今年1本は持ってたいハイウエストデニム!「ワイドパンツ」

2016年から引き続きトレンドが続いているワイドボトムですが、中でも足長に見えるハイウエストのワイドパンツはとても人気があります。

スポンサーリンク

ハイウエストとは

ハイウエストとは、通常よりも高い位置にウエストマークがくるボトムのことです。
ワイドパンツはいろいろな太さのものがありますが、最近流行っているのはかなり太めのものです。腰の位置が高く見え、ヒールのあるシューズと合わせるとかなり足が長く見え、クールな印象のコーディネートがつくりやすいアイテムです。

このようなハイウエストのワイドパンツは、各お店からたくさん出ており、デニム、コットン、ベロアなど素材も様々です。
高級ブランドやコレクションブランドから、プチプライスで買えるようなお店までどこでも売っています。それだけトレンドアイテムということですね。

トップスとも合わせやすい

トップスはなんでも合わせやすいですし、シューズもパンプスやブーツはもちろん、ヒールのないスニーカーなどでも合わせられます。は
季節もいつでも履けるので、いつも履いているボトムとちょっと印象を変えたいな、というときに取り入れるのをおすすめします。

普段スカートが多かったり、スキニーパンツなどが苦手な人でも、ワイドパンツならスカート感覚で履けるので抵抗がない、という人も多いです。また、ぐっと大人っぽく印象を変えられるので素敵ですよ。
ハイウエストのスキニーパンツだとかなりスタイルに自信がないとなかなか履きにくいですが、ワイドパンツならチャレンジしやすいですよね。

デニム素材なら着回し度NO.1

また、素材についてはデニム素材が一番着まわしが効きます。
女性のデニムスタイルといえば、スキニーデニムかちょっと太めのボーイフレンドデニムの2つが主流ですが、ワイドシルエットだとカジュアルな雰囲気で履けます。

ユニクロやジーユーなどの、プチプラショップでもたくさん売られていますので、3000円~5000円ぐらいで購入できます。
H&Mやフォーエバー21、ZARAなどのファストファッションの店舗でも多く取り扱いがあります。そういったお店のものも十分ラインが綺麗で、素材も良いものを使っているので、全然安っぽく見えませんよ。
インスタグラムやウェアーではいろいろなコーディネートも掲載されているので、参考にしながらコーディネートが出来ます。

素材を変えればオフィスにも

また、カジュアルなスタイルにも、オフィスコーディネートにも使えるのも嬉しいポイントです。
例えばロゴTやスエットなどとも合いますし、Vネックのニットやシャツなどのオフィス服にも合うのでどんなシーンでも活躍します。ワンパターンになりがちなオフィススタイルを、ちょっとおしゃれな雰囲気に変えられます。
デニムはさすがに履けませんが、綿やウールなどのしっかりとした素材であれば問題ありません。
シンプルなデザインのものや、センターにプリーツが入っているデザインのものを買えば、かなり着まわしが効くので便利ですよ。

おススメの理由は他にも

また、ハイウエストのボトムといえば、スカートやショートパンツなどいろいろ種類があります。
その中でも一番デイリーユース出来るのがワイドパンツです。

ハイウエストのボトムは、どうしてもちょっと派手なアイテムと合わせるとギャルっぽく見えてしまったり、クールすぎる印象になりがちです。普段スカートスタイルが多い、甘めが好きな人は、特に自分とは無縁のアイテムだと思っているでしょう。
ワイドパンツなんてかわいい雰囲気の服とは合わない、と。
しかし、そんなかわいい雰囲気が好きな人でも普段着ている甘めトップスとも合わせられるのです。フリルやレースがついたようなトップスと合わせても、トラッドな印象になって大人っぽく着られます。

さらに、ワイドパンツがおすすめの理由はまだあります。
女性で体系にコンプレックスがある人の多くは、下半身に持っている人が多いです。太ももが太い、ふくらはぎが張っている、ひざ上にお肉がついている、など。
そういったお悩みに対しても、ワイドパンツならすっきり足全体を隠せるのでコンプレックスを解消できます。
やはりコンプレックスのある部分は隠してしまうのが1番です。
トップスはぴったりとしたシルエットのものを着れば、全くぽっちゃりしている部分は見せずに済むので嬉しいですね。さらに、ヒールの靴と合わせれば細く見えるのでスタイルアップしたいという日にはぴったりです。

身長が低い、という人も最近はサイズ展開の多いお店もあるのでSサイズさん向けのワイドパンツをゲットするのがおすすめです。
やはり150センチ以下だと股下の長さが違ったり、全体的に大きいということがありがちですが、小さめサイズのものを履けば全体的にフィットします。

最後に

このように、ワイドパンツはとにかくデイリーユーズにぴったりで便利なボトムです。
1本持っていると絶対に使えるアイテムなので、まだ持っていない人はぜひチャレンジしてみましょう。もう1本持っている、という人も違う素材のものがあればかなり印象が変わりますよ。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-ビューティ, ファッション
-, , , ,

関連記事

秋に取り入れたいカラーを活かしたコーデ:グレー

カジュアルにも、オフィスなどきちんと感を出したい場面にも重宝するグレーのアイテムは、様々な色味や柄ものとも合わせやすい万能カラーです。 春夏秋冬を通して使い勝手が良いグレーですが、特に秋の定番カラーに …

小顔に見せる!トップスの選び方:引き締め色を選ぶ

小顔に見せるトップスの選び方は、引き締め色を選ぶことで決まりだといえます。 引き締めカラーの代名詞的な色は、やはり断然のブラックカラー!これはもはや、スリムに見せたい女子が、迷うことなく選ぶカラーだか …

女性らしさをUPするキレイめカジュアルを作る方法:ボディラインが見えるものを着る

女性らしさをUPするにキレイめカジュアルを作る方法は、ボディラインが見えるものを着ることです。カジュアルでも美しくいこなすことができますし、少し恥ずかしいと思う人も、思い切ってボディラインを強調するフ …

飽きないコートの着回し術:「ネイビー」でマリンテイストに

誰でも合わせやすく、上品で知的に見せられるネイビーのコートは、全体の色味を抑えシンプルにまとめるとオシャレになります。 マリンテイストの定番とも言える、爽やかなホワイトカラーのボーダーカットソーやTシ …

脂肪燃焼スープダイエットで痩せる?メリット・デメリット

脂肪燃焼スープダイエットは医療機関で誕生した減量方法であり、患者でも安心して食事をしながら、短期的な減量ができる方法です。 健康な一般の人のダイエットにも向いている方法であり、期間中には特製の野菜いっ …

楽天モーションウィジェット