女性に役立つ資格:フードコーディネーター

近年では、女性に人気の資格の一つに「フードコーディネーター」があります。

年齢制限などはなく、いつでもチャレンジできる資格の一つです。

スポンサーリンク

フードコーディネーターの資格について

女性に人気の資格の一つであるフードコーディネーターですが、フードコーディネーターになるためにはどうすればよいのでしょうか。

フードコーディネーターだからと言って必ずしも資格が必要なわけではありません。

フードコーディネーターの資格としては、日本フードコーディネーター協会が主催している「フードコーディネーター資格認定試験」というものがあります。

これは国家資格ではありませんが、日本初の唯一のフードコーディネーターの資格として認知度が高まってきています。

その中でも最も上位となる1級を獲得すると、食の業界ではプロとして活躍できるということになります。

この資格は専門学校などの学校に通いながら取得することもできれば、通信講座を利用して独学で勉強をすることもできます。

そして年齢制限も設けていないため、女性が出産後に取得することもできれば、子どもが独立した後に取得することも可能です。

どのタイミングでフードコーディネーターになることを目指しても問題はありませんが、前もって資格を取得しておけば、自らの知識が高まるとともに、独立した時にも顧客からの信頼が高まり、活動の幅を広げることにつながります。

フードコーディネーターの仕事について

フードコーディネーターは、食に関するビジネスの中で、特定の分野に精通しながらも商品の企画や販売の促進、宣伝などを複合的にプロデュースする職業のことを指します。

テレビに映る料理や雑誌に載る料理を考え、見栄えがするように調理や盛り付けを行ったり、料理をおいしそうに見せるための食器や小物の演出までを行います。

なかには料理教室を運営する人もいて、仕事の幅はとても広いものであるといえます。

企業に勤める人も大勢いますが、フリーランスとして得意分野を生かしながら働く人も大勢います。

それではフードコーディネーターの仕事内容としては、具体的にどのようなことが挙げられるのでしょうか。

メディアでの仕事

まず最初に、テレビや雑誌などのメディアでの仕事が挙げられます。

テレビで放送している料理番組では、芸能人に作り方を教えている人が出演していることがありますよね。

この人たちはフードコーディネーターであることがほとんどです。

雑誌の場合には、料理コーナーに掲載するレシピを考える仕事をしている人もいます。

その企業に勤めている人もいれば、出版社からの仕事の依頼を受けて、そのコンセプトに合ったレシピを提案したり、当日の調理やコーディネートに携わる場合もあります。

企画や料理の盛り付けなど、裏方でのみ仕事をする人もいますが、自らがメディアに直接出演して、食の楽しさや楽しみ方を伝えることもできます。

食品関係の会社での仕事

次に食品メーカーや飲食店などの商品企画やメニュー開発を行う仕事です。

食品メーカーが商品開発を行う場合には、何もない状態から開発をすることはできません。

商品開発を行う前に、事前に世の中ではどのようなものが必要とされているのか、どのようなものがよく売れているのかといった市場調査から始まり、営業の企画や販売促進のための企画、宣伝方法なども、様々な業務が発生するのです。

これらの業務には食に関する幅広い知識を備えているフードコーディネーターが携わり、ビジネスを成功させるための方法を提案していきます。

食品メーカーだけでなく、レストランなどの飲食店でも、多くのフードコーディネーターは活躍の場を与えられています。

このようなメニューを作りたいといったようなニーズにこたえる仕事や、店舗のマネジメント業務にかかわる仕事を行っている人もいます。

その他にも

フードコーディネーターとしての実績を積むことで、企業のアドバイザーとしての仕事を持つこともできます。

全国各地を回って、食に関する講演会を行っている人も大勢います。

また、フードコーディネーターの中でも、料理を作るのが好きという人は、料理教室の講師を行う人も増えてきています。

定番となる料理を基礎から教えたり、シーンに合わせたテーブルコーディネート方法、調理用具の上手な使い方など、工夫を凝らした個性的な料理教室を開いている人もいます。

ですので、フードコーディネーターとしての仕事は、食に関係するものであれば、どのような場所でも活躍できるといえます。

自分のオリジナリティが必要

様々な活躍の場がある代わりに、それらのニーズに応えることができなければ、求められない仕事です。

どんなフードコーディネーターにでもできるような仕事しかできない場合は難しいでしょう。

ほかのフードコーディネーターとは異なる、自分ならではの方法を提供したり、様々なニーズにも応えられる知識や技術が必要となります。

最後に

近年活躍の幅が広がっているフードコーディネーターの仕事ですが、その存在には様々な業界から非常に注目が集まっています。

レシピ作りをするにしてもフードコーディネーターは必要となります。

また、人々のライフスタイルが多様化する中で、状況に応じて様々な提案をすることができる応用力が求められるなど、その活躍が期待されています。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-仕事・資格, 民間資格
-,

関連記事

ニッチな外国語の資格:実用タイ語検定試験

近年では義務教育に加えて、大学での授業や社会人になっても語学を学ぶことに力を注いでいる人が増えてきています。

証券事務の仕事に就きたい人におすすめの資格

証券事務は、金融分野の事務ということもあり、人気のある職種の1つです。 証券事務として働く前に、取得していることで有利な立場になります。 また、働きながら取得することで、スキルアップになる資格もたくさ …

当たり前をきちんと知る!日本語の資格「日本語教育能力検定試験」

日本語教育能力検定試験とは、日本語教員となるために学習している人や、日本の言語を教える教員として教育に携わっている人を対象に、その教育の実践に必要とされる基礎的な知識や能力が水準に達しているかどうか、 …

医療系の資格:歯科医師になるには

歯科医師とは、虫歯や歯周病などの症状で歯科に訪れた患者さんの治療をおこなう医師のことを言います。 また、歯ならびを整えて歯の矯正を行ったり、歯のクリーニングやホワイトニングをおこなう歯科医師もいます。

美容やファッションに関わる資格:クリーニング師試験

数多くの資格がある中で、もっと手に職をつけたいと思う時には、クリーニング師試験を受けるのもお勧めです。

楽天モーションウィジェット