採りやすい山菜「三つ葉」の美味しい調理法

三つ葉は、採りやすい山菜としては代表的なもので、調理法の種類も極めて豊富です。鮮烈な芳香がありながらも、山菜特有の苦味は少ないため、最初にアク抜きする必要はありません。

野菜と同様に使えるため、他の素材と合わせたときにも相性が抜群です。

スポンサーリンク

付け合せとして少量だけ使う調理法

香り高い風味と、鮮やかな色彩を活かして、三つ葉を付け合わせとして利用することも、受け継がれてきました。この方法では和風のハーブのような役割で使うことが多く、他の素材の風味を際立たせる工夫も見られます。

椀物の料理に対しては、香り高い風味を活かして、薬味として使われることが一般的です。鱧に対しては、葛粉をかけてから茹でて、お椀に盛り付けてからダシ汁と三つ葉を添えて完成させます。

あるいは、海老団子の椀物に対して添える場合でも、鮮烈な風味が際立ちます。茶碗蒸しにも欠かせない素材で、最初の段階で加えてから蒸し上げることで、フタを開いたときには素晴らしい芳香を楽しむことが可能です。

和風の蒸し料理で使う場合には、葛餡と合わせてから魚や肉などの素材と合わせることもできます。

中華料理の例では、香菜の代用として使っても個性が際立ちます。最初に、白身魚に生姜とネギを合わせて、蒸籠で蒸し上げておきましょう。その次には三つ葉を添えて、その上から熱い油をかけて仕上げます。

こうすると、香ばしい風味が全体的に広がり、魚の風味も良くなる仕組みです。

卵と一緒にする調理法

三つ葉は、卵との相性も素晴らしいため、日本においても数々の料理で使われてきました。卵入りのカツ丼や親子丼との組み合わせは定番ですが、中華や洋風にしても同様に楽しむことができます。

忙しい朝には、短時間で作れる玉子焼きに加える調理法を使うと便利です。

三つ葉を細かくしてから、溶き卵に加えておきます。味付けは塩を中心にして、ダシ汁を大さじ2杯ほど加えておきましょう。

十分に熱した鍋の中で焼いてから、皿に盛り付ければ完成しますが、香りを残すために火の通しすぎには注意します。親子丼に入っている三つ葉が特に好きな場合には、量が少なすぎて物足りなくなることがあります。

このような悩みを解決するために、大量の三つ葉を加えてアレンジしてみてはいかがでしょうか。

鶏肉入りの玉子焼きに対して加える場合でも、鮮烈な風味が活かされ、食欲をそそる味になります。 オムライスに対して使うと、普段とは違った風味を存分に楽しめます。

中身になるチキンライスに三つ葉を多めに加えて、最後にオムレツと合わせるだけで完成しますが、和洋の素材が調和して極めて美味です。

油との相性が良い特性を活かす

三つ葉も他の山菜と同じように、油との相性が素晴らしい素材です。アクが強くないため、タケノコの天ぷらのように下茹でする必要がなく、短時間で調理できるのも魅力ではないでしょうか。

油料理の中では、天ぷらは素材の持ち味を最大限に活かすために、最高の調理法です。5センチほどの大きさに切り揃えてから、170度ほどの油で揚げれば完成します。

そのままでも十分に美味しいですが、貝柱やイカなどの素材と合わせて、三つ葉のかき揚げを作ることも昔から行われてきました。少し多めの油で炒めてから、甘辛い味噌で味付けすると、常備菜としても最適な料理になります。

フキ味噌の調理法をアレンジしたものですが、こちらのほうは苦味は弱いですから、山菜の特有な風味が苦手な人にも最適です。三つ葉入りの油味噌は、焼きおにぎりやチャーハンに加えて使うこともおすすめです。

豚肉のはさみ揚げを作るときには、三つ葉を中心部に加えるだけで、おかずのメイン料理になります。この調理法では、一緒に梅肉を入れておくと、さっぱりとした風味も同時に楽しめます。

漬物やサラダとして使う調理法

他の山菜と同様で、塩漬けにして保存することもできる素材です。糠床を持っている人は、三つ葉を糠漬けにして楽しんでみてください。

糠床の中に入れておけば、乳酸発酵の影響で醸された風味が生まれ、香の物として最適な一品が出来上がります。キムチにする場合には、最初には下漬けをしてから余計な水分を取り除いておきましょう。

本格的な方法では、唐辛子粉や発酵調味料を用いますが、キムチの素で仕上げると簡単です。本漬けをしてからは、数日間は経過すれば食べ頃になります。

古漬けになってしまったものは、油で炒めて食べても美味です。サラダにする調理法では、食感だけは水菜と似ていますが、三つ葉を使えば鮮烈な芳香が素晴らしくなります。

油との相性が良好ですから、ドレッシングには植物油やチーズが入ったものを選びましょう。タコやイカなどの魚介類と合わせて、チーズ入りのドレッシングで和えると、前菜としても最高の一品が完成します。

三つ葉を和風サラダで使うときには、醤油味をベースにして、ゴマ油を使ってコクを出してみましょう。味噌に対してクルミとゴマ油を加える調理法にすると、豊かなコクもある三つ葉サラダになります。

最後に

三つ葉を付け合せとして使う場合には、少量であっても芳香が際立ちます。卵料理や油料理と合わせると、コクが豊かでありながらも軽快な風味になるのが魅力です。

漬物にすれば醸された風味が楽しめますが、サラダにすると山菜特有の芳香や歯ごたえも活かせます。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-フード
-,

関連記事

炊飯器でできる肉料理の時短レシピ

炊飯器を使用して時短で作れる肉料理のレシピを紹介します。

【グレープフルーツ】は脂肪燃焼を促進する力がある!

黄色い色の果実といえば、レモン以外にはグレープフルーツを想像する人も多いかもしれません。 果肉が黄色いルビーと、赤みがかったルビーがあり、一年を通してスーパーに置いてある定番の果物になっています。この …

お味噌汁を毎日飲むとこんな健康効果が!【糖尿病の改善】

お味噌汁を飲むと、糖尿病の改善につながるのは、味噌や具材に含まれている栄養分が複雑に作用して、血糖値を低下させてくれるためです。 さらに、低脂肪で高タンパクな栄養状態になっていることで、ダイエットの健 …

身体を温める野菜【にんにくの芽】

スポンサーリンク 食事にニンニクの芽を取り入れよう 積極的に食事には身体を温める野菜をプラスしたいですし、そのひとつとしてニンニクの芽もあります。 グリーンのカラーが美しい見た目で、スッキリと細長いス …

炊飯器で作れる時短レシピ「大学芋」

大学芋は、サツマイモを油で揚げ、煮詰めた蜜をからめるといった、料理初心者にはなかなかハードルの高い料理です。 サツマイモに上手く火が通らなかったり、蜜を焦がしてしまったりと、失敗も多々あります。しかし …

楽天モーションウィジェット