何色にする?ファーの色について

秋冬に活躍するファーアイテムは、手持ちの服に合わせやすく、使い勝手が良いです。

この時に気になるのが、どの色を選ぶべきかで、好みはもちろん、色の持つイメージを考えてチョイスすると、コーデに役立ちセンスアップにつながります。

スポンサーリンク

秋冬に活躍するアイテムです

秋冬になると人気が高まり、活躍するのがファーアイテムです。

本物の毛皮からフェイクまで幅広く、手軽なファッションアイテムとして使用する時は、フェイクがおすすめで、価格的に安く、手入れも簡単なので、使い回しがしやすいのが特徴です。

手持ちの服に加えるだけで、イメージが一転して、季節を感じさせるコーディネートが完成します。

そして、ファーは天然素材でも白や黒、茶といった色があり、フェイクになると、さらに赤や青、ピンクなども存在して、カラフルなラインナップとなるので、好みでチョイスできるのが魅力です。

アイテム数も数多く、ピアスやイヤリング、カチューシャなどのアクセサリー、バッグ、靴、マフラー、ケープなどがあるので、必要に応じて求めることができます。

アイテムによって、カジュアルからゴージャスまで、幅広いイメージのコーデを作り出すことができて、持っておくと重宝するはずです。

同じファーでも、アイテムや色によって仕上がりのイメージが変わってきますので、自分に似合う、またはトレンドを考えて購入すると、役立ちます。

初心者の方は、どれを選べばいいのか分からない場合もありますが、基本的には好みで考えて良く、まずは手頃なアクセサリーから試してみるのがおすすめです。

耳元を飾るピアスやイヤリングは、どのようなスタイルにも似合うので、初めて使用する人でも合わせやすくなります。

気になる人は、まずはアクセサリーからはじめてください。

色にはそれぞれイメージがあります

ファーアイテムを求める際に、色合いを考えるのが重要です。

基本的には、好きな色を選べばいいのですが、人にはパーソナルカラーという、似合う色がありますし、それぞれには潜在的なイメージがあり、コーディネートの仕上がりを左右してきます。

それだけに、悩んでしまう人は多く、基本的な知識を学んでおくと、求める際の参考になるはずです。

カラーセラピーを参考にすると、ファーでもオーソドックスな色となる黒色は高級、自信、威厳などになり、茶色は温和、安定、堅実となり、白色は清潔、平和、祝福となっています。

これらは、ポジティブなもので、反対にマイナスイメージも備わっているのですが、コーディネートを考える時は、気にすることはありません。

フェイクファーで多いピンクは、優しい、幸福、愛情となり、赤色は勇気、勝利、積極的などです。

こういった色のイメージを知っておくことで、コーデを考える際に、役立ってくれて、アイテムを求めやすくなります。

自分がどのようなイメージの服装をしたいのかも重要で、カジュアルテイストからゴージャスまで、幅広く対応できるのもファーアイテムの魅力です。

同じ品でも、色によって印象が異なってるので、なりたい自分のイメージをしっかりと考えて、選ぶことが大切になってきます。

ただ、あくまでイメージであり、好む色があればそれを選べば問題ありません。

少しずつ組み合わせていくと、バランスのとり方などが分かるようになってきます。

色によってコーデのイメージが変わります

色によってコーディネートの仕上がり、完成後のイメージが変わるのは、ファーだけではなく、すべての素材で言うことができます。

ここで気を付けたいのは、本物の毛皮でコートやボレロ、ジャケットなどを購入する時で、価格的に高額になるので、しっかりと考えて選んでください。

同じ毛皮のコートでも、黒と白では着た時の印象がまるで違っていますし、本物の場合は、毛の質感も変わってくるので、じっくりと悩んで納得してから求めてください。

逆に、ピアスやイヤリング、ブローチなどのアクセサリー類は、気楽に選んでも問題なく、まずは自分が気に入ったデザインや色で、選び使用してみると分かりやすいです。

色のバランスも、実際に使ってみた方が実感しやすく、次に購入するアイテム選びの役に立ちます。

また、ファーの定番アイテムとして、バッグや靴があり、これらは手持ちの服の色を考えて求めると、見つけやすくなるはずです。

そして、ファーを使う時のポイントは、使い過ぎないことで、多くとも二点くらいをコーデに取り入れるのが良く、増やし過ぎると下品な印象になってしまいます。

マフラーやケープ、バッグなどを持つなら、足元の靴、もしくはピアスやイヤリングなどと一緒に使うと、バランスが良いです。

そして、使い勝手の良い色はシンプルな黒、茶、白ですが、アクセントとして利用する時は、ピンクや赤などもおすすめになります。

それぞれのシチュエーション、コーデに合わせて使いわけてください。

最後に

ファーアイテムは、コーデに加えることによって、手持ちの服に秋冬らしさを出すことができる、便利なものです。

これから新しく求めようとしている時には、色合いを考えるのもよく、好みやイメージなども大切な要素になります。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-ファッション
-, , , , ,

関連記事

リアルファーのメリット・デメリット

稲作が始まるよりも以前から人は、動物を狩り、その肉を食べるだけでなく、毛皮もまた防寒のために利用していました。 温暖化が進む中、日本で毛皮が必要なほどの寒さと言うのは、それほどありません。 しかしなが …

赤ワンピにサッシュベルトを付けて今時スタイル

1970年から1980年にサッシュベルトが流行りましたが、また最近流行っているようです。 体系が変わったきた大人の方に、是非試してみてほしいサッシュベルトスタイルです。ウエストの位置よりも、少し上の位 …

リブニットセーターの魅せ方「淡い色を選んで差し色に」

リブニットセーターの魅せ方を、難しいと感じる人は多いのではないでしょうか。実は簡単なポイントで、すごく素敵な着こなしが実現できます。 それは淡い色を選んで差し色にすることです。拍子抜けするくらい簡単で …

春もベレー帽が大活躍!パリっぽいコーディネートに大変身!

春の帽子といえばコットンや麻の素材を選び、おしゃれよりも紫外線カットの方に重点を置きがちですが、パリでは春にもベレー帽を取り入れています。 特にハンチングのレースアップのベレー帽は、モノトーンコーデな …

プチプラアイテムでもオシャレに見える!「ベルト」

プチプラアイテムと言うと、非常にチープな印象を持ってしまう人が多いものですが、コーディネートの仕方によっては非常にお洒落に見せることも可能です。 特にベルトは、その合わせ方により非常にオシャレに印象づ …

楽天モーションウィジェット