女性に役立つ資格:リテールマーケティング(販売士)検定


現在の流通業界を取り巻く環境は、少子高齢化やライフスタイルの変化をはじめ、情報技術の急速な進展、流通外貨の相次ぐ参入などで、急激かつ大きく変化しています。

このような状況のもとで必要とされているのが”販売のプロ”と言われる「販売士」なのです。

スポンサーリンク

リテールマーケティング(販売士)検定について

販売士検定資格は、高度化・多様化した顧客のニーズを的確にとらえ、豊富な商品知識や顧客に配慮した接客技術を武器にして、ニーズに合った商品を提供するとともに商品の開発や仕入れ、物流などを効果的かつ効率的に行うことのできる「販売のプロ」が持つことのできる資格です。

合格者には「販売士」という資格を付与され、流通・小売業界で必要な定番資格として社会的にも高い信頼と評価を受けています。

販売士検定は経済産業省の中小企業庁から後援を得て実施されています。

商品知識や販売技術、仕入れや在庫管理、マーケティングに至るまで、様々な高度で専門的な知識を持つ人材育成を目指す内容となっています。

販売士検定の級について

販売士検定は1級から3級までの3つに分かれており、どの級からでも自由に受験できます。

3級は販売員レベルで、販売員に最も必要な接客マナーや販売技術といった接客業務に関する知識が主となっています。

2級は売り場管理者レベルで、従業員育成や指導、仕入れや在庫管理についてが主な内容となっています。

1級は経営者レベルで、商品計画や商品予算の策定、マーケティング政策の立案や人事、労務、財務管理といった知識が主な内容となっています。

なお、販売士資格は5年ごとに更新が必要で、新しい商品が出るたびにそれに合わせて日々、勉強が必要となってきます。

この制度もあることから、講演会の受講等によって、知識のブラッシュアップを図ることが出来ますので、キャリアアップにも転職にも効果的です。

販売士を取得するメリット

販売士を取得しなくても販売業務に何ら支障はありません。

しかし、資格を取得しておくことで資格手当が支給されたり、就職や転職に有利になる場合もあります。

また、昇進にも有利になることもあります。

ただし、転職の場合は実務経験が優遇されるので、過度の期待は禁物となります。

販売士検定の受験者は、小売業従事者だけでなく、製造業や卸売業、サービス業、さらには流通業界へ就職を考えている学生、一度仕事を辞めて家庭に入り子育てを一段落させた女性などが挙げられます。

これまでに多くの人が合格し、販売士として流通業界の各分野で活躍しています。

販売士検定は特別な条件なしで誰でも販売業に活かせます。

商品の陳列やレイアウトの配置など、実践ですぐ活用できる生きた知識が学べることもあり、特に女性に人気です。

販売士検定の試験について

試験方法はどの級にも筆記試験があり、1級のみ面接試験があります。

また、1級には科目合格制度があり、免除される場合もあります。

試験は全国各地で受験することができ、年3回実施されます。

申込期間や合格発表は受験地により異なるため、事前に確認することが必要です。

合格基準の目安としては、筆記試験の得点率が70%以上と、科目ごとの得点率が50%以上となっています。

2016年の試験での合格率は、3級69.4%、2級51.7%、1級19.2%となっています。

販売士検定の勉強としては、認知度の高く需要のある資格なので、各社から豊富に様々なテキストや問題集が出版されています。

どれが自分に適しているかは実際に手に取るか、やってみないと分からないのでじっくりと吟味する必要があります。

本屋にもあふれていますが、その前にネットでレビューを見て考えるというのも大変効果的です。

子育て中の女性が子どもが寝ているときや家事の合間、学校や幼稚園に行っている間などの隙間時間に勉強でき、就職に有利で収入も安定していることから人気です。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-仕事・資格, 公的資格
-

関連記事

雇用形態いろいろ。派遣社員として働くメリット・デメリット

雇用形態として、一番多いのは正社員です。次に多いのが、パート・アルバイトとなります。 近年では、契約社員や派遣社員として働く人の、割合が増えています。 ここでは、派遣社員として働くことのメリットと、デ …

美容やファッションに関わる資格:色彩検定

色彩検定とは、そのものずばり、色に関する知識を問う資格試験です。 とても人気のある資格の1つで、正式には「ファッションコーディネート色彩能力検定」と言います。

車関係の仕事をしたい人にピッタリの資格:自動車検査員

日本では道路運送車両法と呼ばれる法律によって、保安基準をクリアしていない自動車は公道上を走行することができないルールになっています。 この基準の適合性をひとつひとつ確認しているのは自動車検査員と呼ばれ …

将来的に独立ができる国家資格「宅地建物取引士」

宅地建物取引士は、不動産取引業務における専門家であり、不動産業務を行う事業所においては、5人に1人以上の割合で、この資格者を置くことが宅地建物取引業法において義務付けられています。

将来的に独立ができる国家資格:公認会計士

一時期は就職氷河期と呼ばれるほど公認会計士の就職状況が悪かったのですが、業務の幅の拡大や財務会計など専門知識の重要性などから、現在では人手不足に変わって売り手市場になっています。 そのため、公認会計士 …

楽天モーションウィジェット