしまうのは最悪であり、その程度の認識しかないのかというモヤモヤが、最後まで2人の中に去来することになります。

家探しでもそうですが、時間で決めてその中で選ぶということはまずしません。

納得した上で決めるケースがほとんどであり、妥協して決めたケースの多くは、どこかで後悔をすることになります。

結婚式の後に購入するという場合でも、2人が納得した形であれば特に問題はありません。

この時期に購入した方が望ましいというだけであり、問題は気持ちがこもっているかどうかということになります。

一方、凝ったものを作るのであれば、相当前から準備をしておくことが求められます。結婚指輪に刻印する文字をどうするか、宝石は何にするかなど、デザイン面なども考えなければなりません。

ここでも妥協は禁物であり、ケンカしてもいいので、ぶつかりあって決めていくことが大事になります。あくまで2人が納得して決めたかどうか、そこが重要です。

最後に

婚約指輪に比べればサプライズもなく、盛り上がりもそこまでありませんが、それでも大事なアイテムであり、2人をつなぐ証であることに間違いありません。

だからこそ、妥協をすることは許されず、一生涯にわたって身につけるもの、一生の買い物として考えることが大事になっていきます。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-暮らし
-, ,

関連記事

いまさら聞けない年金入門|遺族年金の仕組み

遺族年金は、生計を1つにしていた家族が死亡した場合、遺族に支給されるものます。65歳を超える必要はありません。 遺族基礎年金と遺族厚生年金の2種類があり、公務員を対象にした共済年金が、2015年から厚 …

一人暮らしにおススメの街:中野の魅力

「東京で住みたい街ベスト20」の中にランキングをしている中野には、さまざまな魅力があります。 中でもアクセスの良さは群を抜いており、3つの路線が乗り入れています。中央線快速に乗れば、新宿までたったの5 …

ネット銀行活用術 : シティバンク銀行の特徴

シティバンク銀行は日本の銀行でしたが、アメリカ合衆国のシティグループ傘下の日本法人として事業を行ってきました。2007年に開業したものの、現在ではシティバンク銀行という名の銀行は存在しません。

セスキ炭酸ソーダで掃除する効果的な使い方

重曹が万能な洗剤として掃除などに活用されているのはご存知の方がおおいでしょうが、実はこのセスキ炭酸ソーダも簡単に手に入れることができる上に、重曹よりも水に溶けやすいという性質がありますので使い勝手も抜 …

ネット銀行活用術 : セブン銀行の特徴

セブン銀行は、セブンイレブンの手がけるネットバンキングで、全国にあるセブンイレブンのコンビニ店舗にあるATMを利用できる点がメリットとなっています。

楽天モーションウィジェット