ボードゲーム「私の世界の見方」のルールや楽しみ方

スポンサーリンク

私の世界の見方はどんなゲーム?

バラエティ番組の企画などでもよく見かける、与えられた題に対して複数の回答者が面白おかしく回答する「大喜利」を見て楽しむ方も多いでしょう。

そういった大喜利を楽しめるのが、ワード系ボードゲーム「私の世界の見方(Wie Ich Die Welt Sehe…)」です。

ドイツで誕生したボードゲームで、オリジナルは2004年に発売され、ドイツでは年間ゲーム大賞の推薦作を受賞するなど高い評価を受けています。

以前から日本でも注目されていたボードゲームではあったのですが、2015年についに日本版も発売されるようになりました。

日本版が発売される前から、和訳シールが貼られたドイツ版で楽しむ事も出来たのですが、今回の日本版に関して発売前に募集した「お題コンテスト」で選ばれたお題も製品化されているので、知り合いが考えたお題が入っている事もあるかもしれません。

親となるプレーヤーを決定して、その親プレイヤーが空欄が入ったお題を読み上げ、それを子プレイヤーが聞いて、その空欄部分を回答用の単語カードから自分のセンスで選ぶボードゲームなので、正に大喜利をプレイヤーみんなで楽しむボードゲームとなっています。

例えばお題カードは「家族そろってテレビを見ている時、(穴埋め)が画面に映ると気まずい」などといった内容になっていて、子プレイヤーはそれに対し「氷漬けマンモス」「ここにいる人たち」などの回答用の単語カードの中からカードを選ぶ事になります。

カードの選び方はシュール系・下ネタ・ブラックジョークでも何でも良いですが、組み合わせ方の数も相当な数なので、予測不可能な回答で場が盛り上がる事は間違いないでしょう。

私の世界の見方の遊び方・ルール

プレイ人数は2~9人まで、プレイ時間は大体30分ほどです。

少人数から大人数まで遊べ、絶妙な「間」を楽しむゲームでもあるので、堅苦しくなく気軽に遊べます。

まず、プレイヤーに12枚ずつ回答用の単語カードを配り、親となるプレイヤーが180枚あるお題カードの中から穴埋め部分があるお題を一つ読み上げます。

そのお題に対して、子プレイヤーは自分の所持している単語カードの中から、自分のセンスで穴埋め部分に見合った単語が書かれているカードを選び、その場に裏向けの状態でカードを出します。

回答用の単語カードは全部で392枚あるので、12枚ずつ配った後は場のどこかに積み重ねて置いておくのですが、子プレイヤーが選んだ単語カードを裏向けで場に出した時に、そこからダミーとして裏向けの状態で1枚、2枚などプレイヤー数によって加えます。

このダミーカードはプレイヤーの人数が少ないと増やす事になるので、少人数でも大人数でも問題なく楽しめるようになっています。

子プレイヤーのカードとダミーカードを裏向けで場に出したら、親は選んだお題カードの穴埋め部分に単語を当てはめて一つずつ読み上げていきます。

そして、親プレーヤーは自分が最も気に入った回答を一つ選び、その単語カードを選んだ子プレイヤーが1点ゲット、ただ、選ばれなかった子プレイヤーは点をゲットできない代わりに単語カードを1枚補充する事ができます。

また、選ばれたプレイヤーは単語カードを補充できず、親はダミーを選ぶとマイナス1点というルールで進行します。

そして、親を順番に交代し、前述のゲームの流れを繰り返し、既定の得点を誰かが獲得した時点で終了です。

私の世界の見方を楽しむポイント

30分程度の短いプレイ時間の中でも、公募で選ばれたセンス溢れるお題カードと、回答用の単語カードの秘めた言葉の組み合わせの無限の可能性を、プレイヤー同士で確認し合い発見していく楽しさと言えます。

特に子プレイヤーが選んだ単語カードを穴埋め部分に当てはめて、親プレイヤーが読み上げていく時の絶妙な空気間や間は何とも言えない部分があり、こういったポイントがこのボードゲームの醍醐味と言えますし、カード運によって局面が変わって色々なドラマを生み出すのも一つの醍醐味です。

ただ、様々な単語の組み合わせで生まれるシュールな笑いや下ネタ、ブラックジョークなどの笑いは、まだボキャブラリーの少ない小さい子供には理解しにくい部分があるため、対象年齢は10歳以上となっているので、小学生高学年ぐらいからなら参加しても楽しめるかもしれません。

自分が面白いと考える言葉の組み合わせというよりは、親プレイヤーを担当している人の感性に響くものであるかを考える事が重要になってくるゲームであるので、互いの性格を知っていれば、より駆け引きそのものが楽しくなってくるはずです。

また、互いの事をあまり知らない状態でゲームを始める場合は、「この人はシュールなお笑い系なのか」「この人すごい下ネタ好きだな」など、互いに性格を確認し合う事ができるボードゲームでもありますし、合コンなどに私の世界の見方を持ち込めば盛り上がる事間違いないかもしれません。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-ゲーム, ホビー
-

関連記事

2人用ボードゲーム「ロストシティ」のルールや楽しみ方

スポンサーリンク ロストシティはどんなゲーム? ロストシティ(Lost Cities)は遺跡探検をテーマにした2人用の対戦ゲームです。 世界中で愛されているドイツ発祥のゲームで、2008年にドイツ年間 …

今プレイしても楽しめる!スーパーファミコンのゲームソフト

スーパーファミコンをゲームの全盛期ととらえる人も少なくありません。 それだけ多くのゲームソフトが登場して、幅広い人の指示を受けていたのです。 近年では、最新の据え置き機やスマートフォンでも、スーパーフ …

コトブキヤのフィギュアはココがスゴイ!

コトブキヤは1953年に玩具店として設立され、1995年には人気アニメのキャラクターをフィギュア化、その後のフィギュアブームの火付け役となった老舗メーカーです。

プラモデルやフィギュアの塗装に!タミヤカラー エナメル塗料の特徴と使い方

タミヤカラー エナメル塗料は、プラモデルメーカーの1つである田宮模型から発売されている塗料です。

steamでおすすめのRPGゲーム3選

コンテンツを、ネット経由で購入することが一般的になった昨今、デジタルゲーム愛好家もその恩恵を大きく受ける一人です。 代表的なプラットフォーム、steam(スチーム)は、ネット環境とパソコンがあればどこ …

楽天モーションウィジェット