採りやすい山菜「ウド」の美味しい調理法

山ウドは、国内で簡単に採れる山菜です。通常、2mから3mに育ちますが、おいしい旬の時期は3月から5月です。

採取した地域によっては、初夏になっても食べごろのこともあります。採取する時は、穂先にハリがあり茎が太くて短いものを選ぶと良いです。

また、茎などに繊毛がしっかり付いているものが、おすすめです。

スポンサーリンク

アク抜きをすれば生で食べることが可能

ウドは、様々な調理法が楽しめる山菜ですが、風味と歯触りを味わうためには、下処理やアク抜きが必要です。下処理をすれば、ほぼ全ての部分を生や天ぷらなどでおいしく食べられます。

まず新鮮な山菜のウドには、茎に繊毛が生えているので、これらを包丁の背を使ってこそげ落とします。次に皮を剥きますが、なるべく厚く剥いておけば、皮できんぴらが作れます。

また皮も茎も一緒に、10分から15分程度、酢水にさらします。このアク抜きを省略すると、茶色くなってしまうので注意が必要です。酢から取り出し、お湯で茹でるとさらにしっかりアク抜きができます。

ただし茹で過ぎると、歯ごたえがなくなってしまいます。これらの下準備ができたら、生で食べることができます。

調理法としては、スライスしてから酢味噌やポン酢であえてサラダにします。貝のむき身やタケノコ、その他の山菜と一緒にしても上品な味を楽しめます。ホタルイカを混ぜて、からし酢味噌で食べるという方法もあります。

和風サラダとしては、かつお節を添えて和風ドレッシングで食べてもおいしいです。

味噌を使った浅漬けなら2時間程度で食べられる

ウドを中華風の酢の物にすると、少し変わった味が楽しめます。例えば適量のクラゲと混ぜて、ゴマ油や酢、みりん、塩などで作った合わせ酢を上からかけます。

急ぐ場合は、 中華ドレッシングでも構いません。さらに、ウドの味噌漬けもおすすめの調理法です。ウドの風味が際立つので、お酒のおつまみにもなります。

この場合、味噌がアク抜きの作用をしてくれますが、念のため酢水にさらしてから、味噌を混ぜると良いです。浅漬けなので、約2、3時間で食べることができますが、1日経つと、さらに旨みがでます。

簡単にウドの浅漬けを作りたい場合は、小さなポリ袋に味噌やウドを入れて、軽く揉むだけで完了です。味噌に醤油を適量混ぜても、おいしくなります。

この時、ウドは拍子木に切っておくと、味の浸み込み具合も良くなります。急ぐ場合は、ポリ袋の上からしっかり揉めば、時間を短縮できます。柚子の皮を少量入れても、風味がでます。

辛いものが好きな人は、唐辛子を混ぜると良いでしょう。冷蔵庫で保存が利くため、多めに作っておいても大丈夫です。

すまし汁や煮もの、炒め物でもおいしい

加熱調理すると独特の香りが薄くなるので、山菜が苦手な人でも食べられるようになります。煮物でもおいしく食べられるので、おすすめです。まず、アサリやハマグリと一緒にすまし汁にすると、季節感のある一品になります。

煮物なら、醤油味や味噌味が良いですが、薄味で煮るのがコツです。軟らかい食感が好きな人は、煮込んでもおいしいです。生の時のシャキシャキした食感と、違う味わいを楽しめます。

また、中華料理風の炒め物にも合います。貝やエビと一緒に炒めると、風味が出るのでおすすめです。この場合は、酒、しょうが、塩などで味付けをすると良いです。

その他、ウドと卵の中華風スープも人気のメニューです。さらにウドは、捨てるところがないのが特徴です。穂先や葉も、食べることができます。

穂先や茎の部分は、さっと炒めてもおいしく食べられます。皮と茎の部分は、醤油とごま油でキンピラ風の炒め物にしても良いでしょう。

炊き込みご飯に入れるという、調理法もあります。ただし、炊き込みの材料にする時は、しっかりアク抜きをしていることが必要です。

天ぷらやかき揚げは人気の調理法

ウドの穂先の天ぷらは、多くの人に好評の食べ方です。特に穂先の部分は、アク抜きをしないで調理できるのが特徴です。水気を取ったら衣を軽くつけて、約170℃程度の油で揚げます。

一度にたくさんの材料を入れると、油の温度が下がってしまうので、注意が必要です。葉や皮の部分のかき揚げも、評判の良いメニューです。初めに、ウドの葉や皮を短冊に切ります。

人参も同様にして、次に皮を剥いたイカを、2㎝程度の大きさに切ります。そして小麦粉と天ぷらの衣を付けてから、油で揚げます。揚げた後は、油をよく切ってから食べると良いです。

ウドのみの天ぷらも、評判の良い食べ方です。また、ウドにニンジンや糸こんにゃくを混ぜて炒め物にしても、ご飯に合います。その他、柚子味噌などと同様に、ウド味噌にすることもできます。

通常、茎の部分で作りますが、穂先や葉でも香りの良い味噌ができます。このウド味噌は、おにぎりに入れてもおいしいです。

また、しっかり熱湯滅菌したビンに入れておけば、長期保存も可能なので、保存食としても利用できます。

最後に

ウドは手軽に採れる山菜で、生でサラダとして食べる他に、すまし汁や煮もの、炒め物など様々な調理法で楽しめます。

特に、穂先や葉の天ぷらは味わい深い一品です。

またウドは、ほとんど全ての部分を食べられるのが特徴です。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-フード
-,

関連記事

丸めない時短レシピ:ハンバーグ

ハンバーグといえば、てのひらを使って空気を抜きながら丸める作り方が一般的です。 しかし時短レシピでは、一番の手間となるこの作業を省いてしまうことが重要なポイントになります。 手をつかって丸めることによ …

お味噌汁を毎日飲むとこんな健康効果が!【心臓疾患の発症の低下】

味噌は、1300年もの間、日本人の食生活を支えてきました。

カレーが一段と美味しくなる隠し味:インスタントコーヒー

カレーをさらにおいしくさせる隠し味として、コーヒーがあります。 加える際のポイントや注意点などを紹介します。

忙しい朝でもお味噌汁があれば大丈夫!お味噌汁のすごい栄養成分!「食物繊維」

お味噌汁の具材として根菜を選ぶ場合には、整腸に必要な食物繊維の摂取量は大幅に増えることになるため、便秘で困っている人にもおすすめできる組み合わせです。

愛媛県に行くなら絶対食べたい!ご当地グルメ5選

愛媛県には、日本を代表する温泉地の一つである道後温泉や、歴史を感じさせるお城の松山城などの、有名な観光スポットがあり、他の都道府県からの観光客が大勢訪れています。 そんな愛媛県に行くなら、絶対に食べた …

楽天モーションウィジェット