女性に役立つ資格:調剤薬局事務

調剤薬局事務の仕事は調剤薬局での事務作業、とくにレセプトといわれる薬剤費などを保険請求する際に必要な書類のチェックをはじめ、お薬の仕入れなどの管理等、調剤薬局全般を行う仕事です。

正確に言うと”調剤薬局事務”という資格としてはないのですが、この呼称は調剤薬局に関する資格を総称してこのように呼んでいます。

スポンサーリンク

調剤薬局事務の資格について

具体的かつ正確な資格としては「調剤事務管理士」「調剤報酬請求事務専門士」「調剤事務実務士」「調剤薬局事務士」などがあります。

これらのうちどれかを取得すれば調剤薬局事務と考えてよいでしょう。

これらの資格は調剤薬局で受付・会計やレセプト業務の事務的スキルを証明するもので、特に処方箋の内容から保険請求できる調剤報酬を計算する仕事は調剤薬局でも最も根幹となる業務です。

このお薬を出したらこの加算が請求できるなどの知識が必要で、これをしっかりと把握し請求できるかどうかで、その調剤薬局全体の収入自体も大きく変わることがあります。

同じようなものに医療事務のお仕事がありますが、医療事務は入院・手術などの医療全般について覚えるべきことも非常に多くあります。

その一方、調剤薬局事務は薬剤関係のことだけになりますので、比較的取得しやすい資格といわれています。

調剤薬局事務の資格を取得するメリット

特に子育て中やフルタイムでは働けないような女性には非常に有効な資格です。

女性にとって便利な点として、アルバイトやパートなど時間制で雇用される形態が多いということです。

つまり残業などが特別な状況でもない限りほとんどないため、働ける時間が決まっている主婦などにはありがたいでしょう。

さらに、どこに行っても働けるのも魅力です。

家族の都合、配偶者の転勤など様々な理由で転居を余儀なくされることもあります。

調剤薬局は病院の近隣などに多く立地していて、薬局の数も多くあります。

最近は大手薬局チェーンも郊外などに出店しており、求人が全国津々浦々にあります。

ですから、突然の生活の変化でも再就職はしやすいです。

また、雇用に年齢制限があるわけではありません。

長期的に続けやすい仕事ですし、働き続けて経験を積むことで幅広い知識も得られます。

さらに日本の医療制度も細かな部分で毎年のように変わってきています。

このような変化にも対応できれば、給料の面や待遇なども上がっていくことが期待できます。

このように調剤薬局事務の仕事は続けやすくて時間が有効に使えるという点において、すべての年齢層の女性に向いているお仕事と考えてよいでしょう。

高齢化社会で医療費が増加する中、お薬だけは減るようなことは考えられませんので、ニーズも安定しているといえます。

調剤薬局事務の資格を取得するには

先述のとおり、調剤薬局事務にはいくつかの資格があり、それぞれ資格によって管理する団体が異なる民間資格で、年に何回も試験が受けられます。

また、自宅で受けられるものもありますのでその点でも非常に取得しやすいです。

では、どのようにしたら調剤薬局事務の資格が取れるのでしょうか。

大きく分けると「独学する」「学校に通う」「通信講座を受講する」ぐらいでしょう。

受験する人それぞれの状況によってですが、比較的勉強する範囲が広くはないので、独学でも可能です。

ただ、医療とは全く関係ないようなお仕事についていて、医療は全くの素人ですという方や、家族や知り合いに医療関係者がいないような方だと、わからない事が出てきたりするとすぐに解決しにくいです。

そのような場合には比較的費用の安く抑えられる通信講座などは調剤薬局事務を取得するにはぴったりかもしれません。

通学の場合でも、講座によりますが、数日だけ通学して、試験はテキストを見ながら受験でき、90%以上が合格というような場合もありますので、資格取得の際には十分調べると、より資格取得しやすくなります。

どの調剤薬局事務の資格がいいの?

どの資格を取ればいいのかと迷われる方もいるかもしれません。

実はこれらの資格は勉強する範囲がほぼ同じです。

ですから、この資格の勉強をしていたら他の資格は取れないというようなことはありません。

1年を通して可能ですので、自分がいつ頃受験するかで資格を選ぶこともできます。

受験する資格を選んだあとで、その資格に重点を置いて対策を行い、勉強を進めることも十分可能です。

調剤薬局事務の収入は?

お仕事をするときには、やはりお給料は気になります。

調剤薬局事務はどれくらいのお給料がもらえるのでしょうか。

もちろん雇用形態によりますが、正社員となると若い人で年収200万から大企業の部長級で400万円前後ぐらいが相場のようです。

さらに派遣となると時給換算で1500円程度、パートやアルバイトでは1000円前後ぐらいです。

また、薬局の立地や大手か中小かなどでも異なります。

総合病院などの大きな病院の中や門前薬局のほうが患者さんが多く、かつ確実に確保できるため、お給料も高めになる傾向はあるようです。

調剤薬局事務の仕事はやはりその特性上、女性が多いことから、家計のためよりは働く喜びを実感する、あるいは家計の足しにするような働き方をされる方も多いので、給料だけでなく、職場環境や人間関係などで選んでいる方も少なくないようです。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-仕事・資格, 民間資格
-,

関連記事

当たり前をきちんと知る!日本語の資格「日本語検定」

仕事を引退すると、第二の人生を歩んでいかなくてはなりません。その時に、どんな人生を歩んでいくかを自問自答してみるといいでしょう。 ただ、毎日をなんとなく過ごすのがいいのか、それとも何か目標を持って過ご …

仕事の本質を知るなら経営から!ビジネス・経営の資格「中小企業診断士」

日本の社会の特徴として、中小企業が数多く存在することが挙げられます。テレビや新聞などのメディアでは、認知度の高い企業ばかり見聞きしますが、日本の企業のおよそ99%は中小企業で成り立っているのが現状です …

遺品整理士の資格と仕事内容は?

資格といっても千差万別ですが、比較的簡単に取得でき、仕事に役立てることができるものに遺品整理士があります。

公務員になるための試験:労働基準監督官

労働基準監督官になるための試験や仕事内容について紹介します。

環境問題について学ぶ!eco検定とは?

現代は環境やエコといった言葉が会話の中でもよく使われるようになり、人々の地球環境への関心は高まっています。 そのような中で注目されていてる資格がeco検定なのです。

楽天モーションウィジェット